情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.08.15 12:00|カテゴリ:政治経済コメント(7)

【終戦の日】終戦から72年、全国戦没者追悼式に約5700人 約310万人の戦没者を追悼へ


s_ice_screenshot_20170815-091923.jpeg


本日2017年8月15日は72回目の「終戦の日」となります。政府主催の全国戦没者追悼式には約5700人が参列予定で、安倍首相から天皇皇后両陛下まで多くの政府関係者が出席する式典です。
全国各地でも約310万人の戦没者を追悼する催しが行なわれ、祈りを捧げることになります。

太平洋戦争当時、終戦を8月15日で決定するまでに色々と問題が発生したことでも有名で、軍部の一部は降伏に反発して軍事クーデターを計画していました。
終戦の決定が遅れた背景にはこのような反乱を恐れて決断を先延ばしにしたということがあり、終戦の決定プロセスを含めて改めて検証の必要があると言えるでしょう。


終戦から72年 全国で戦没者追悼の集会や催し
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170815/k10011099821000.html?utm_int=all_side_ranking-social_005

終戦から72年を迎える15日、およそ310万人の戦没者を追悼し、平和について考える集会や催しが全国各地で開かれます。





























関連記事


ブログパーツ
戦争そのものが悪。
どう都合のいいことを言おうが、戦争は悲しみしか産まない。
しかし今我々が置かれてる状況は、戦後最も軍を持つことに関して考えなくてはならないものと考える。
我々はどうするべきなのだろうか…
我々の先祖が先の大戦で味わった辛酸や深い悲しみの果てに作り上げてきてくれた平和な時代だけしか知らない自分達が
将来憂いを残さずに次の世代に平和を引き継いでいくために、何が出来るのか真剣に考えなくてはならない。
政治的思想は各々色々あるだろうが、日本という我々の祖国を嫌う者はいないだろう
本当に日本の未来に何が大切なのか、今一度考えさせられる2017の終戦記念日になると思う。
[ 2017/08/15 12:34 ] [ 編集 ]
この式典にもっとも不似合いで不要なのはアベの顔と声とアタマ。
[ 2017/08/15 13:22 ] [ 編集 ]
PAC3、避難CM
同じ発想。
[ 2017/08/15 13:32 ] [ 編集 ]
自分の支持率維持に英霊を利用するだけして、ゴキチョン下痢三はまた参拝逃げたか。
[ 2017/08/15 14:02 ] [ 編集 ]
終戦までのぐだぐたと、昨今のシャープや東芝などの状況がかぶってみえる。人間は弱いからな。
[ 2017/08/15 17:36 ] [ 編集 ]
安倍やネトウヨ、ネトサポがこんなときだけ犠牲者に参るなどおこがましい以外の何物でもない。調子こいてんじゃねー、と思ってる人が多い。

[ 2017/08/15 17:39 ] [ 編集 ]
全国戦没者追悼式について
ttp://www.kantei.go.jp/jp/singi/tuitou/dai2/siryo2_2.html

平成14年2月1日
厚 生 労 働 省

1.式典の趣旨

 政府は、我が国が、戦後平和の礎の上に大きく経済発展を遂げた蔭には、
先の大戦において、「多数の犠牲」があったことに深く思いをめぐらし、

国を挙げて、これら犠牲者に追悼の誠を捧げ、

多くの犠牲の上にもたらされた平和への思いを年ごとに新たにするため、

全国戦没者追悼式を実施している。

>多くの犠牲の上にもたらされた平和への思いを年ごとに新たにするため、

自民党の憲法改正では、
【平和憲法破壊】
(国際紛争を武力解決してもいいよ)
となる。

自衛隊を9条に加えて、9条を無効化する算段だろう。
[ 2017/08/15 20:10 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
フェイスブック
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク