情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.07.04 21:00|カテゴリ:地震前兆コメント(15)

【前兆】南海トラフの海溝で地滑り現象!数ヶ月から数年継続も?日本海溝の移動で東北圧縮も


s_ice_screenshot_20170704-051809.jpeg


南海トラフ巨大地震の前兆と思われる地滑り現象を先月に観測していたことが分かりました。観測したのは海洋研究開発機構などの国際チームで、南海トラフの海溝付近でプレート境界が徐々に動く「スロースリップ(ゆっくり滑り)」となっています。

このスロースリップ現象は東日本大震災の時も本震発生の数ヶ月前に観測されており、最近の研究調査から巨大地震前の異常現象だと判明。
小規模な地滑り現象となっていることから平時は分かり難いですが、膨大な歪が着実に蓄積されています。

また、太平洋側にある日本海溝の位置が少しずつ西へ移動して東北地方付近が圧縮されていることも分かりました。
こちらは産業技術総合研究所(茨城県つくば市)の地質学者・高橋雅紀研究主幹が発表した調査結果で、東日本大震災を含めて東日本の大地震は日本海溝移動の影響を受けている可能性があると指摘されています。

移動幅は年間1~2センチ程度で、太平洋プレートに限定すると年間約10センチ。南海トラフの動きと合わせて東北地方が歪んでいる原因となり、東日本大震災の巨大なエネルギーを誘発させた恐れがあると見られています。


南海トラフ巨大地震発生帯の海溝軸近傍で誘発・繰り返す「ゆっくり滑り」を観測
http://www.jamstec.go.jp/j/about/press_release/20170616/


s_ice_screenshot_20170704-051500.jpeg
s_ice_screenshot_20170704-051515.jpeg
s_ice_screenshot_20170704-051606.jpeg
今回観測された「ゆっくり滑り」は、8~15か月間隔で繰り返しており、時に地震によって誘発されたり、低周波微動(※3)を伴って活動したりしていることがわかりました。これらの「ゆっくり滑り」によって解放される歪(ひずみ)は、海洋プレートの沈み込みによって発生する歪の30~55%に相当することから、海溝軸近くでは、「ゆっくり滑り」によって頻繁に蓄積された歪を解放することが、海底及び海底下での高感度かつ連続的な観測データに基づいた解析によって、世界で初めて明らかにされました。



南海トラフの海溝付近で「ゆっくり滑り」 海洋機構など初観測
http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/170616/cpc1706160300001-n1.htm

南海トラフの海溝付近でプレート(岩板)境界が徐々に動く「ゆっくり滑り」を海洋研究開発機構などの国際チームが初めて観測した。想定される巨大地震の予測精度を向上させる重要な手掛かりになるという。16日付の米科学誌サイエンスに掲載される。



日本列島の地殻変動の謎を解明
http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2017/pr20170629/pr20170629.html


s_ice_screenshot_20170704-051930.jpeg
s_ice_screenshot_20170704-051945.jpeg
s_ice_screenshot_20170704-051958.jpeg
s_ice_screenshot_20170704-052009.jpeg
第四紀の東西短縮地殻変動の原因は、太平洋プレートではなくフィリピン海プレートの運動
山地の隆起や内陸地震など、現在進行中の地殻変動とプレート運動の枠組みが判明
過去だけでなく日本列島の地質学的将来像の推定が可能に

 国立研究開発法人 産業技術総合研究所【理事長 中鉢 良治】(以下「産総研」という)地質情報研究部門【研究部門長 田中 裕一郎】 高橋 雅紀 研究主幹は、アナログ模型を併用した思考実験に基づいて、第四紀の日本列島の東西短縮地殻変動の原因が、これまで考えられていた太平洋プレートの運動ではなくフィリピン海プレートの運動であることを明らかにした。山が隆起し陸地の拡大が続く日本列島の地殻変動は、本州で頻発する内陸地震の原因でもある。









関連記事


ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
自民党をこけにしたイエロー・モンキーに対するエホバの制裁だよ。

当然のこと。
[ 2017/07/04 21:38 ] [ 編集 ]
科学的証明をしようとするからややこしくなるんだよ

本当は単純なんだろ?
[ 2017/07/04 21:44 ] [ 編集 ]
日本古来の神道を汚して、自分の欲望に利用してる神社本庁や日本会議や安倍らへの
八百万の神々の怒りだろ
[ 2017/07/04 22:03 ] [ 編集 ]
学問とは。。
人間解らないことがあるからこそ調査し、学ぼうとする。 学問の一番大切なことは仮説だ。
ところが科学的証明=集積データを出せ。。こんなことだから予知も進まない。
また専門機関員思考の問題もあり、東大地震研は難しい学問をしてる=我らこそ権威なり。。だ。
記事のようないろんな学者や研究がありまして、いつかだんだんと解ってくる。
政府は地震については、たっぷりと予算を地方大学も含めだすべき。
内閣は制度改革ではなくて、津波避難棟を財政出動として建設を急ぐべきですね。
[ 2017/07/04 22:05 ] [ 編集 ]
起こるとしたらオリンピック以降でしょう。(天気予報風)
[ 2017/07/04 22:05 ] [ 編集 ]

大地震が何時起こるかの予測は難しい。

しかし四国から東海地区の全域で大きく揺れれば、被災者が3000万人を超える事は疑いようが無い。
そして一度に3000~4000万人が被災すれば、水や食料が全く足りないことも疑いようが無い。

疑いようの無い事から先ず手当するしかない。
仮に避難所に行けても、恐らくせいぜい一人1食分、1ℓの水くらいが関の山だろう。
更に困ることはトイレが使えない事と夜の真っ暗闇。

原発も震度6以上で無事な物は無かったと言われている。
[ 2017/07/04 22:20 ] [ 編集 ]
万全を期して原発爆発の体制にしてあるので、いつ地震が来ても大丈夫ですね
安倍さんw

原発事故が起これば想定外の自然災害として税金で廃炉に出来ますもんね!
[ 2017/07/04 22:33 ] [ 編集 ]
野党の国会議員の方へのお願い

原発を止めることのみが南海トラフの驚異から日本を救う対策であることを主張し、
それでも原発を推進するなら、政府の責任者(安倍スガ)と原発で利潤を上げる企業が
すべての原発被害を自費にて補償することを確約させてほしい。

少なくとも想定外では逃げられない確約をとってほしい。
[ 2017/07/04 22:53 ] [ 編集 ]
この南海トラフ圏域でのスロースリップの話、先月から話題になってましたよね。

ううむ。どうなることやら。。。
[ 2017/07/04 22:55 ] [ 編集 ]
>野党の国会議員の方へのお願い

絶対に止めません。

私たちは、あなたたち無責任な日本人のために心中するアホな政府ではありませんから。
[ 2017/07/04 23:08 ] [ 編集 ]
> 日本古来の神道を汚して、自分の欲望に利用してる神社本庁や日本会議や安倍らへの
> 八百万の神々の怒りだろ

普通に考えればそうならざるを得ない。

そうでなければ太平洋戦争中の1943年、44年、45年に超巨大地震が相次いだこととの
整合性が取れない。

神風どころか神の怒りが列島を揺らしまくっていたのだな。
大日本帝国は安倍自民みたいに隠しまくっていたけれど。
[ 2017/07/05 00:40 ] [ 編集 ]
稼働中の原発には福島と同じく爆弾が仕掛けられていますから被害規模は全国規模になるでしょう
[ 2017/07/05 06:46 ] [ 編集 ]
大雨により地盤を緩めていますからお気をつけください
[ 2017/07/05 06:50 ] [ 編集 ]
前兆現象が起きたら逃げなきゃいけないんじゃないの?
[ 2017/07/05 07:39 ] [ 編集 ]
こんなこと調査したって何の意味もない、無駄な税金使うのはやめてほしい
[ 2017/07/05 10:38 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク