情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.07.11 22:00|カテゴリ:政治経済コメント(36)

【臨時国会】安倍政権の憲法改正、国民の多数が反対に!賛成36% 反対51% NHK世論調査


s_ice_screenshot_20170711-080007.jpeg


安倍政権が2020年の憲法改正を目指して秋の臨時国会にも憲法改正草案を提出するとしていますが、これについてNHKが行った世論調査で多数の国民が反対していることが分かりました。

NHKの記事によると、安倍政権の憲法改正を「大いに評価する」と「ある程度評価する」が合わせて36%で、「あまり評価しない」と「まったく評価しない」が51%に達したとのことです。

自衛隊の存在を憲法に明記する案には賛成が多数となっていましたが、同時に安倍政権下での憲法改正には多くの国民が不信感を持っていると見ることが出来ます。


“臨時国会に改憲案” 「評価しない」が「評価する」上回る
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170711/k10011053161000.html?utm_int=news_contents_news-main_007

s_ice_screenshot_20170711-075350.jpeg
安倍総理大臣が、憲法改正をめぐって、2020年の施行を目指し、秋の臨時国会で自民党としての改正案を衆参両院の憲法審査会に提出したいという考えを示したことについて、評価するか聞いたところ、「大いに評価する」が8%、「ある程度評価する」が28%でした。一方、「あまり評価しない」が31%、「まったく評価しない」が20%でした。




















関連記事


ブログパーツ
どう考えても国民投票で勝てると思えない。
[ 2017/07/11 22:02 ] [ 編集 ]
今、安倍の加憲に賛成している人達は、公明党の加憲に賛成していた人達だよね??でないと整合性ゼロ
[ 2017/07/11 22:10 ] [ 編集 ]
【自民党憲法草案】

○主権が(こっそり)国家に。

○基本的人権より、国家。

○平和主義が消えた。

野田元首相
「まず、自民党草案を撤回せよ」

自民党
「い、や、だ」

権力者ための憲法。
[ 2017/07/11 22:12 ] [ 編集 ]
お腹痛くなって入院とかにげるなよ~
[ 2017/07/11 22:23 ] [ 編集 ]
96条先行

緊急事態条項

9条3項加憲 ←今ここ
[ 2017/07/11 22:27 ] [ 編集 ]
憲法改正は必ずしも反対ではないけど安倍首相のやり方はあまりにもお粗末。
[ 2017/07/11 22:28 ] [ 編集 ]
国会の機能に幻滅している人は、憲法改正賛成でも反対でも
心配しているのではないでしょうか。
たまたま戦前戦後の産児制限の本を読んでいますが、保守同士の
政治家と官僚のつばぜり合いを感じました。
[ 2017/07/11 22:36 ] [ 編集 ]
やはり ”政権支持率 ≒ 改憲賛成率” なんですねー
本来なら切り離して考えるべき事象なんですが改憲には ”信用できる政府” が大前提ですから仕方ないですかねー。
[ 2017/07/11 22:45 ] [ 編集 ]
内閣改造して8月の世論調査で内閣支持率が上昇したとしても、
9月以降に改憲へと進むなら、また内閣支持率が下がって今と変わらなくなるでしょ。

どうせ内閣改造しても菅・麻生・二階をかえない限り、一新した感はでないから支持率もそんなに変わらない。あるいは下がるかも。
[ 2017/07/11 22:45 ] [ 編集 ]
1%上がってるぜよ。
[ 2017/07/11 23:01 ] [ 編集 ]
世論調査方法で数字が変わります
若い人は調査しましたか
[ 2017/07/11 23:11 ] [ 編集 ]
現行憲法の第9条はそのままであれば集団的自衛権は許されないが個別自衛権は許されるものとの共通の解釈が許されて来た。
ところが、安倍晋三が9条を弄るアホを仕出かせば、共通の認識は吹っ飛んでしまい、憲法解釈が支離滅裂の状態に陥れらしてしまうことになる。
安倍晋三の目的が憲法破壊国家テロであればなる程と肯けるのだが、そうでもなさそうだ。
要するに安倍晋三が何処までもアホであると言うことに尽きるのである。
[ 2017/07/11 23:13 ] [ 編集 ]
◆都議選での自民大敗について
「よかった」が46%、「よくなかった」が12%、「どちらとも言えない」が36%

相当嫌われてるな自民 安倍ちゃん終わりだね

◆バブル期を超えて戦後3番目の息の長い回復を続けているという見解について
景気が回復していると感じるか聞いたところ、
「感じる」が9%、「感じない」が56%、「どちらとも言えない」が27%

この差も強烈、実感とかけ離れた指標意味なし
[ 2017/07/11 23:23 ] [ 編集 ]
憲法改正は三権(議会・行政・司法)のチェック機関創設関連を最初にやったほうがいい。
権力チェック機関が権力を監視して是正命令を出す権限も持って、情報の公開もしっかりやる制度になってからでないと安心できない。さらに、今の憲法は有権者が「選挙で投票する人・政党が見つからない」という事態にも対応できてない。そのような事態は特定の利害を代表する人でないと立候補が難しい等、選挙制度などに問題がある証拠なのだから、そのような事態になったら根本的に制度を変えることを定めた条文を憲法の中に入れるべき。さらにそのような事態になったら憲法改正案自体も国民であれば提案できて、その中から選択していけるように定めたほうがいい憲法が生まれやすくなるはず。政治家にまかせたらいい憲法はでてこないということは自民党の改憲案見れば明らかだし、野党にいたっては改憲する必要性すら感じてない不感症なのだから。
[ 2017/07/11 23:53 ] [ 編集 ]
残念ながらトランプ政権と一緒で、何故か30%台は支持する層がいるんだよな~
[ 2017/07/11 23:54 ] [ 編集 ]
時代に合わせて改憲することはよい事だ。

現在の世界で人類社会の基本的価値として認められている『民主主義』『基本的人権』『自由で平等な社会』というものをより強く育んでいけるような憲法なら変えてもよい。

しかし、「日本の独自性」とか、妙な「伝統」とかを振りかざして『現代の人類社会が到達した価値を捨ててしまう』可能性があるような憲法なら、変えない方がよい。

日本会議の改憲案は「世界の共通価値」から離れ、『時代錯誤』の『原理主義』と『権威主義』に満ちている。

したがって、安倍政権には憲法は指1本、触れさせてはならない。
[ 2017/07/11 23:57 ] [ 編集 ]
安倍政権と日本会議の理念
昨年の参院選の直後、日本会議の中枢が「3分の2獲得後の改憲戦略」と題して「3項加憲」を打ち出していた。
その中心人物は日本会議の常任理事、政策委員の伊藤哲夫。安倍のブレーンだ。

その伊藤氏が代表の「日本政策研究センター」の機関誌「明日への選択」(16年9月号)で書かれたのが『自衛隊条項の戦略的加憲』だ。

〈平和、人権、民主主義には一切触れず、ただ憲法に不足している所を補うだけの『加憲』なら反対する理由はないではないか、と逆に問いかけるのだ〉と述べている。

安倍や日本会議が狙う『戦前回帰の改憲』では国民の支持が得られないから、まずはソフトな『加憲』から入り、一度『憲法改正』を実現させてから『本丸』に斬り込もうとする姑息な策略である。

事実、伊藤氏は「加憲」を〈あくまでも現在の世論の現実を踏まえた『苦肉の提案』でもある〉と述べている。

伊藤氏は(03年10月号)では〈戦後のリベラリズムのあらゆる発想の否定〉をし、(04年3月号)では〈大日本帝国憲法の精神は、大いに学ばれて、継承されるべき〉と述べている。

『3項加憲』の先にあるのが『戦後民主主義の否定』と復古的な『臣民意識の確立』であることは間違いない。

あらためて感じるのは、『安倍政権には憲法は指1本、触れさせてはならない』ということだ。
[ 2017/07/12 00:32 ] [ 編集 ]
まともな人間ならばこんな与党に憲法は触らせない。
寝言は寝てから言ってろという感じです。ハイ
[ 2017/07/12 00:48 ] [ 編集 ]
法の抜け穴を使い11人に分散し、法を解釈でねじ曲げ、首相の強い意向で法をぶち破る。

そんな遵法精神の欠片もない犯罪者予備軍に、憲法改正とか任せられる理由ないだろよ。
[ 2017/07/12 01:35 ] [ 編集 ]
憲法改正は、いずれあるだろうが、安倍にやらせてはならない。

安倍がいなくなった後で、じっくり考えてみようではないですか。
[ 2017/07/12 01:45 ] [ 編集 ]
権力チェック機構の強化なら賛成だよ。
それにしても、改憲の支持が下がったのは良いんだが、簡単にブレて不安だ。
マスコミの世論操作で簡単に改憲に動きそうで怖い。
[ 2017/07/12 01:45 ] [ 編集 ]
今回の憲法改正騒ぎの動機が
〇〇が適切でないから〇〇を変えたいという自然で当然の欲求から来るものならわかる。
しかしそういった物が特にあるわけでもなく、社会がそれを求めているのでそれを代弁して
成立させようとしているわけでもなく、社会からも改正拒否を何度も散々意思表示
されているのは、ただ今まで先人がなし得てなかった事を成し遂げたいだけの評判
取りのような者に成り下がって改正にこだわり続けているとしか思えない。
そんなレベルの段階の不適切な者は憲法を変えるような物には値しない気がする。
[ 2017/07/12 01:47 ] [ 編集 ]
岩盤規制という言葉の意図的な誤用
国民を欺く印象操作。

積極的平和とかもそうですね。
[ 2017/07/12 01:54 ] [ 編集 ]
4条件

石破が忖度

獣医師会


建てさせないための意味不明な条件にしがみつく既得権益川柳
[ 2017/07/12 02:08 ] [ 編集 ]
支持率と

平均株価は

下値だけ


高い時はいつも悔しそうにしているが、下がった時だけ元気な反日極左連合川柳
[ 2017/07/12 03:13 ] [ 編集 ]
受け皿は

君らじゃないよ

民進党


いくら反日活動して自民を下げたところで、「支持政党なし」しか増えない川柳
[ 2017/07/12 03:23 ] [ 編集 ]
改憲のための改正が国民に見えているのでこの結果になった。
石破であれば改憲できる。
安部の悲願は辞任により達成できる。
[ 2017/07/12 05:27 ] [ 編集 ]
戦争法案絶対反対。

中国が攻めてくる?
日本は中国には勝てんよ。
[ 2017/07/12 07:08 ] [ 編集 ]
日本会議が大々的にキャンペーン打って憲法改悪派の固定票が増えている感もあるけど。
それは実は安倍政権支持派を懸命に集めただけであって残る圧倒的な無党派の票が反対に動く、、、なら良いんだけどね。

投票率が低いから悪い方に何が起こるか分からんわ。
[ 2017/07/12 07:26 ] [ 編集 ]
0313、0323は維新か自公の議員?ネトサポって自分の首とカネがかかった議員じゃないの?だから必死だし知性も人間性も最悪で、ひとをおとしめることしか言えないんじゃない?全然ロジカルじゃないよね
[ 2017/07/12 08:12 ] [ 編集 ]
国民の求めているのは売国税金詐欺政党の
君らじゃないんだよ
自民党
いくら反日活動して民進や共産党下げしたところで、「反自民党」しか増えないYO川柳♪
[ 2017/07/12 08:54 ] [ 編集 ]
安倍政権はすでにレームダック。

改憲なんて論外。
[ 2017/07/12 09:09 ] [ 編集 ]
NHKの くらし☆解説 07月11日 (火)分 で支持層別に見れるよ
リンク貼れないので書き出し
   臨時国会に自民改憲案提出することについて
      全体 与党支持者 野党支持者 無党派
評価する  36%  60   21   26
評価しない 52%  31   71   64
     無党派の反対が多いのはいい傾向

他の調査項目でもおもしろいのがあって
都議選の結果には与党支持者でも良かったと答えた人の方が多い
加計学園での総理の説明には与党支持者でも6割が納得できないと反応
 足元からNOを突きつけられてるね。はよ辞めよう
[ 2017/07/12 09:58 ] [ 編集 ]
一つずつスイッチを押していくアベシ政権


①「特定秘密保護法」(国民に開示すべき情報を政府が何でも隠蔽できる)
②「集団的自衛権」(他国の争いに否が応にも自衛隊・国民を巻き込める)
③「共謀罪」(国民によるデモ等の政府への主張を封じ込められる) ← 今ココ!
④「憲法改正」(国民の基本的人権を弱め、自衛隊を軍として強化していく)
⑤「緊急事態条項」(国の全権力が首相に集中し国民は絶対に従わなければならず、国会議員の任期も延長できる)


自民党内のアベシをはじめとする日本会議メンバーが最終的にゴールとして目指しているのが⑤「緊急事態条項」
ここまできてしまえば国民の財産没収やら徴兵の強制などもう何でもありのバーリトゥード状態にできる

アベシ政権は選挙の度に上記のスイッチについては全く触れず「アベノミクス」なる我々国民の血税・年金基金を株価に不当に注ぎこんで吊り上げ、見せかけの景気回復を隠れ蓑に勝利してきた

だが今の政治に流れる不穏な空気を薄々察知し「目覚め」はじめた国民たちが現政権に対する反対の声を次々と上げはじめているのだ……
[ 2017/07/12 10:40 ] [ 編集 ]
伊藤哲夫と安倍政権と日本会議
「3項加憲」のネタ元は伊藤哲夫。
日本会議・常任理事・政策委員でシンクタンク「日本政策研究センター」の代表だ。

伊藤哲夫は一般的に馴染みのある人物ではないが、第一次安倍政権発足以前から、安倍の周りに常に付き従い、一部では「安倍政権の生みの親」とさえ言われる重要人物だ。

2013年「文藝春秋2月号」は、衛藤晟一・首相補佐官の来歴を「右派の学生運動出身」と紹介した後、伊藤哲夫代表を安倍に紹介したのも衛藤だった、と伊藤哲夫を「安倍の有力なブレーン」として紹介している。

2006年9月9日東京新聞朝刊は〈6月30日。都内のホテルの一室に、安倍氏側近の1人、下村博文議員を囲み、4人の学者、有識者が集まった。
メンバーは『伊藤哲夫・日本政策研究センター所長』、東京基督大学の西岡力教授、福井県立大学の島田洋一教授、高崎経済大学の八木秀次教授。
ここに京都大学の中西輝政教授を加え、安倍氏のブレーン「5人組」と称される〉と、伊藤哲夫を、安倍ブレーンの『5人組の筆頭』として紹介している。

「日本政策研究センター」は「明日への選択」という機関誌を発行している。
これはまるで安倍政権が提案する諸政策の代弁をしているかの様な誌面構成をしている。

伊藤哲夫はどういう人物か?「文藝春秋」では〈衛藤晟一が安倍に引き合わせた〉〈シンクタンクの代表〉と書かれているが、彼は、第一次安倍政権誕生前から、安倍を事あるごとに「プロモート」してきた。

2004年8月15日に開局した「チャンネル桜」の開局記念番組に自民党の幹事長を務める安倍が出演した。
この番組に安倍を登場させた人物こそ、伊藤哲夫。
そして、伊藤哲夫の手引きによって登場した安倍は、伊藤からの質問に答える形で将来の「政権構想」まで披露してしまっている。
[ 2017/07/12 13:25 ] [ 編集 ]
国民「景気を良くして欲しい」
安倍「そんなことより改憲だ」

これで支持率が上がる方がおかしいわw
[ 2017/07/12 15:44 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
フェイスブック
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク