情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.08.17 10:00|カテゴリ:政治経済コメント(30)

【騒然】台湾全土の半分で大停電!668万戸で被害、担当閣僚が辞任へ!原因は発電所の不具合


s_ice_screenshot_20170817-065504.jpeg


8月15日に台湾全土で大規模な停電が発生しました。報道記事によると、停電が発生した原因は北部・桃園市にある発電所で燃料の天然ガスを供給する装置に不具合が発生したからで、敷地内の6基の発電施設すべての運転が停止したとのことです。

15日午後4時50分頃に台北市や高雄市などの大都市で同時多発的に停電が発生し、その範囲は台湾全土の半分に及んでいたことが判明。
被害があった施設は計668万戸にも及び、各地で数時間ほど電気関連の設備が停止していました。

医療機関などは非常用電源で対応が出来たようですが、中にはエレベーター等が急に止まったことで閉じ込められるなどの被害があったと報じられています。
台湾電力を監督する李世光経済部長は辞任の意向を表明し、台湾全土を揺るがす大騒動に発展中です。

s_ice_screenshot_20170817-065425.jpeg
s_ice_screenshot_20170817-065435.jpeg
s_ice_screenshot_20170817-065438.jpeg
s_ice_screenshot_20170817-065459.jpeg

台湾全土の半数近く停電 担当閣僚が辞任意向
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170816/k10011101241000.html?utm_int=all_side_ranking-access_002

15日、台湾北部にある発電所で燃料を供給する装置に不具合があり、台湾の広い範囲でおよそ5時間にわたって停電となりました。エレベーターに人が閉じ込められたり多くの商業施設が一時、営業を取りやめたりするなど混乱が広がり、担当閣僚が責任を取って辞任の意向を示しました。































関連記事


ブログパーツ
停電前にUFOを見たってツイートしてた人もいたけど、tr3bじゃないかな?米軍?
[ 2017/08/17 13:01 ] [ 編集 ]
台湾は今回の事故で即辞任したのに
日本は、世界を揺るがす原発事故起きた時
誰もすぐには辞任しようとしませんでしたよね

台湾のトップ層の方がしっかりしてる。

そういえば、シャープも台湾企業に買収されてから黒字になりましたが
理由は 無駄遣いをなくしたから。
買収した会社の社長は「遊んでる人にはやめてもらった」
と言ってたので、誰かが相当な無駄遣いをしていたんでしょうね。
そんな大規模な無駄遣いができるのは会社のトップ層。

やっぱり日本のトップ層はダメですね。
[ 2017/08/17 15:06 ] [ 編集 ]
一方で、憲法違反、法律違反、自ら辞めると言ったにも関わらず、辞めようともしない政治屋がいる日本。(笑)
[ 2017/08/17 16:30 ] [ 編集 ]
台湾は脱原発などしていなければ少なくとも病院や消防施設など停電は防げたはずで、特に病院の停電は心肺や呼気関係の機器の停止による痛ましい事故を防げたと考えられます。原発は実は安全な設備であることはあまり知られておらず、東日本大震災のような巨大な災害においても放射能を起因とする死亡者はゼロであり、事故後の周辺放射線量においてもほとんどの区域がすでに問題ないレベルに達しています。日本人は放射能アレルギーなので、一部の方々が根拠の不明瞭な批判を繰り返すため避難解除はまだまだ先が長いですが、福島の事故はすでにアンダーコントロールであるといえるでしょう。(福島は一部放射線量が高いですが、その他関東より西日本のほうが放射線量は高いです。すでに関東圏はほぼ安全だといえるでしょう。)
[ 2017/08/17 19:58 ] [ 編集 ]
福一の日雇い労働者に、白血病で亡くなった方がいたような気がしますが。

また、福島の小児甲状腺がんの多発の原因は原発事故でした と統計学で証明されてしまった以上、
放射能を起因とするガン患者は増えたといえるでしょう。

福島の事故以降、 世界中で脱原発になっているのは
事故のリスクがあるからです。
東電や日本政府が 福島の原発事故による死亡者はいませんと 宣伝しているのにも関わらず
地震の心配がそれほどない海外でですら事故のリスクを懸念しているのです。

世界では、それほど 原発は危険 だという認識なんでしょう。

ちなみに、事故と病気の因果関係を証明するには、普通は、えらい時間がかかります、
イタイイタイ病は、1910年代にすでに患者がでているのに、
カドミウムが原因だと断定したのが1966年です。
水俣病は、1953年に最初に人間で発見され、1964年にようやく原因に関する論文が発表されてます。
ちなみに、病気が表面化してから 原因が断定されるまで、
例えば 水俣の魚は安全だ! 風評被害だ! と政府が宣伝してました。


[ 2017/08/17 20:10 ] [ 編集 ]
白血病はたしか死に至っていないはずです、それに白血病に至った原因も作業監督者が防護服をつけさせないで高線量区域で働かせたためで、福島原発事故と直接関係のない単なる人災です。福島の小児甲状腺がん増加はスクリーニングの影響です。それを裏付ける検査を政府は行っています。引用です。
環境省は、青森県、山梨県、長崎県の3県で行った、3~18歳の子供を対象にした甲状腺検査の結果を28日、発表し、甲状腺がんの発生率が福島県とほぼ同じだったことを発表した。福島第一原発事故による放射能汚染で、福島の子供の甲状腺がんが増えるとの懸念もあったが、その割合は他県とほぼ同じであり、「福島は安全である」ことが確認された。
[ 2017/08/17 20:23 ] [ 編集 ]

3県での甲状腺検査は、福島で3~18歳の約25万4千人を対象に行われた県民健康管理調査の甲状腺検査で、甲状腺がんが見つかったことを受け、比較のために行われた。福島ではしこりが見つかったのは約1800人(40%)、甲状腺がんやその疑いが見つかったのは74人だった。

これに対し、青森県、山梨県、長崎県の3県では、2012年11月から13年3月に約4300人を対象にして検査したところ、しこりが見つかった割合は約2400人で56%と、福島よりもその割合は大きかった。 今回、その後再検査が必要と診断された44人に対する追加調査で、結果の分かった子供は31人。そのうち、甲状腺がんが見つかったのは1人だった。母数が違うので単純な比較はできないが、がん発生率だけを見れば、福島と他県で変わらなかった。
[ 2017/08/17 20:24 ] [ 編集 ]
台湾のどこにも今回の停電により「病院の停電は心肺や呼気関係の機器の停止による痛ましい事故」はありませんが、日本の原発事故により沢山の方々がこの世から去りました。
[ 2017/08/17 20:53 ] [ 編集 ]
どこにもありませんと本当に言えるのでしょうか?報道されないだけで実際には医療事故は起きているかもしれません。病院ごとに確認したとも思えませんしね。台湾はどうか分かりませんが日本においては非常用電源の設置義務はないので原発がなかったために停電し、死亡事故が起こるという惨劇が起こる可能性は多分にあります。日本の原発事故では死んだ方はいますね、でも福島の放射能で死んだ方は一人もいません。
[ 2017/08/17 21:08 ] [ 編集 ]
この青森、山梨、長崎県の検査は 国立がん研究センターが全国の地域がん登録事業実施道府県に依頼したものですが
どこの病院が どのような患者に対して行ったものか 全く書かれていないし、母数も少なすぎるので、
完全な比較が行われていないように思えるのですが。

福島の場合、18歳未満 の人口は約32万人中 25万人を調査 つまり78%の若者を調査したので、
ほぼ無造作に選別された若者を調査してると考えられます。
対して、青森山梨長崎の場合、三県合わせて4300人です。
三県の18歳未満の人口は 約 20万+15万+25万=60万 ですが、この人口のうち検査を受けたのは 0.7%なのです。
それを福島と同じ土俵で比べることはできません。

しかも、この調査依頼者は 原子力安全研究協会 であって、医学の専門家でありません。
この調査を、国外の医学の専門家に発表したところで 相手にされませんし
[ 2017/08/17 21:29 ] [ 編集 ]
またこの調査、 調査をする前に テレビで宣伝を行っていたでしょうか。
少なくともNHKで放送されたような印象はありません。
この調査を受けた人は 自発的に受けてなく、 医者から 甲状腺癌の疑いがあるから 検査してみましょうか
と勧められて受けた可能性すらあるのです。
だって、患者だって 知らなかったら 検査を受けることなんてしないし、
少なくとも甲状腺癌の心配がないなら 時間を無駄にくってまで 検査を受けるメリットがないです。
医者だって、甲状腺癌の心配のない患者に 甲状腺癌の検査を受けませんか?と無駄なことを提案して、患者を無駄に不安にさせるのも嫌でしょう。
つまり、この検査を受けた人は無造作に選別された母集団でないのです。

これも 福島の検査と 同じ土俵で比べることのできない理由です
[ 2017/08/17 21:30 ] [ 編集 ]
調査依頼者が医学の専門化でないことに何か問題があるのでしょうか?数が少なくとも割合が変わらないことは事実です。多人数の統計データをとる場合、最大でも対象の3%までしか調査しない場合が多いのですがそれでも統計データの信頼性は高いと考えられています。
[ 2017/08/17 21:33 ] [ 編集 ]
医者から 甲状腺癌の疑いがあるから 検査してみましょうか
と勧められて受けた可能性すらあるのです。
よくこのような突飛な発想ができますね。あなたの言うとおりだったとしたら明らかに公平ではない不正な比較でしょう。3県の検査にかかわった医療関係者は何人いるのでしょうね、助手の看護士含めおそらく100人に届く程度いるのではないでしょうか。政府が大々的に両検査を比較したと公表しているので公平性を欠く検査をしていた場合、この100人のうち誰かが内部告発していてもおかしくないと思いませんか?あなたの発想は株式会社ムサシ陰謀説とよく似ていますね。
[ 2017/08/17 21:49 ] [ 編集 ]
0.7%の妥当性 ってありますか?
原発事故後の放射線による 子供の甲状腺ガン の調査は 世界でも ほとんど過去例がない調査です。

多人数の統計データを取る場合は最大でも3%というのは 過去にも似たような調査を行っていて先行研究が豊富だから
ある程度誤差率や変動係数、分散値などが存在してるから
データ数が3%でも、数値をより信頼性の高いものへ 調節できるから、それで十分なんでしょう。

しかし、今回の調査は 先行例が少なすぎるから、得られた数値を より信頼性の高いものへ 調節するための数値例がない
もしくは その信頼性もないのです。

先行例が豊富なものですら 最大3%なのに、先行例がほぼない調査で0.7%って、これじゃ 信頼性は低いと思いますが
[ 2017/08/17 21:55 ] [ 編集 ]
台湾の病院は非常用電源を用意する常識は昔からありました。日本はもっと丁寧に物事を考える国だと思います。台湾は脱原発宣言をしましたが、実際まだ動いています。原発があってもの停電事故でした。
台湾は小さい島でどうでもいいこともニュースになるくらいですので、本当に停電による病院の重大事故があれば、すぐ大ニュースになるはずです。証拠を出してから議論しましょう。想像力で簡単に台湾人を殺さないでください。
[ 2017/08/17 22:04 ] [ 編集 ]
地域全体の完全無作為であれば変動率など関係ないように思います。3%よりも精度が落ちるのはそのとおりでしょう。いずれにせよモニタリングポストによって全国の大体の放射線量は把握しており、食品の放射能計測も行っているのである程度の偏りみたいなものは把握できているでしょう。
[ 2017/08/17 22:12 ] [ 編集 ]
内部告発するには 証拠が必要ですが、ボイスレコーダーを常に回してる医療関係者は少数だと思いますが。
この調査 「患者は無造作に選択してください」とあらかじめ 通達がない以上
「甲状腺癌の疑いがありますが、検査しませんか? 今、国の機関が調査をやっているので 無料でできますよ 」
と医者が言っても何も問題がないし、そもそも、それは法律にも違反していません。
そう医者が提案してもいいのです、

もちろん、甲状腺癌の心配のないのに 検査をうけた患者もいますが
この調査は、甲状腺癌の心配のある患者もうけている可能性もあるんです。

本来の医学はこういう疑惑は潰していって、より信頼性を高めていくものです、
こういった、懸念が残っている以上、この調査は信頼性がないのです
[ 2017/08/17 22:18 ] [ 編集 ]
確かにそうですが証拠がないからといってマスコミを完全に信用しきるのも危険だと思います。マスコミが大規模な公的病院から個人の小規模病院まで全てに確認を行ったとは物理的に考えづらいですし、医療事故を隠蔽する体質は世界一正直である日本人にさえもあるところです。原発稼働中であったとのことですが、すでに台湾では原発は停止の方向に向かっており2017年現在すでに3機が運転を停止しているそうです。
[ 2017/08/17 22:19 ] [ 編集 ]
発生率だけを見たならば分母と分子の割合から同等であるといえますね。内部告発にボイスレコーダーなど要りません。あればよりよいでしょうが、同じような告発が数件寄せられるだけでその証言の証拠能力は格段に高くなります。そうなれば実際に検査に携わった医師などを個別に聞き取りし、その整合性の裏づけを取るだけで事実かどうかを判断できます。どういった経緯で調査を行ったのかは私は調べていませんので無責任な発言は控えますが、基本的に公の発表は信用できるものだと思っています。もし甲状腺がんの疑いがあるもののみを調査したというのであれば私にも一報願います。
[ 2017/08/17 22:25 ] [ 編集 ]
20:24の私の書き込みをご覧ください。ソースにしたのはこちらのサイトです。
ttps://the-liberty.com/article.php?item_id=7616
[ 2017/08/17 22:34 ] [ 編集 ]
西日本が放射線が高い。当たり前だよ。自然由来のがあるからね。福島が安全?安全なわけないよ。あるはずのないものがわんさか出てるんだから。
フクイチで働いて、はやく溶け落ちた燃料をどうにかしてからご託並べてね。ネットに張り付いてカキコばかりしてる自衛隊にスカウトされた自称経済人さんとやら。
[ 2017/08/17 22:47 ] [ 編集 ]
九州で10万人程度の甲状腺調査をすると、スクリーニング効果または過剰診断で複数人に甲状腺ガンが発見される。
これらは通常放置して問題ないものも含まれるため、国民特に女性と子供の負担が増加する。
だから、やるべきではない。
そして、これが比較を難しくしてる理由。
[ 2017/08/17 22:59 ] [ 編集 ]
得られた数値を より信頼性の高いものへ 調節するための数値
得られる統計データそのもののもつ性質みたいなものです。
全国の放射線量や食品に含まれる放射能から得られる者ではありません。
3%ですむような調査は 過去例が豊富で、そのデータのもつ癖が十分よくわかっているから、
より信頼性の高くなるように調節できるのです、だから少なくてもいいのです。
しかし、今回の調査は、あまりよくわかっていないデータで、過去例もないから調節が効かない。
だから0.7%じゃ 信頼性がないから、福島のように70%のデータの信頼性に太刀打ちできない。
つまり、0.7%の確率と 70%の確率は同じ と言えないのです。


それに公の発表は信頼できるって思考停止だと思うのですが、
公の発表は信頼できるのもありますが、それはきちんと調査し、信頼性への懸念を潰していったものです。
今回のは、多くの懸念が残っています。信頼性はそれほど高くないでしょう。

過去に 東大教授が 水俣病の原因は ビタミン不足と公に発表しました、
おそらく、ちゃんと信頼性の高い調査をしてこなかったのでしょう。
信頼性の低い調査結果からは、間違った結論しか導けません
それほど、病気と事故の因果関係を見つけるのは難しいのです
だから、調査の信頼性が重要になります
[ 2017/08/17 23:08 ] [ 編集 ]
>ちなみに、病気が表面化してから 原因が断定されるまで、
>例えば 水俣の魚は安全だ! 風評被害だ! と政府が宣伝してました。

補足しておくと、原因は不明ながら水俣湾の魚が怪しいと思った熊本県は食中毒事件として流通を禁止しようとした。
ところが、それにストップをかけたのが国。市民の生命と健康より国策企業を守ったんだな。
まあ、半世紀以上前と根本的なところが変わっていないということなんだろうな。
[ 2017/08/17 23:30 ] [ 編集 ]
難しい問題ですね、確かに今後水俣病のように放射能の危険性が見直され安全の基準ももっと厳しいものになるのかもしれません。しかしですよ、放射線に関する研究は19世紀から始まっており、原発事故も福島が初めてと言うわけではなくチェルノブイリを筆頭として世界各国で起きています。しかしそれでも原発の増設は現在まで続いているのは放射能の安全性が究明されてきたからではないでしょうか?国連が放射能に関する基準の策定として使用するICRPのデータはこれまでの放射能研究の結晶ともいえその信頼性は世界一であると言えます。欧米でもICRPのデータに基づき放射線被爆の基準値を制定しています。ICRP勧告内のLNTモデルによると低線量(200msv以下)におけるがんの増加率は高いとはいえず、日本が過剰に放射能を恐れていることが分かります。
[ 2017/08/17 23:37 ] [ 編集 ]
セシウムやヨウ素だけの検査で、世界で信頼性NO1とかなんだか解んないけど、200msvまで安全とかって言って、全く他のストロンチウムやプルトニウムは無視して何が信頼性NO1なの?


 
[ 2017/08/18 00:56 ] [ 編集 ]
 ICRP 国際放射線防護委員会 wiki

日本との関係

2007年の勧告では、1年間の被曝限度となる放射線量を平常時は1mSv未満、緊急時には20~100mSv、緊急事故後の復旧時は1〜20mSvと定めている。この勧告に基づき、2011年に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う福島第一原子力発電所事故に際し、ICRPは日本政府に対して被曝放射線量の許容値を通常の20~100倍に引き上げることを提案した。ただし、事故後も住民が住み続ける場合は1〜20mSvを限度とし、長期的には1mSv未満を目指すべきだとしている 。これを受け内閣府の原子力安全委員会は、累積被曝量が20mSvを超えた地域において防護措置をとるという方針を政府に提言した。


 
[ 2017/08/18 01:11 ] [ 編集 ]
バカdoragonは内部被曝は一切無視

天然の放射性物質と人工の放射性物質の違いも理解出来ない。

科学者でもないのに断言するアホ

可能性を一切無視する知恵遅れ

放射線での被曝により染色体が切断され再生される時にミスが起こり癌が発生する事は科学的に証明されています。

福島の原発事故により放射性物質は拡散されました。

日本人の全てが少なからず被曝しました。

放射能の影響がない方は存在しません。

癌等の病気、突然死と放射能の因果関係が証明出来ないだけで確率はゼロではない。

安全だと思うならメルトスルーした原子炉に入って来いよw
[ 2017/08/18 04:38 ] [ 編集 ]
青森や山梨、長崎の調査は 2012年11月~13年3月 と事故後 1〜2年のデータです。それも高性能のエコー診断機を使っています。
対して、チェルノブイリに事故後 4年経つまでは高性能エコ診断機を使っていません。
事故後1〜2年,のデータは 青森山梨長崎のデータと相関性をもつとできないのです。
使ってる道具が違いますから。
つまり、チェルノブイリのデータで青森山梨長崎のデータを調節できないです、

しかも青森山梨長崎のデータを調節するには、原発事故後 1〜2年以内で 高性能エコー診断機を使っているデータが
多数必要です。
たくさんないと、そのデータのもつ性質 なんかわからないのです。

つまり 青森山梨長崎のデータは、サンプル数が少ない+信頼性の高めるために必要な数値もない
ので信頼性がないのです

科学の学術論文を書いたことありますか?
これは基本的なことです。
[ 2017/08/18 10:50 ] [ 編集 ]
いくら権威がある 団体だろうが、同じような道具、方法で計測したデータ数が多数なければ 信頼性も高くない。
権威があるから、信頼性が高い これは思考停止そのものだし、真実から遠ざかることもあるのだ。
小保方さんの STAP細胞 に関する論文だって 権威がある、それも世界一の学術論文集だ。
権威があるからって全てが正しいわけではない。

実際に 論文を読んでご自分の頭で考え、真実に近づける方法なのですが
そんなことすら知らず、何も考えずに今までコピペしてたんですか?

そうだとしても、あなたのコメントは 自分で思考した形跡もないし、
ほとんど本当に正しいか怪しい情報源のコピペなので、信頼性のないコメントだと思いますよ。
[ 2017/08/18 22:22 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
フェイスブック
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク