情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.06.21 00:32|カテゴリ:地震情報コメント(19)

【地震】九州の豊後水道でM5の地震発生!佐伯市で震度5強、熊本地震や火山活動に連動か?


s_ice_screenshot_20170621-002742.jpeg

九州の豊後水道で6月20日23時27分ごろにマグニチュード5.0の地震が発生しました。最大震度は5強で、九州地方の東部全体で震度4~3の揺れを観測しています。

この地震による大きな被害の報告は無いですが、久しぶりの大きな地震ということでネットや地元住民は騒然となっていました。熊本大地震の震源域が東部にズレ動いたと指摘する声も多く、このまま震源域が異動すると、南海トラフ巨大地震の領域に接近することになります。

西之島のような火山活動と日本の地震活動が連動していると考えられ、熊本大地震と同じ様に西之島が活発化しているタイミングでの強い地震となりました。


2017年6月20日 23時27分ごろ 豊後水道
https://www3.nhk.or.jp/sokuho/jishin/index.html

s_ice_screenshot_20170621-002654.jpeg
震源 / 深さ 豊後水道 / 40km
緯度 / 経度 北緯 32.9度 / 東経 132.1度
マグニチュード 5.0
震度 5+ 強 佐伯市
震度 4 熊本高森町 津久見市 竹田市 豊後大野市 延岡市
震度 3 伊方町 愛南町 宿毛市 阿蘇市 産山村 南阿蘇村 山都町 大分市 臼杵市 由布市 日向市 西都市 高鍋町 都農町 高千穂町



地震情報
https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/earthquake/list/

s_ice_screenshot_20170621-002815.jpeg

世界地震地図
http://ds.iris.edu/sm2/

s_ice_screenshot_20170621-002841.jpeg

高感度地震観測網
http://www.hinet.bosai.go.jp/hypomap/?ft=1&LANG=ja

s_ice_screenshot_20170621-002917.jpeg

気象庁プレート地図
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/whitep/2-1.html

worldprkkopiioooooo.png
platejpjjiauauoiauioauiouo.png



関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
不意討ち?
[ 2017/06/21 01:39 ] [ 編集 ]
中央構造線上の地域は要注意か?
ここ数日、千葉東方沖を震源とする地震が少なくなってきたので不安。
[ 2017/06/21 02:32 ] [ 編集 ]
原発止めろよ
[ 2017/06/21 04:44 ] [ 編集 ]
アベ内閣の危機管理意識から考えると,伊方も川内も停めないでしょう
[ 2017/06/21 05:10 ] [ 編集 ]
韓国の大統領は脱原発を明言したね。韓国の方が先進国じゃん
[ 2017/06/21 05:15 ] [ 編集 ]
その韓国の安全基準値は日本以下ざます
[ 2017/06/21 05:28 ] [ 編集 ]
日本国内の強い地震の場合は、岐阜県の地震が先に発生後の1か月以内です。
6月2日に岐阜県飛弾地方で地震が発生しているので、6月2日から7月2日の1か月以内に日本国内でマグニチュード5クラスの強い地震が日本国内で、起きたことになりますね。7月2日過ぎまでは日本国内全域でマグにチュード5クラスの強い地震に警戒してください。
[ 2017/06/21 05:48 ] [ 編集 ]
中央構造線付近ですよね。

伊方原発が心配です(老朽化してるし)。

反対運動が地元で起きていると思います。
中央の局も取材をし、その状況を全国に流してほしいです。

「いまできることをする。」
現在と生まれ来る未来の市民に向けた、いまのマスコミの責任だと思います。
[ 2017/06/21 08:00 ] [ 編集 ]
政権や原発電力会社やNRAの何事にも動じぬ自信はどこから来てるんだろう。
直近の事故事例があるわけだから、相応の保障責任を取る覚悟と準備は出来ているのであろうが。
因みに、津波による電源喪失は想定外の故障モードではなくなった。
[ 2017/06/21 08:52 ] [ 編集 ]
>岐阜県の地震が先に発生

すごく気持ち悪い
こんなのがあるんだよ

【東京大学宇宙線研究所付属神岡宇宙素粒子研究施設】

「岐阜県飛騨市」にある全国共同利用の研究施設。
神岡鉱山の【地下1000m】に実験施設を もち、「スーパーカミオカンデ」をはじめ…以下略

[ 2017/06/21 09:36 ] [ 編集 ]
>その韓国の安全基準値は日本以下ざます

ソースは?
日本じゃ、コアキャッチャーなし、避難経路不備でも、
政府が
「世界一安全な基準」って言って、
「耐震免震塔」すらなくても再起稼働させたんだけど。
[ 2017/06/21 09:42 ] [ 編集 ]
09:36
愚者は自分の知らないものに対して恐怖を覚えたり攻撃的になったりするというが……。無知とは恐ろしいものだな。それとも、具体的に何が『すごく気持ち悪い』のか教えてくれるか?
[ 2017/06/21 09:44 ] [ 編集 ]
再稼働は日本政府の意向ではなく、米国の意向です。
それに現政権が従っているため、再稼働の方向になっています。
(アーミテージ・ナイ報告書通りに、安倍政権は動いている。米国による「操り人形政権」とも言えます)

なので、論理的に考えると、米国に対してもう少し交渉力のある政権を国民が選んでいかないと、原発を止めることができません(基地問題も同様です)。

かつ、これはやってできないことではないです。フィリピンは粘り強く交渉して米国の基地をすべて返還させた。米国も戦略的ですし、全体を見ながら判断していくので、それなりに聞く耳はもっています。
[ 2017/06/21 10:56 ] [ 編集 ]
2017/06/21 10:56 様

「米国に対して交渉力のある政権」とはどの党になりますか?
[ 2017/06/21 11:31 ] [ 編集 ]
11:31
山本太郎さんしかいないだろ!あの人こそ総理にふさわしい!
[ 2017/06/21 11:36 ] [ 編集 ]
>「米国に対して交渉力のある政権」とはどの党になりますか?

ずばり来ました(苦笑)。ご質問ありがとうございます。
ただ、その回答は、「この党がおすすめ」という単一な回答にはなりづらいです。複合的に対応していくしかありません。

少し振り返ってみましょう。

戦後から今まで、日本政府が米国に交渉する力をもった、あるいはそれを試みたことが2回あったかなと思います。
1つは小沢さんが政権与党にいてトップ層にいた時期。
もう1つは鳩山さんが首相にいたときです。
この2人は対米従属とは異なる日本の外交を試みました。

この2つとも、官僚、検察およびマスコミの誘導で、倒されました。
つまり党だけでなく、官僚や検察やマスコミも対米従属陣営が根を張っているわけです。

これを倒すには、党だけの局所戦だけではだめで、対抗的な横断的なネットワークを作るしかない。党や政治家の枠を超えたネットワークを作るのです。政治家、弁護士などの司法の世界、マスコミ、言論人など幅広い人脈をもった政治的なネットワークです。ここに市民も入っていきます。

こうしたネットワークをまず形成し、そこから政治家を出していきます。結果的にその政治家が民進であったり、自由党であったり、共産党であったり、新人であったりする、ということになると思います。

だいぶ長い道のりのように思えますが、急がまわれでいくと、このルートが一番いいかなと思います。実際、こうした動きもないでもないです。

市民的な価値観をもつ司法の方やマスコミ関係者は決して少ないないと私が考えています。むしろ多数派だと思います。うまく連帯する仕組みが重要になると思います。
[ 2017/06/21 12:20 ] [ 編集 ]
自由民主党は日本の支配層(政治家、官僚、財閥、大手メディア、学界、米国利権屋、、、)を代表しているが、日本の一般国民を代表している政党ではないという事を理解出来ない人が多い。自分の立ち位置を良く見つめ、自分が支配層からどの程度離れているかを理解すれば、自ずと支持政党は決まる。
[ 2017/06/21 12:23 ] [ 編集 ]
>11:36

本気で思ってたら病気
[ 2017/06/21 12:36 ] [ 編集 ]
場所が場所だけに第一報を聴いた時は焦りましたがM5程度で助かりましたね。
[ 2017/06/21 13:48 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
広告
検索フォーム