情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.09.07 19:00|カテゴリ:政治経済コメント(14)

中国政府高官の発言が物議!孔鉉佑・外務次官補「東京の上空を越える発射を行うシナリオも」


s_ice_screenshot_20170907-142843.jpeg


中国政府高官が日本政府に投げ掛けたコメントが物議を醸しています。
報道記事によると、8月30日に中国の孔鉉佑・朝鮮半島問題特別代表兼外務次官補が日本の国会議員団と北京で会談した時に、「次は、東京の上空を越える発射を行うシナリオも考えられる」となどと発言したとのことです。

この会談があった前日に北朝鮮がICBM発射をしていたことから、それを比喩するような発言だったと見られています。中国政府は北朝鮮への強い経済制裁には反発しているだけに、あえて強い言葉を使って日本の自粛を促した可能性もあり、中国政府高官の発言を巡って憶測が飛び交っているところです。


中国高官「次は東京上空」 日本に強い言葉で抑制対応要請か
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017090601001762.html

 中国の孔鉉佑・朝鮮半島問題特別代表兼外務次官補が8月30日、日本の国会議員団と北京で会談した際、北朝鮮の弾道ミサイル発射を巡って「次は、東京の上空を越える発射を行うシナリオも考えられる」と発言していたことが分かった。根拠は示さなかった。北朝鮮は前日の29日に北海道上空を通過する弾道ミサイルを発射。圧力強化を求める日本に対し、中国側が強い言葉を使って抑制的な対応を促そうとした可能性もある。日中外交筋が6日、明らかにした。






















関連記事


ブログパーツ
上空をミサイルが〜って煽っても、実際は宇宙空間だろ。
[ 2017/09/07 19:32 ] [ 編集 ]
ごく普通に北朝鮮だったら考えそうなルートだと思うが
[ 2017/09/07 19:49 ] [ 編集 ]
まーらがぴーね
別にどうでもいい
無視無視。好きにすればいいさ。
[ 2017/09/07 19:55 ] [ 編集 ]
「上空を越える」で、大騒ぎしても仕方ないやん。
すでに北海道の上空はるか上の宇宙空間は越えたわけで〜∧∧;
[ 2017/09/07 19:57 ] [ 編集 ]
日本会議、清和会、政治献金、軍需産業

口実作り。
[ 2017/09/07 20:01 ] [ 編集 ]
ミサイルの弾道の最高点(地上500km)の下を毎日毎時人工衛星(国際宇宙ステーションなら400km)が周回しているんだ。
北朝鮮のミサイルよりもオスプレイの事故(墜落)を心配した方がいい。
[ 2017/09/07 20:23 ] [ 編集 ]
ガテンのじいさんかい
[ 2017/09/07 21:29 ] [ 編集 ]
ミサイルより地震の心配をした方がいいよ。X9.3の大規模太陽フレアが発生してるようだ。8日の夜頃、太陽風が地球に到達するらしい。
[ 2017/09/07 21:31 ] [ 編集 ]
多分東京は後の楽しみだと思う。
東京って標的は、本当は北朝鮮としては取って置きたいところでしょ。
だから、無いと私は思う。
一番狙いたいところだから・・・・
東京を通ったら、大変な大騒ぎになる、バカな連中が舐められたと思うだろ。
今までの遠慮がちにやっているところから、東京をやれば守備をガチガチにしてしまうだろうから、北朝鮮にとっては得策ではない。

[ 2017/09/07 21:54 ] [ 編集 ]
アントニオ猪木議員が平壌到着 党幹部と会談予定だっさ。
[ 2017/09/07 22:39 ] [ 編集 ]
東京上空を狙うつもりがプログラムを180度間違えて北京に落下ということもあるぞw
[ 2017/09/07 22:52 ] [ 編集 ]
日本が政府の方針で過剰反応をしているのを知っていて、先に釘を刺しただけだと思う。

大事にし過ぎて、日本が暴発したら取り返しの付かない事になるからね。大事にしたがってる誰かさんの意図が見透かされてるんだよ。
[ 2017/09/08 00:17 ] [ 編集 ]
金豚にビンタ入れたれや猪木
[ 2017/09/08 12:29 ] [ 編集 ]
↑ 闘魂の気合いを入れてどうするw
[ 2017/09/08 13:05 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
フェイスブック
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク