情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.07.16 13:27|カテゴリ:ニュースコメント(9)

新潟県中越沖地震から今年で10年!当時は第一次安倍政権、原発対策への不安も


s_ice_screenshot_20170716-052932.jpeg


2017年7月16日で新潟県中越沖地震から10年となりました。新潟県中越沖地震は2007年7月16日に発生したマグニチュード6.8、最大震度6強の大地震です。

震源の深さは約17キロとなっており、西日本の大阪から東北の青森県まで広い範囲が揺れました。東京でも震度2~3の揺れを観測し、この地震で7万6000棟に上る建物が被害を受けています。

特に注目を浴びたのは柏崎刈羽原発で発生した火災などのトラブルで、少量の放射性物質の漏れが確認されました。原発の耐震基準が問題視された地震でもあり、これをキッカケに原発事故の対策が少し強化されることになります。

ただ、その後に発生した福島第一原発事故を防ぐような厳しい規制や対策は行われず、当時の第一次安倍政権の対応に疑問の声が相次ぎました。
今も当時の原発対策を巡っては賛否両論が飛び交っている状態で、安倍晋三首相の責任を追求する声もあります。


新潟県中越沖地震から10年 原発の大地震対策徹底求める声
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170716/k10011060561000.html?utm_int=all_side_ranking-social_003

15人が死亡した新潟県中越沖地震から16日で10年になります。この地震では柏崎刈羽原子力発電所で、火災が起きるなどのトラブルが相次いだことから、地元では、東京電力が原発の再稼働を目指す中で、大地震に備えた対策の徹底を求める声が高まっています。



新潟県中越沖地震
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96

s_ice_screenshot_20170716-053022.jpeg
新潟県中越沖地震(にいがたけんちゅうえつおきじしん)は、2007年(平成19年)7月16日10時13分23秒(JST)に発生した、新潟県中越地方沖を震源とする地震である。地震の規模を示すマグニチュード(M)は6.8、最大震度は6強。中越地方では2004年(平成16年)の新潟県中越地震以来のマグニチュード6以上および震度5弱以上を観測した地震となった。


























関連記事


ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
○福島原発10基の耐震安全性の総点検等を求める申し入れ
↓↓

2007年7月24日
【安倍晋三政権】の東電力の当時の社長、【勝俣恒久】に申し入れるが、拒否!
[ 2017/07/16 14:07 ] [ 編集 ]
トリチウム汚染水、海洋放出決定!トリチウムとは水素原子なのでDNAの中に取り込まれます。そしてベータ崩壊するとヘリウムに変化して結合が切れます。染色体異常が生じると言うことです。あなた、魚食べますか?
[ 2017/07/16 14:27 ] [ 編集 ]
>14:27

付け焼き刃感がひどい笑
[ 2017/07/16 14:36 ] [ 編集 ]
1436さまへ
あなた「放射線物理学」を勉強した事ありますか。
あなた「生化学」を勉強した事ありますか。
あなた「分子生物学」を勉強した事ありますか。
ないだろうな。魚食ってそうだな

[ 2017/07/16 16:53 ] [ 編集 ]
>16:53

え?あなた、まさか勉強しててその程度の理解なんですか?
[ 2017/07/16 17:40 ] [ 編集 ]
17:40氏
16:53氏ではありませんが興味を持つための入り口のキッカケとして上の3学若しくはそれ以上の学を踏まえて少し教えていただけませんか!?
[ 2017/07/16 18:32 ] [ 編集 ]
CCS(二酸化炭素岩盤内貯留)を止めませんか?
[ 2017/07/16 19:35 ] [ 編集 ]
どうもこのサイトにはトリチウム汚染水の海洋放出決定に関与した奴が紛れ込んでるらしいな。560基のタンクに治められた88万トンのトリチウム汚染水を全て海に捨てる決定をした奴がね。
[ 2017/07/16 20:59 ] [ 編集 ]
福島原発のリスクも無視
第一次安倍政権では福島原発のリスクを国会で指摘されても無視。その後、事故。そして、釈明も謝罪もなく原発推進を推進。
[ 2017/07/17 17:43 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク