情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.08.04 22:00|カテゴリ:政治経済コメント(22)

イギリスが新型空母クイーン・エリザベスを南シナ海に派遣か!外相「2隻の空母の初任務に」


s_ice_screenshot_20170804-142717.jpeg


イギリスの国防相が空母2隻を南シナ海に派遣すると表明しました。派遣されるのは新型空母クイーン・エリザベスと見られ、マイケル・ファロン英国防相は「2隻の巨大空母を建造し、アジア太平洋地域に派遣。航行の自由作戦を実行する」と表明。
2隻の空母としていることから護衛艦を含めてかなりの規模になりそうです。

ジョンソン外相も「この2隻の新たな航空母艦の初の任務になる」と述べ、空母派遣の必要性を強調しました。背景にはEU離脱で低下している国際的な影響力を維持しようとする思惑もあると見られ、実際に派遣された時には中国側の対応次第で大きな問題になりそうです。


英国が南シナ海に空母2隻を派遣へ、背景に「EU離脱」(字幕・27日)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170728-00010002-reutv-asia

s_ice_screenshot_20170804-142106.jpeg
s_ice_screenshot_20170804-142111.jpeg
s_ice_screenshot_20170804-142117.jpeg
s_ice_screenshot_20170804-142126.jpeg
s_ice_screenshot_20170804-142139.jpeg
s_ice_screenshot_20170804-142145.jpeg
s_ice_screenshot_20170804-142156.jpeg
s_ice_screenshot_20170804-142712.jpeg
s_ice_screenshot_20170804-142713.jpeg

英最新鋭空母を南シナ海に派遣、英国防相の発言が波紋―中国メディア
http://www.recordchina.co.jp/b185937-s0-c10.html

27日、シドニーで英豪外務・防衛閣僚協議が開催された。会議後、マイケル・ファロン英国防相は南シナ海における「航行の自由作戦」を発表した。「2隻の巨大空母を建造し、アジア太平洋地域に派遣。航行の自由作戦を実行する」と表明した。



クイーン・エリザベス級航空母艦
https://ja.wikipedia.org/wiki/%

クイーン・エリザベス級航空母艦 (クイーンエリザベスきゅうこうくうぼかん、英語: Queen Elizabeth-class aircraft carrier) は、イギリス海軍で配備が予定されている航空母艦の艦級。非原子力空母ながらも基準排水量は4万トンを優に超える英海軍史上最大の軍艦であり、多数の艦上機やヘリコプターの搭載を予定している。計画当初はCVFと称されていた。









関連記事


ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
このデモンストレーションの本当の目的は何だろう。
[ 2017/08/04 22:03 ] [ 編集 ]
このブログ、二言目にはマスゴミガーとか言ったり、極論言う人が多くて嫌だ。
[ 2017/08/04 22:22 ] [ 編集 ]
1番艦クイーン・エリザベスはまだしも、新造2番艦プリンス・オブ・ウェールズが南シナ海マレーシア沖に赴くのはトラウマじゃないのかな。
[ 2017/08/04 22:52 ] [ 編集 ]
のっぺりした艦影だな
[ 2017/08/04 23:50 ] [ 編集 ]
Nu Ma様
そう思うならあなたのお力で比率を変えてください!
[ 2017/08/05 00:58 ] [ 編集 ]
EU離脱も、アメリカと組んで コレ↓ が出来るようにするためっぽいな。

ジョセフ・ナイ著「対日超党派報告書」より
ttp://k.pd.kzho.net/1501863348552.jpg


そのご主人様に恭順のお手をするポチ
ttp://k.pd.kzho.net/1501863348437.jpg
[ 2017/08/05 01:23 ] [ 編集 ]
航行の自由を妨害する国(?)はどこだ?あそこか?集団的自衛権を最近国会で通した国も参加か?
[ 2017/08/05 05:42 ] [ 編集 ]
飛んでいるものは墜ち、浮かんでいるものは沈む、可能性がある。
[ 2017/08/05 08:53 ] [ 編集 ]
イギリスと中国の関係は蜜月じゃなかったの? キャメロンからメイでまた方針転換?
それとも中国の「(一帯)一路の航行の自由」に参加か?
或いは「航行の自由」は大英帝国が作った国際ルールだから返せとの米国へのアピールか。
[ 2017/08/05 09:18 ] [ 編集 ]
‎2017/08/05 01:23 ] 名無しさん‎
レポートの前提条件は、火力エネルギーの確保‎のようですが
日本がなかなか火力エネルギーや原子力エネルギーに依存し続けようとして、国がリーダーシップをとって自然エネルギーを積極的に取り入れないのは
そのレポートを実行するための言い訳づくりに一役買おうとでも考えているんですかね。。‎
ドイツなんか、自然エネルギーで一日の必要なエネルギーの8割をまかなってるみたいで
絶対に、エネルギーをめぐる戦争には加担しなさそうですし
ナチスの反省を生かして戦争は絶対に二度と起こさないための努力をしていますが
日本はそういった努力すらしていないので不安になります‎
[ 2017/08/05 10:29 ] [ 編集 ]
00:58
このサイト自体がそういった風潮でやって来てるのに、私ごときにどうしろと?
ずーーーっと、あんたらはマスゴミガーテレビガー言ってれば良いよ
[ 2017/08/05 14:47 ] [ 編集 ]
↑このひと、ムカつくからもうここには来ませんとか言ってなかったか?w
[ 2017/08/05 15:01 ] [ 編集 ]
あんまり目に余るのでついつい…w
[ 2017/08/05 15:07 ] [ 編集 ]
[ 2017/08/05 10:29 ] 名無し

自然エネルギーで8割ってそれ単に発電量多くて消費の少ない日(休日)に達成できたってだけの話だろw
最新のデータではドイツの2017年の1月から6月の発電量に占める再生可能エネルギー割合は30~35%だ
恒常的に再生可能エネルギーで電力の8割を賄ってる訳じゃない
[ 2017/08/06 05:23 ] [ 編集 ]
[ 2017/08/05 10:29 ] 名無し

あとドイツの電気代がお隣フランスのほぼ倍であるということと、不測の事態には安定的に発電
しているお隣から電力買える状況(実際都度都度買ってる)である事も考慮すべき。
[ 2017/08/06 05:25 ] [ 編集 ]
[ 2017/08/05 10:29 ] 名無し
ドイツ連邦軍の戦時指揮権はNATOが握ってるし1994年に国外派兵が合法化されて以来
バルカンやアフガンに派兵して戦死者出してるし最近は生来の決意作戦に参加してる
しで普通に戦争してるけどね。
[ 2017/08/06 05:58 ] [ 編集 ]
[2017/08/06]名無し
ttps://www.energy-charts.de/ren_share.htm?source=ren-share&period=monthly&year=2017
2017年の1〜6月の再生可能エネルギーの割合は 27.8~43% ですよ。
再生可能エネルギー の性質上 ばらつきが大きいのは仕方ありませんが、この数値は 再生可能エネルギー発生源の品質向上、スマートグリッド含めた 送電網の開発で カバーできる余地は十分にあります。
[ 2017/08/06 11:40 ] [ 編集 ]
ドイツは 自然エネルギーの向上やスマートグリッドの開発に力を入れているので、自国技術の改革をすることで国内雇用を創出している上に、
このグリッドを含め 自然エネルギーは中国やアメリカでも注目されているので、ものすごい外貨を稼ぐことにもなります。
自然エネルギー関連の雇用は 今は開発段階ですが いずれ車産業のように 外貨を稼ぎ 国内雇用を創出する分野になります …(1)
一方、原子力は世界的にも需要がないので、外貨を稼ぐことができません。
フランスは原子力発電の割合が多いですが、原子力関連の技術輸出による雇用は全く望めません。
フランスが原子力発電で電力を輸出してるから十分とお考えになると思いますが
ドイツも電力を 輸出しています。
しかも2015年の時点でドイツの輸出規模はフランスよりも大きいです
ttps://www.energy-charts.de/exchange.htm )
[ 2017/08/06 11:42 ] [ 編集 ]
ttp://www.de-info.net/kiso/atomdata07.html
ドイツとフランスの電気料金の内訳をみると、ドイツは 税、付加金= 電力+ネットワーク となっており
電力+ネットワーク の料金に関しては フランスの1.3倍です。
ドイツは税、付加金の割合が高いですが、それは 自然エネルギーの開発に使われているし(1)と合わせて考えると 将来の投資のために 高くなっているが、高い電気料金はいずれ 自国民に還元されるということになります。
しかも、自然エネルギーでエネルギーが賄えられる能力=エネルギーの安全保障 に繋がりますから 外交上も有利になります。

ttp://www.de-info.net/kiso/atomdata03.html
ドイツは不足の事態が発生すると フランスから電力を買っているというよりも
需要が増加する冬期に備えて、夏の間に点検整備に入る発電所が多く、基本的な電力供給が低下することから、周辺国からの輸入が増加する傾向がある、
つまり 夏の点検作業の間、電力生産量が減るから フランスから買っている と考えられます
[ 2017/08/06 11:43 ] [ 編集 ]
[ 2017/08/06 11:43 ] 名無し
いずれ自国民に還元されるかなど現状不透明、自然エネルギーでエネルギーが賄えても発電用
設備の補修更新には莫大なレアメタル・レアアースを必要としドイツ国内で自給不能な以上は
他国への依存は避けられない。
[ 2017/08/09 09:18 ] [ 編集 ]
自然エネルギーの発電用の設備に「膨大な」レアアース レアメタル が必要 ではありません。
例えば 風力発電は 鉄や銅 のような一般的な金属でできております。
現在主流の太陽光パネルの材料は アモルファスシリコン でできており
シリコンは世界中に潤沢に存在しています。 なんなら日本でも存在していますが
加工に電気がかかるため、電気料金の安い オーストラリアから輸入している場合が多いです。
で、オーストラリアは 原発を動かすのに必要なイエローケーキの原料のウランを輸出しています。
ウランを加工してイエローケーキになるわけですが、
アメリカやフランスやカナダみたいな国が輸出しています。
また原発の設備更新には風力発電と同様に 鉄や銅のような一般的な金属を輸入する必要があります。

自然エネルギーは シリコンや鉄や銅のようなごくありふれた原料があれば 設備更新できますが
原発は それらに加えて イエローケーキのような特殊な燃料を輸入する必要があるため
イエローケーキを外交カードに使われる可能性があります。


一方、世界中で脱原発が進んでいるので、イエローケーキの市場は縮小傾向になります。
そうなるとイエローケーキを作る会社は 安くイエローケーキを作る企業努力をしなくなったりし
いずれ 今よりも高額 になります。




[ 2017/08/12 07:59 ] [ 編集 ]
高い電気料金が ドイツ国民に還元されるか 現状不明 とは、どんな理由があるんですかね。
あのコメントを読めば そうなると予想できます。
あの辺 のバックグラウンドは 海外の学会に行ってみるとわかりますが、盛んに議論されている内容です。
論文も読んでみると良いですね。
研究ベースで活発になるには 莫大な金が必要です。
国からもらえる 研究費以外にも、企業からも研究費がもらえるから みんな研究するんです。
企業の目的は金儲けです。金にならないことに投資しません。

自然エネルギーは 将来、金になるから 企業がこぞって研究機関に投資するのです。
[ 2017/08/12 08:00 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
アクセス数
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク