情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.06.13 20:00|カテゴリ:政治経済コメント(11)

【加計学園問題】内閣府と今治市の協議、少なくとも13回!公式な会議とは別に設定!


s_ice_screenshot_20170613-135351.jpeg
*内閣府


愛媛県今治市の加計学園問題で、今治市と内閣府が非公式の会議で少なくとも13回ほど協議をしていたことが分かりました。

報道記事によると、今治市が開示した職員の出張記録などから計13回の協議が判明し、その中には内閣府の現地視察も含まれていたとのことです。

同じ様に獣医学部新設を要望していた京都府は「4回」と発表していることから、今治市だけが優遇されていたことがわかると言えるでしょう。加計ありきの証拠の1つだと見られ、これで疑いは深まったところです。


内閣府、今治市と協議13回
http://jp.reuters.com/article/idJP2017061201002045

 政府の国家戦略特区を活用した獣医学部の新設方針が決まった昨年11月までに、内閣府が学校法人「加計学園」(岡山市)の新設予定地・愛媛県今治市と、公式な会議とは別に少なくとも13回、特区に関して協議していたことが12日、今治市が開示した職員の出張記録などから分かった。内閣府の現地視察もあった。











関連記事


ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
こちらでも日本壊疑人脈を活かしたか、アベ友に対しての、ず~ぶずぶの便宜供与のようですな…
(「びんせん供与」ではありませんよ!)
[ 2017/06/13 20:14 ] [ 編集 ]
これまでの経緯を見てると公募とは名ばかりと思わざるを得ません。
[ 2017/06/13 20:16 ] [ 編集 ]
13回も会ってるのに記憶も記録もないとほざく官僚と閣僚
[ 2017/06/13 20:32 ] [ 編集 ]
文科省通り越して、

直接官邸が働きかけww

証人喚問だ!
[ 2017/06/13 20:34 ] [ 編集 ]
公募期間が8日間だけー加計どんたけー!特別扱いですね。加計孝太郎はマスコミから逃げている。
[ 2017/06/13 20:46 ] [ 編集 ]
京都産業大学で4回なのに、異常ですね。
[ 2017/06/13 20:49 ] [ 編集 ]
加計孝太郎氏の顔をすっかり覚えてしまって脳裏から離れんけどね。 隠れれば隠れるほど、よけいにそうなる。 こうなったら本人に話を聞くのが手っ取りばやいね。  
[ 2017/06/13 21:48 ] [ 編集 ]
内閣府は安倍晋三の手足なのだから、内閣府が便宜に関わったと言うことは、安倍晋三が関わったと言うことである。

安倍晋三は国会議員を国民への約束通り即刻辞めるか、さもなくば、彼のお気に入りの日本の専制君主制時代のせめてもの情けとして、腹を切って潔く果てよということだ。
[ 2017/06/13 22:08 ] [ 編集 ]
加計ありきだった
会議の回数を問題化することは「アベノトッキー」の真相に繋がっていかない。
ライバルの府と大学には解らないようにして、最初から加計ありきだったことだ。
今治の土地のボーリーング調査の届け出は素早く決済された。なにもしないのに
金がかかる調査をする馬鹿もいない。ライバル大学ではしてない。
官邸と地元自治体の、工事工程、開学時期のスケジュール感は一体化されていた。
ただ、短い期間にことを進めたから、会議回数が多くなったと言えるが。。
ライバル大学には広々とした自己の牧場がありますのに、まことに残念でした。
個人的に、今日現在の情報から、以上考えられる。
[ 2017/06/13 22:24 ] [ 編集 ]
今治市に大量の資料が残っているとのこと。

しかし、1ページ丸々黒塗りの資料、吹いた。
アレで情報公開したというなら頭わいてるとしか思えない。
[ 2017/06/13 23:20 ] [ 編集 ]
マトモな国だったら既に検察が動く。
国民よマトモな国に戻しましょう。
[ 2017/06/14 19:43 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク