情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.08.10 21:00|カテゴリ:噴火関連情報コメント(1)

北アルプスの焼岳で噴気が発生!普段とは異なる場所、地震を6回も観測!気象庁が注意喚起


s_ice_screenshot_20170810-095139.jpeg


長野県と岐阜県の県境にある北アルプスの焼岳でガスが吹き出す「噴気」が観測されたことが分かりました。

報道記事によると、8月10日午前0時前から午前2時ごろにかけて北アルプスでは地震が6回ほど観測され、同じ時間帯に山頂の西側およそ400メートルの斜面で白い噴気が確認されたとのことです。

何らかの火山活動でガスが吹き出した恐れがあるとして、気象庁は注意を呼び掛けています。これから気象庁の職員を派遣して現場を調査すると同時に、現在の噴火警戒レベル1を見直すかどうか検討する方針です。
今の時点では噴火警戒レベル1となっており、避難などの呼び掛けはありません。


北アルプス 焼岳で小規模な噴気確認 気象庁が注意呼びかけ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170810/k10011095391000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001


s_ice_screenshot_20170810-095432.jpeg
s_ice_screenshot_20170810-095451.jpeg
s_ice_screenshot_20170810-095503.jpeg
s_ice_screenshot_20170810-095509.jpeg
長野と岐阜の県境にある北アルプスの焼岳で10日未明、山頂の西側斜面から小規模な噴気が出ているのが確認されました。気象庁は焼岳の噴火警戒レベル1を継続したうえで、今後も、噴気が出るおそれがあるとして注意を呼びかけています。



焼岳やけだけ Yakedake【常時観測火山】
http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/310_Yakedake/310_index.html

s_ice_screenshot_20170810-095208.jpeg
北緯 36°13′37″ 東経 137°35′13″ 標高 2,455m (三角点・焼岳)

過去1万年間の噴火活動
 焼岳の形成は15000年前頃から始まり、活動の初期には黒谷付近に溶岩や火砕流を噴出した。最近1万年間にも溶岩や火砕物の噴出が続き、約2300年前には最新のマグマ噴火が起こり、この活動で焼岳円頂丘溶岩と中尾火砕流が同時に噴出した。この噴火の後にも、4回/千年の割合で水蒸気噴火が発生している。









関連記事


ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
夏の登山シーズンなので、御嶽山の例があるので警戒レベルは上げたほうがいいのでは。
[ 2017/08/10 23:56 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
アクセス数
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク