情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.07.19 21:00|カテゴリ:政治経済コメント(13)

亡き日野原重明さん、安倍政権の憲法改正を強く懸念!「命を守る憲法」「国民投票でNOを」


s_ice_screenshot_20170719-164725.jpeg


先日に105歳という長寿で亡くなった医師の日野原重明(ひのはらしげあき)さんですが、生前には安倍政権の憲法改正や安全保障関連法案への強い懸念を表明していました。

安倍政権が誕生してから2年後の2014年には「十代のきみたちへ: ─ぜひ読んでほしい憲法の本」という書籍を出版し、その中で「私は戦争体験から憲法に関心を持ちました。かつて日本は戦争で間違ったことをした。だからこそ、憲法を守ることが命を守るためにどれほど大切かを、まず子どもたちに分かってほしいんです」と主張しています。

また、現在の政治情勢については、「憲法改正の勢いが強くてかなりの日本人がそれに引っ張り込まれている。世界の国々が許し合わないから戦争になる。国民投票があるから、それに今の子供がNOと言ってくれれば、改正が駄目になる。子供の力を期待している」などと述べ、国会で憲法改正を認めても国民が否定して欲しいと強調していました。

書籍「十代のきみたちへ: ─ぜひ読んでほしい憲法の本」は売り切れている場所も見られるので、是非ともこれを機会に手を取って読んでみてください。


日野原重明さん死去 105歳、現役医師
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201707/CK2017071802000074.html

日野原さんは自身の戦争体験から平和や憲法への思いが強かった。「老人が戦争中の体験を伝達する使命がある」と、百歳を超えてからも子どもや若者に平和の尊さを伝えようと、精力的に活動を続けた。
 徴兵検査の結果、召集はされず、太平洋戦争が始まった一九四一年には聖路加国際病院で内科医として勤務。東京大空襲で運ばれてきた何百人もの患者を救えず、二〇〇九年に東京大空襲・戦災資料センター(江東区)が開いた「語り継ぐつどい」で、「今も忘れられない、ひどい戦争だった。地獄だった。子どもたちには『非戦』の世界をつくってほしい」と語った。











十代のきみたちへ: ─ぜひ読んでほしい憲法の本


生きるのが楽しくなる15の習慣 (講談社+α文庫)
関連記事


ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
よしみんなで一致団結しよう
[ 2017/07/19 21:09 ] [ 編集 ]
そういう情念ではなく、改憲派に有利な仕様になっている国民投票法の問題を冷静に見つめ直した方が良い。
[ 2017/07/19 21:32 ] [ 編集 ]
故大橋巨泉さんも

「がん闘病」大橋巨泉 週刊誌コラム無念の最終回
東スポWeb 6月27日(月)10時31分配信

「このままでは死んでも死にきれない」
「安倍晋三の野望は恐ろしいものです」。
参院選で野党に投票するよう読者に呼びかけた。
[ 2017/07/19 21:38 ] [ 編集 ]
安倍自民が改悪した国民投票ほど信用できないものはない。国民投票にかけられる時点で改悪派の勝利が確実のようなもの。なんとしてでも国民投票よりも前に改正案を破棄させる必要がある。
[ 2017/07/19 21:41 ] [ 編集 ]
【故菅原文太さん】と憲法改正反対

「戦争だけはしちゃいかん」

集団的自衛権は「攻撃権」

積極的平和主義は「積極的 好戦主義」
[ 2017/07/19 21:46 ] [ 編集 ]
戦争で地獄を見た先人達が、やっと手に入れた平和。
戦争で犠牲になるのは一般市民。
安倍一味の様な奴らから平和憲法を守る!
日本の敵は安倍一味の様な奴らだ!
[ 2017/07/19 22:13 ] [ 編集 ]
日野原先生くらいの霊体の方でしたら、すぐ霊界に行かれるでしょうから霊界の人達と力を合わせて、安倍一味に働きかけして日本国民の目を覚まさせ、国民を救ってくださいますようお願いいたします。先生キリスト教はカルトですよ。
[ 2017/07/19 22:26 ] [ 編集 ]
何するかわからんけど
どんな手を使ってでも
国民が選んだことにしてくるんだろうな
[ 2017/07/19 22:59 ] [ 編集 ]
少子化の中で軍事に力を入れると行き着く先は徴兵制。
[ 2017/07/20 02:02 ] [ 編集 ]
そもそも安倍は日本を守る気など微塵も無い。安保法制の中には尖閣の防衛に関する項目すら無いことをどれだけの国民が知っているだろうか。安倍自民党のご主人中国様に配慮し、安倍はわざと安保法制の中に尖閣防衛の項目を入れなかったのだよ(怒)
国賊安倍が安保法制、憲法改正に執着する真の理由はご主人様経団連とグルになり武器輸出で儲けまくり私利私欲を貪るためだからな(怒)
恥を知れ国賊安倍!
[ 2017/07/20 11:13 ] [ 編集 ]
日野原先生は立派だけど晩年はおかしな言動が多く、まさに老害になってたんだよね。

この憲法に関する発言や、アムウェイの広告塔になったり。
アムウェイの集会に連れて行かれると、「トリプルXは日野原先生も使っている。中島薫さんと講演会します。」て言われるし。

まあ、そんな日野原先生の死を政権批判に利用する左翼が最悪なんだけどね。
[ 2017/07/20 14:14 ] [ 編集 ]
戦争を体験した人達の声は重い。
[ 2017/07/20 14:41 ] [ 編集 ]
日野原先生が安らかに天に召されますように。
いろいろ力を与えて頂き大変有難うございました。
安倍氏も日野原先生のような同じ県民の偉大な先輩としてもの
偉業と威光を手本にして学んで欲しいですね。
自身の戦争犯罪やったかやらなかった程度の祖父を手本にしたり
肩持ちしたりするばかりでは立派な大人とはいえないんではないでしょうか。
手本にするのを誰にするかでも考えや人生も大きく違いがあると思います。
安倍氏や安倍氏の祖父もこの偉大な先生に学べば自身にその適性もないのに
改憲活動を渇望するような事もなくなるでしょう。
[ 2017/07/20 17:31 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク