情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.07.11 17:00|カテゴリ:政治経済コメント(28)

遂にヒアリを内陸でも確認!ネット上では「日本のアリが防ぐ」とデマ情報も!専門家「勝てない」


s_ice_screenshot_20170711-060155.jpeg
*ヒアリ

遂にヒアリが内陸部でも確認されました。報道記事によると、7月6日に愛知県春日井市で工場の倉庫に運び込まれた荷物からヒアリが発見されたとのことです。
発見されたのは春日井市鷹来町にあるパナソニックの子会社「パナソニックエコシステムズ」の敷地内で、ヒアリが内陸部で確認されたのは初となります。

また、新潟県長岡市滝の下町でも同じようにヒアリが発見されたと報じられています。菅官房長官は国内で繁殖している可能性を否定していますが、既に物流を通して内陸部にも入り込んでいるというのは重大な問題だと言えるでしょう。

一方で、ネット上だと「在来種はヒアリと戦ってくれるので、むやみに殺虫剤をまくべきではない」などと噂が流れていますが、専門家からは「ヒアリは非常に強いため、勝負にならない。戦ってもほぼ在来種が負けてしまうだろう」と指摘されています。

在来種の保護は重要ですが、アリ同士の戦いで防ぐことはまず不可能です。何故かこの騒動で「日本の虫のほうが凄い!」というような話も飛び交っていますが、あまり意味がない与太話だと思ったほうが良いかもしれません。


愛知・春日井市で「ヒアリ」発見、内陸部で初
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170710-00000059-jnn-soci

荷物は、中国・広東省にあるパナソニックの工場で生産された部品で、先月30日に名古屋港に到着。その後、トラックで春日井市に運ばれました。荷物やコンテナには、ほかにも16匹のアリが付着していて、現在、ヒアリかどうか確認が進められています。(10日18:00)



“在来種のアリはヒアリの定着を防ぐ”ネット上にウワサ広がる → アリの研究者は「在来種では勝負にならない」
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1707/10/news133.html

ネット上で言われる「日本の在来種がヒアリと戦ってくれる」という話については「ヒアリは非常に強いため、勝負にならない。戦ってもほぼ在来種が負けてしまうだろう」とコメント。かつて、アメリカにヒアリが侵入した時にもアメリカの在来種はヒアリに追いやられてしまったそうです。












関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
春日井市なら至近に小牧空港あり(イチローの郷里近く)。空路でヒアリが上陸の可能性あり。
今度は空港周辺の調査も必要では?
[ 2017/07/11 17:09 ] [ 編集 ]
官房長官数日前
「問題ない」

さっさと、対策しろよ。
何が、獣医師ガーだよ。
嘘ばかり
[ 2017/07/11 17:12 ] [ 編集 ]
もう、ヒアリは日本中にいるような気がする。
アメリカにだっているし、気にしすぎ
[ 2017/07/11 17:23 ] [ 編集 ]
直接
直接戦うかどうかではなくて、同じような生態をしている種同士、競合関係にあって、もし日本のありも駆除してしまったら、そのニッチにヒアリが収まってしまう、というようなご説なんじゃないですかね。
[ 2017/07/11 17:33 ] [ 編集 ]
在来種の数がヒアリに比べて圧倒的に多い、ヒアリと同数の在来種が死んでも、在来種の種としての優位性は揺るがない今こそ、殺虫剤による駆除のタイミングなんだが。

放っといて増えてからじゃ遅いんだよ。
[ 2017/07/11 17:44 ] [ 編集 ]
つい最近ですが輸入木材っぽいのから白蟻っぽいのがいて、お遊び感覚で黒蟻の集団所に落とした所、黒蟻が白蟻っぽいのを引っ張っていくのは確認しました~その時白蟻は黒蟻より動きは遅かったような気がします。
[ 2017/07/11 17:46 ] [ 編集 ]
どらにせよ蟻駆除剤、殺虫剤等は必要だな
[ 2017/07/11 17:48 ] [ 編集 ]
スズメ蜂は放置していいの?
[ 2017/07/11 17:49 ] [ 編集 ]
重複扱い…コメ更新がされてないからやってしまったのですが、システムエラーかなにか起きましたか!?
[ 2017/07/11 18:05 ] [ 編集 ]
雀蜂はほぼ在来種だし、人里で見付かった巣は駆除されてる。
[ 2017/07/11 18:13 ] [ 編集 ]
そのねとらぼの記事

> ヒアリの女王アリが単独でも営巣しやすければ定着も容易になるのは明らかです。
>「過剰反応でなんでもいいから周辺の在来種のアリを殺しておけば安心という問題ではない。在来種にとってもいい迷惑」と佐藤准教授。

ここはコピペしないんだね 笑
わかりやすい。
[ 2017/07/11 18:19 ] [ 編集 ]
ヒアリよりも
うちのシロアリ何とかしたい
[ 2017/07/11 18:30 ] [ 編集 ]
もう昔から居るんでしょうね
[ 2017/07/11 18:31 ] [ 編集 ]
こうなったらモハメッドアリに無理に頼むしかない。
[ 2017/07/11 18:35 ] [ 編集 ]
どうしたらいい
[ 2017/07/11 18:36 ] [ 編集 ]
ヒアリ,はっとは事故の元
[ 2017/07/11 18:52 ] [ 編集 ]
動植物や昆虫の外来種の生態系破壊のリスクは意識されるのに、人間の外来種のリスクを意識しないのはおかしい。スウェーデンやドイツの現状を報道しないマスゴミ。
[ 2017/07/11 19:11 ] [ 編集 ]
日本中にアリクイを放流しようw
[ 2017/07/11 19:15 ] [ 編集 ]
>人間の外来種のリスクを意識しないのはおかしい。スウェーデンやドイツの現状を報道しないマスゴミ。

そりゃ安倍自民党は急進的な移民推進派だからね、報道しないよ
愛国者が愛国自民党に逆らう気?
[ 2017/07/11 20:42 ] [ 編集 ]
中国で大量生産されている蚊は野放しでいいの?
[ 2017/07/11 22:02 ] [ 編集 ]
勝てないのか…
[ 2017/07/11 22:08 ] [ 編集 ]
もうどこにでもいるでしょ。
これだけ世界中で物流が動く時代だから、しょうがない。
正直、ふせぎようがない。

名古屋や新潟でもいるんだから、海外からの輸入量がケタ違いに多い首都圏はいわずもがな。
立川、府中には工場も多い。春日井も工場が多いエリアだった。
環状7号線、8号線は多くの輸送系トラックが毎日走っている。
しっかり調べれば、23区内も生息している可能性が高い。

今まで目立った被害がない?とすれば、静観するしかないでしょう。
お子さんがいる世帯は、茶色っぽく、あまりみかけないありをみた場合には手をふれないようにと注意勧告するとよいと思います。
[ 2017/07/11 22:29 ] [ 編集 ]
外国のアリは強い。外国のブラックバスも強い。外国の泥棒は怖い。外国人は怖い。でも外国に住んだら何でも無い。
[ 2017/07/11 23:22 ] [ 編集 ]
あれデマだったのか
用心せねば
[ 2017/07/11 23:46 ] [ 編集 ]
いや、勝てる勝てないじゃなくて、人間までが外来ヒアリと一緒になって在来種をころしちゃダメだ、って話でしょ
[ 2017/07/12 10:50 ] [ 編集 ]
壁に耳あり(共謀罪)
障子にヒアリ
[ 2017/07/12 11:16 ] [ 編集 ]
つーかアリ研究の九州大学の村上貴弘准教授は
ヒアリに60回ほど刺されているが
一度も病院に行ったことないらしいな。

そもそも当初言われていた「ヒアリで年間100人死んでる」にソースが無いとか。
誰かソースあるか?

もしかして、与太話とかデマとかいうならヒアリの有害性のほうじゃね?
まぁ、実際有害な事は有害なのだから完全なデマでもないがな。
悪質な「印象操作」(笑) というところか?

つーか、もしヒアリ騒動が加計隠しのスピンだったら…
スガも学習したよなぁ敵ながらあっぱれ、見事なもんだ。
自分に対する信頼が全く無いのを見越して「タダチーニ」って言ったわけだからなw
[ 2017/07/12 20:12 ] [ 編集 ]
10:50
そうですね
「在来種が駆除してくれるから」まで言うと間違いみたいだけど
「在来種まで駆除してしまい、生態系のバランスを崩し、外来種に対して弱くなり逆効果」なら言える
だから毒餌で駆除の方針から転換したって最新のニュースでやってるみたいです
[ 2017/07/13 23:21 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
広告
検索フォーム
スポンサードリンク