情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.08.24 13:00|カテゴリ:政治経済コメント(27)

【残念】全国で書店が激減、書店ゼロ自治体が2割に!ネットや大手に集約!文化拠点の衰退か


s_ice_screenshot_20170824-090244.jpeg


全国各地で書店が閉鎖しており、書店ゼロとなる自治体が急増していることが分かりました。

報道記事によると、書店が地域に1店舗もない「書店ゼロ自治体」は、香川を除く全国46都道府県で420の自治体・行政区もあり、全体の2割強まで増加しているとのことです。
原因はネットの普及やブックオフのような大手企業が増えたことで、都市部の売れる場所以外の書店は消えかけています。

問題なのは減少に歯止めがかかる気配がないことだと言え、文化拠点の衰退に繋がるという声も多いです。


書店ゼロの自治体、2割強に 人口減・ネット書店成長…
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170824-00000007-asahi-soci

 書店が地域に1店舗もない「書店ゼロ自治体」が増えている。出版取り次ぎ大手によると、香川を除く全国46都道府県で420の自治体・行政区にのぼり、全国の自治体・行政区(1896)の2割強を占める。「文化拠点の衰退」と危惧する声も強い。
























関連記事


ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
まあ、「利便性」と「経済の自由競争」からすれば、こうなることはあり得るよな・・・
それが妥当か否かは別にして・・・
[ 2017/08/24 13:28 ] [ 編集 ]
個人経営がTS◯TAYA経営に変わったら置かれる本の質が落ちた。レンタルビデオ店もそう。
「本や映像は知的文化」という考えがそもそも無いのかね。
[ 2017/08/24 13:30 ] [ 編集 ]
文庫本の巻末の言葉を読むと、出版人にも良心というべきものがあると思われるが、利潤獲得の効率性ばかり追求していくならば、大衆の平均的知性と嗜好に合ったものが大量に供給され、結果的に思考の単純化と画一化が進んでいくことが予想される。
そのような中でも書店にいけば、店内を見て回っているうちに、初めは購入する気がなかった表紙や標題が目に入って、思いがけない良書と出会う可能性もあろう。
これに対し、ネットで自分が興味がある書籍、もっといえば自分が期待する結論が書いてありそうな本だけを検索して購入するようになれば、柔軟な思考力も失われていく傾向になるのではないか。
そのこと自体、社会を単純でつまらないものにしていったり、他者の異なる思考様式や価値観に想像力が及ばない偏狭なものにしていくであろうが、政治的にみても画一化された知識と価値観をもつ大衆しかいなくなれば世論操作が容易になることが危惧される。
[ 2017/08/24 13:33 ] [ 編集 ]
読書しない、活字が苦手って人も増えてるんじゃないのか?
それに、大型店に行けば本以外にも色々と商品あったり便利だからね
[ 2017/08/24 13:38 ] [ 編集 ]
本屋さん文房具やさん大好きというひとはたくさんいるのに…。大手が広面積で来てしまうと小さなお店は潰れる(T_T)

せめて大手でも優良本屋がくるならまだしも、確実に売れる本と雑誌しか置かないスッカスカの大手がきて小さい店を潰すだけ潰して採算とれなきゃサッサカ退去では浮かばれない。
トゥターヤ、お前だよ!
[ 2017/08/24 13:54 ] [ 編集 ]
田舎に住むのもいいが、大型図書館と大型書店に電車で行くのが困難な「僻地」には住みたくない。アホになる。
[ 2017/08/24 14:11 ] [ 編集 ]
実際、本屋で現物見て買う時も多いんだけどね。
立ち読み客も、客のうち。
[ 2017/08/24 16:39 ] [ 編集 ]
以前、関西の紀伊国屋に行ったときにはスゲー量の本に圧倒されたことを覚えているが、俺自身も本屋に足を運ばなくなったな。
ぶっちゃけ、本を買うお金がない、が理由なんだけど、昔は本屋に行って、ちょっと立ち読みして、面白かったら買う、ができたんだけど今はできんね。

ちなみに俺は本を読むなら別に漫画でもラノベでも構わないと思ってる派。
想像力と表現力を育むために書物に触れることは大切だと思ってるからで、そこに高尚も低俗もないと思う。
[ 2017/08/24 16:40 ] [ 編集 ]
2つの問題が混在しているかな。
1つは池袋のリブロや、各中規模都市などのTSUTAYAなど、大きな書店も経営がたちゆかなくなっているということ。
もう1つは、各地の小さな本屋さんがものすごい勢いで減っていること。
前者は出版界全体にかかわる問題。
敵は活字離れとamazon。
後者は過疎化と、本屋という根本的に効率の悪いやり方の問題。
さすがに数えるほどの本棚に半分は雑誌(そのうちの何割かは大人向け)、文庫は文芸は棚ひとつくらい、話題の新刊も手に入らない、欲しい本があったら奇跡、という本屋じゃ、支援のしようもない。
[ 2017/08/24 16:49 ] [ 編集 ]
文化的な嗜好は為政者の好み(趣味)に影響される。
かって、学問好きの殿様の藩では学問が盛んになり、能楽の好きな殿様なら能が流行り、囲碁好きの殿なら囲碁が流行った。
今も変わらないだろう。
[ 2017/08/24 16:56 ] [ 編集 ]
本が、高いせいもある
[ 2017/08/24 17:01 ] [ 編集 ]
本は、電子書籍として購入することがここ数年増えてきました。
[ 2017/08/24 17:49 ] [ 編集 ]
ネトウヨ本の架空発注、税金を使った大量購入など
ランキング操作にご注意下さい。
[ 2017/08/24 18:32 ] [ 編集 ]
おこづかいゼロ人間が多すぎる
派遣や非正規等の雇用条件悪化で、単純に想定読者の購買力が減ったせいじゃないの。

実際電子書籍ですら利用者減で苦戦してるのに、わざわざ本屋で本を買うなんて余裕
のある奴なんか少数だろ。

”サービス受けたくとも銭はなし”、これが金離れのいい多くの若者の実態。
[ 2017/08/24 19:22 ] [ 編集 ]
amazonでレビューをチェックし、書店で現物を見て買う俺は時代に逆行しているのか? 
目当ての本を探して書店巡りをするのも楽しみの一つ。どうしても見つからない時は近所の書店で注文する。偉そうな言い草だが、俺なりのささやかな応援のつもり。
amazonで買うのは特に急ぐ時と古書を買う時ぐらいだな。
紙の本と電子書籍、店頭と通販、それぞれ一長一短あるから上手に利用すればよいと思う。でも、町の書店が減るのはやはり寂しいな。
[ 2017/08/24 20:36 ] [ 編集 ]
ぼ~っと本長めに行くのが好きなんだが確かに近場にないわ
[ 2017/08/24 20:42 ] [ 編集 ]
映画華氏
451の世界を国民自ら華氏状態
[ 2017/08/24 21:51 ] [ 編集 ]
本屋なんて行かないので全く困らないですね
[ 2017/08/24 22:08 ] [ 編集 ]
そりゃ本屋にも行かない馬鹿は全く困らないでしょうね。
[ 2017/08/24 22:17 ] [ 編集 ]
文科系とか文学部とかはよ廃止せい!
[ 2017/08/24 23:38 ] [ 編集 ]
CD、DVD、本は高すぎるね
だけどB●●■○フは芳香剤染み付いてて買う気しない
[ 2017/08/25 00:13 ] [ 編集 ]
22:17
本屋に行かないと馬鹿とはずいぶんと面白い価値観してるな
[ 2017/08/25 01:28 ] [ 編集 ]
猫も
杓子も本を書くようになり、安物の軽薄な本やビジネス本が
山のように書店に並んでる。

はいて捨てるゴミのやま。

もう、書店じたいシャッターを下ろしたほうがよい。

[ 2017/08/25 09:32 ] [ 編集 ]
[ 2017/08/25 01:28 ] 名無し
「本屋にも行かない馬鹿」≠「本屋に行かないと馬鹿」
前者は「馬鹿だから本屋に行かない」、後者は「本屋に行かないから馬鹿になる」。
因果関係が異なる。
がんばれ! 夏休みももう終わりだ! 本屋に行ってたくさん本を読んで読解力をつけよう。
[ 2017/08/25 10:55 ] [ 編集 ]
読むべき本は意外に少ない。取り寄せでも何とかなる。(でもアマゾンには設けさせたくない)
[ 2017/08/25 11:43 ] [ 編集 ]
2017/08/25 10:55
何で馬鹿な奴は本屋に行かないって発想になるの

前提がメチャクチャ短絡的すぎてこっちまで頭おかしくなりそう
[ 2017/08/25 13:55 ] [ 編集 ]
ちなみに「2017/08/24 22:17」≠「2017/08/25 10:55」ね。
僕は10:55の方。
馬鹿な奴は本屋に行かないっていうのも、短絡的といえば短絡的かもしれないけど、そこまでつっかかる話にも思えない。
憶測、主観が入り乱れるネット界でなんでこのコメントにだけひっかかったんでしょう?
[ 2017/08/26 12:17 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク