情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.10.05 22:00|カテゴリ:政治経済コメント(9)

【異例】大麻で懲役1年6か月の有罪⇒検察「求刑が重すぎた」 検察が判決の取り消しを要請へ


s_ice_screenshot_20171005-161302.jpeg
*検察


裁判所の判決について検察側が「求刑が重すぎた」として、判決の取り消しを求める異例の控訴をしていたことが話題になっています。

この事件は今年3月に、東京地方裁判所が大麻取締法違反事件の被告に懲役1年6か月の有罪判決を言い渡したという内容で、判決後に検察側が過去の判例と比較したところ、同じ内容で懲役1年超えが無かったことが判明。
検察は直ちに判決を見直すために控訴を行い、それによって懲役の期間が3分の1の6か月に変更となりました。

検察の不当な求刑が問題だったと同時に、それを見逃していた裁判所や弁護士側にも疑問があり、専門家からは「検察の不当な求刑を見過ごした裁判所や弁護士も今回の事態を重く受け止めるべきだ」などと指摘されています。

裁判所は検察の言いなり状態になっている面も見られ、ネット上ではこの騒動をキッカケにして、日本の司法制度その物に疑問の声が相次いでいました。


「求刑重すぎた」検察が判決取り消し求める異例の控訴
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171005/k10011168041000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

s_ice_screenshot_20171005-161104.jpeg
s_ice_screenshot_20171005-161114.jpeg
s_ice_screenshot_20171005-161129.jpeg
s_ice_screenshot_20171005-161156.jpeg
ことし3月、東京地方裁判所が大麻取締法違反事件の被告に懲役1年6か月の有罪判決を言い渡したことについて、検察が「ほかの同じような事件と比べて求刑が重すぎた」として、判決の取り消しを求める異例の控訴をしていたことがわかりました。2審では懲役の期間を3分の1の6か月に見直す判決を言い渡していて、専門家は「検察の不当な求刑を見過ごした裁判所や弁護士も今回の事態を重く受け止めるべきだ」と指摘しています。























関連記事


ブログパーツ
忖度に染まりすぎてるから
そういう失策が出てくるのよね
[ 2017/10/05 22:08 ] [ 編集 ]
籠池夫妻どうしてるだろう。選挙終わるまでやっぱ。
[ 2017/10/05 22:11 ] [ 編集 ]
加計学園の監事が最高裁判事に
木澤克之に×
[ 2017/10/05 22:49 ] [ 編集 ]
大麻関連という所が何か怪しい。利権絡みで上から圧力があったか。
[ 2017/10/05 22:55 ] [ 編集 ]
他の国を見ればわかるように大麻は税収を上げる最大の道具。
企業やマフィアも大麻を売って大儲けできる。
一部の政治家もひそかに解禁に向けて動き出していると考えるのが自然だろうな。
大麻利権は日本人が思っているよりもずっと巨大だ。
[ 2017/10/05 23:26 ] [ 編集 ]
過去の判例が求刑と判決に反映されるのはある程度仕方ないと思うけど、悪質なら重い判決を下してそれを新たな判例にすればいいじゃんか
もちろん法定の範囲内でだけど
[ 2017/10/06 01:45 ] [ 編集 ]
そのからくりが全く表にでてこない宗教経由の通販の利益 について調べておいてどうぞ
[ 2017/10/06 07:19 ] [ 編集 ]
判決に不服で控訴するなら高裁では。でも検察が高裁で減刑を嘆願したら無罪になるかもw
でも、過去例にない判決を問題にすべき側は検察ではなく裁判所では。
[ 2017/10/06 07:25 ] [ 編集 ]
大麻解禁への布石か。
[ 2017/10/06 07:33 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
フェイスブック
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク