情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.07.08 21:00|カテゴリ:政治経済コメント(20)

核兵器禁止条約の日本不参加、アメリカの要求だった可能性が浮上!直前にアメリカが要望書!


s_ice_screenshot_20170708-145903.jpeg

国連で決まった核兵器禁止条約について、採決の前からアメリカ政府が各国に圧力を掛けていたことが分かりました。

アメリカは核兵器禁止条約の議論が本格的に開始された2016年頃から各国に要望書を送っており、その中で「核兵器禁止条約の影響は広範に及び、永続的な安全保障関係を弱体化させかねない」とアメリカ側は言及しています。

このようなアメリカからの要望書はNATO加盟国(北大西洋条約機構)に送られたと報道されていることから、同じように同盟国の日本にも要求があった可能性が高いです。
トランプ大統領もアメリカ軍の軍備拡張を掲げているため、核兵器の具体的な法規制を目指している核兵器禁止条約は、アメリカにとって非常に邪魔だったと思われます。

日本側は「核保有国の非加盟」を理由にして核兵器禁止条約に参加しませんでしたが、核を持っていない日本としては橋渡し役で加盟するのも有りだったはずです。
日本政府の声明とアメリカの行動を総合してみると、アメリカの要望に配慮したと考えることが出来ます。


s_ice_screenshot_20170708-145505.jpeg
s_ice_screenshot_20170708-145508.jpeg
s_ice_screenshot_20170708-145513.jpeg
s_ice_screenshot_20170708-145627.jpeg
s_ice_screenshot_20170708-145657.jpeg
s_ice_screenshot_20170708-145700.jpeg
s_ice_screenshot_20170708-145713.jpeg

NATO 米国代表部から同盟国あての書簡(訳)
http://www.antiatom.org/Gpress/wp-content/uploads/2016/12/161017_


s_ice_screenshot_20170708-145221.jpeg
NATO-非機密扱い 付属文書 2 AC/333-N(2016)0029(INV)
米国非公式資料(Non-paper):
「起こりうる国連総会核兵器禁止条約の防衛への影響」

概観
(1)最近閉幕した、国連総会決議 70/33 による国連総会(UNGA)オープンエンド作業グループ(OEWG))での作業に基づき、オーストリア、ブラジル、アイルランド、メキシコ、ナイジェリア、南アフリカは、第一委員会での検討のために、法的拘束力を持つ核兵器禁止条約に関し国連総会での交渉を発議することを意図した決議案を配布した。

禁止の提唱者たちは焦点を、われわれの NPT へのコミットメントに沿った試され済みのステップバイステップ(段階的な)核軍縮アプローチから、禁止提唱者のアプローチが国際安全保障情勢を良くするのか悪くするのかを顧みることもなしに、核兵器と核抑止に悪の烙印を押すことを主要な狙いとしたアプローチへと焦点を移すことを追求している。

もし国連総会が今秋、そのような決議を採択するなら、それは 2017 年に国連総会の議事規則の下で核兵器禁止条約に関する交渉の開始へと進むことになる。

(2)核兵器禁止条約の影響は広範に及び、永続的な安全保障関係を弱体化させかねない。同盟国やパートナー国は安全保障関係全体にわたる潜在的影響の幅や、時とともにさらに厳しさを増すその潜在的な力を過小評価すべきでない。

それは、変化する安全保障慣行を考慮せず、多くの米同盟・パートナー国が依存する核抑止の概念の法的地位を奪うことを狙うものであるから、そのような条約は、第二次世界大戦の終結以来国際安全保障構造を支えてきた長期の戦略的安定を掘り崩すことになりかねない。

米国は、戦略的安定と、交渉を通じた検証による核戦力の削減を支持するものであるが、これらは両立する目的であり、最終的な核軍縮に至る唯一の道筋である。米国はすべての同盟国・パートナー国に、核兵器の条約による禁止の交渉に、たんに棄権するのでなく、反対票を投じるよう呼びかける。加えて、もし交渉が始まっても、同盟国・パートナー国はそれに参加することを見合わせるよう要請する。









関連過去記事

国連の核兵器禁止条約、成立するも日本は参加拒否!122の国と地域が賛成!国連では大歓声!
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-17554.html
関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
日本会議→ 日本核武装
統一教会→ 日本核武装
幸福実現党→ 日本核武装
日本会議の要望?
統一教会の要望?

アメリカの要望だけじゃない
[ 2017/07/08 21:21 ] [ 編集 ]
日本政府の辞書に「米国の要求を退ける」の文字はない。← ナポレオンもビックリ!
[ 2017/07/08 21:36 ] [ 編集 ]
最悪でも棄権、って思っていたけど、まだまだ私もアマちゃんですね。
でも、これもトランプ政権はオバマ政権から引き継いだものなんですね。
[ 2017/07/08 21:50 ] [ 編集 ]
まぁ植民地ですししょうがないでしょ
ニホン州にしてもらったほうが話早いんじゃない?
日本省かニホン州の二択しかない
[ 2017/07/08 22:15 ] [ 編集 ]
ワンワン、クゥ~ン
[ 2017/07/08 22:22 ] [ 編集 ]
ただのアメポチやん。
やっぱり鳥越さんが言ってたことは正しかったんだよ。

鳥越俊太郎氏が安倍首相のトランプ会談を批判!「植民地の代表が行くようなもの」⇒逆に猛批判されて大炎上!
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-14188.html
>鳥越氏の発言内容があまりにも自分勝手過ぎる目線で話していることから、この発言は放送直後にネット上で批判されて大炎上しました。鳥越氏は都知事選の時も滅茶苦茶な批判を展開して炎上しているだけに、日本の国益を損なわせるような発言に多くの方が疑問と怒りのコメントをしています。

何にも知らずに炎上させたやつらダッセー!
今の自民党がめちゃくちゃアメポチ強化しているのは事実だろ。
鳥越さんの発言でなんで国益が損なわれるんだよ。
国益を損なわせているのは安倍のアメポチのほうだろ。
[ 2017/07/08 23:10 ] [ 編集 ]
管理人さんも核の傘施策とNATO型新シェアの区別を知らないとは(;´д`)
[ 2017/07/08 23:22 ] [ 編集 ]
[ 2017/07/08 23:22 ] 名無し

ついにウリジジイは管理人にまでいちゃもんですか?
[ 2017/07/08 23:31 ] [ 編集 ]
つ・つ・ついに、総連ズブズブの共産党オカルト信者専用ブログになったのね。
[ 2017/07/08 23:40 ] [ 編集 ]
朝鮮総連は自民党とズブズブじゃなかったの?(´・Д・`)?
[ 2017/07/08 23:55 ] [ 編集 ]
広島1区のみなさん、マジですか?
ホントにコイツに投票したんですか?
[ 2017/07/09 05:16 ] [ 編集 ]
コンぎゃぐが過ぎるぜ(^ω^)歴史をみろ
[ 2017/07/09 08:16 ] [ 編集 ]
こっちのランも朝人専用化してる
[ 2017/07/09 08:20 ] [ 編集 ]
度が過ぎると単純にド間抜けの極み自慢になるのを理解できないんでしよう。 
[ 2017/07/09 08:28 ] [ 編集 ]
核兵器による抑止力の容認は、同時に北朝鮮核開発の立場をも認めることにならないか。
[ 2017/07/09 13:41 ] [ 編集 ]
>[ 2017/07/09 13:41 ] 名無し の方、

現状じゃ「朝鮮(北朝鮮)」による「(民生用?)核開発」も認められなければおかしいよな。
[ 2017/07/09 13:59 ] [ 編集 ]
だってポチだもの
あべ
[ 2017/07/09 14:24 ] [ 編集 ]
ポツダム宣言から属国!ZZ?
[ 2017/07/09 15:53 ] [ 編集 ]
おやおやデバガメチョンが〰部隊が展開してる
[ 2017/07/09 17:05 ] [ 編集 ]
しょうがないよ、逆らえばアメリカにコロコロされちゃう可能性あるからねw

そう言えば最初のアメリカ版「21ヶ条要求」の年次改革要望書も1994年末だったんだよな。

マトモに取り合わなかった日本官僚の本拠地を、翌年の3月
おっとこれ以上はやめておこう。俺も生命は惜しいからね。
[ 2017/07/10 10:07 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
広告
検索フォーム
スポンサードリンク