情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.10.07 15:00|カテゴリ:政治経済コメント(20)

安倍政権下で内部留保急増!5年間で100兆円以上も増加、年20兆円のペース!人件費の割合は低下


s_ice_screenshot_20171007-010919.jpeg
*東京


安倍政権の五年間で企業の内部留保が激増していたことが分かりました。報道記事によると、この五年間で内部留保の量は年20兆円のペースで100兆円以上に増え、過去最大の数字を更新したとのことです。

逆に賃上げに回ったのは4年間で4兆円程度で、人件費の比率は4%に低下しています。これはマイナス金利政策などで銀行への不信感が高まっている上に、法人税減税で企業の保有現金が増えたからです。
また、海外企業からの買収を防ぐ目的もあり、流動化する社会情勢の中で資金をあまり使えないという背景があると言えるでしょう。

内部留保を減らすためには法人税増税が手っ取り早く、人件費をもっと使うように促す必要があります。


内部留保急増、賃上げ鈍く=拭えぬ将来不安―検証・安倍政権【17衆院選】
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171006-00000091-jij-pol

 安倍晋三首相は、5年近く経済政策「アベノミクス」を推進してきた。この間、企業が利益を蓄えた内部留保が100兆円以上増えたのに対し、賃上げは鈍いままだ。将来不安は払拭(ふっしょく)されず、前回衆院選で自民党が公約に掲げた「経済の好循環」を国民は実感できていない。
























関連記事


ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
法人税や所得税を減らし消費税を増やして、貧しい者にも割合ではなく金額の絶対量ベースで同じ税金を取り立てることのないような適切な累進課税の方向が弱まって(逆進性が高まって)いる
とシンプルな図式で捉えることもできるが、
一般に経済について議論されているよりももっと根本的なところで、現代社会の生活様式(一度自分の物にしたインフラ)と経済システム(資金が多ければ投機の手元作業のみで増やせる)からすると、富裕層は怠惰であっても儲けることができるのであって、
社会全体の発展性のために、富裕層を無為に肥やすような逆進性の課税システムは、改めなければならない
[ 2017/10/07 15:15 ] [ 編集 ]
「内部留保でBI出すの?ならBI分は賃金カットね」ってなるだけ
せいぜい一回しか使えないアホの手段
[ 2017/10/07 15:21 ] [ 編集 ]
不安だけが増大したアベノミクス
そりゃ、あの大会社のシャープや、東芝、三井物産、三菱商事まで、赤字だぜ。

内部留保をいくら貯めても、不安はぬぐえない。

設備投資になんか、(金が)いくかよ。
[ 2017/10/07 15:34 ] [ 編集 ]
トランプ大統領も内部保留に対し非常に厳しい姿勢を示しているが、日本もこの内部保留に対しもっと真剣に取り組むべきですね。もしくは消費税そのものにメリハリを持たせ、低所得者に優しい税制度で対応すべきなのです。(欧州のように食費関連は低率で、車や海外旅行などには高率課税とするなどです)
[ 2017/10/07 15:35 ] [ 編集 ]
竹中さんが会社は株主の物って言ってたの
思い出した、ちょうど小泉政権の時だったかな?
労働者ってのは 何なんだろうね
今のままではお金は集まる所が
大体は決まってるようで
先行き不安だよ
[ 2017/10/07 15:43 ] [ 編集 ]
労働分配率を低下させ、上前をピンハネする。竹中らが頭の軽い神輿(小泉、アベ)を担いで推進してきたコーポラティズムの成果です

企業の、企業による、企業の為の政治
[ 2017/10/07 16:04 ] [ 編集 ]
でんでん政権は上から下まで日本を不安にしただけだ。やるべき事をやらず、全ての体力を弱らせている。藪医者のごとく挙がって来た数字だけにしがみつくが、そこから本当の意味を汲み上げる能力は無い。目の前に患者が居るのに、藪医者は実態よりデータの数字から目が離せないようなモノだ。誰か他の者に変われ。国難だ。
[ 2017/10/07 16:10 ] [ 編集 ]
[ 2017/10/07 15:43 ]
>竹中さんが会社は株主の物って言ってたの
>労働者ってのは 何なんだろうね
資本主義の常識ですけど。会社は株主の物、労働者は経営資源(人・物・カネ)の一つ。
日本じゃ労使一体とか車の両輪とか組合でも経営参加者になるが明治の真正資本主義からは異端。
異端だからこそ日本が発展したんだが。アメ資本による支配で日本独自の相互信頼関係も終了。
日本の労働者も給料に関係しない部分の会社や客への気遣いとか無くなるんじゃないかな。
[ 2017/10/07 16:58 ] [ 編集 ]
■小池氏と維新、竹中平蔵氏が仲介 橋下氏も「密約を」
朝日新聞2017年10月1日08時05分

希望の党
裏顧問 竹中平蔵?

しがらみのない政治?
竹中平蔵としがらみ
げええ

内部留保吐き出すどころか、逆じゃん
[ 2017/10/07 17:00 ] [ 編集 ]
今日も千葉で大法螺吹きまくる国難
あすはいずこへ
[ 2017/10/07 17:40 ] [ 編集 ]
給料をアップさせるには経営側にお願いするんじゃなくて、ストライキをして無理強いしてベースアップをさせないと。
でないと何処までも行っても内部留保を溜め込むだけだよ。
[ 2017/10/07 17:45 ] [ 編集 ]
内部留保は国家にすべてゼロ金利で預託することとし、そうでない場合は、内部留保を資産とみなし資産課税として年利換算で額面の10パーセントの税金をかければよいだろう。
[ 2017/10/07 18:41 ] [ 編集 ]
経済政策とか国家レベルの壮大なスケールで語る

プータローな俺にはぜってえできねえ。んな事考える暇あったら、どうやったら商売うまくやれるか考えた方が儲ける。

うまい話にはとっくの昔に誰かが感づいてやってる。それをOECDなどの政策提言する国際機関が嗅ぎつけて調査する。
そこらで問題提起されると、数年内に穴が塞がれる。別の手を考えないと行けなくなる。
中には非合法を取り締まる対策で有難いものもあるけど、普通に商売やってる一般人もとばっちり受けるような政策もあって、(欧米では)リストラされて止むを得ず自営業が増えている昨今、増えるペーパーワークや手続き、新たな面倒臭い法規制で、一部の人らのために小企業や個人でやってる所までもが大迷惑する構図。
文句あるんなら機関に提言すれば良いだけの話という人がいるかもしれんが。一応表向きは民主主義を標榜してるし。あの手の機関ってのは、国家や大企業が音頭とってやってた時代から残っている恐竜みたいなもんで、既に時代にあってない。まあ、あの手の機関や国家が潰れても生き残るのは一般人だし、生き残るには不満言うより環境に合わせてなんとかやってく事考えるしかない。
[ 2017/10/07 19:13 ] [ 編集 ]
>内部留保を減らすためには法人税増税が手っ取り早く……

その通り。
しかも消費増税は景気悪化を導くが、内部留保が減っても
景気には関係ない。
[ 2017/10/07 19:54 ] [ 編集 ]
その通りすぎる
[ 2017/10/07 21:24 ] [ 編集 ]
内部留保に課税し、消費減税もしくはベーシックインカムの財源にする
内需を活性化させるに最も有効な方策かと思いますが

如何ですかね?小池さん、枝野さん?
[ 2017/10/07 23:57 ] [ 編集 ]
これからは消費税減税と法人増税をセットにしてくれ!
[ 2017/10/08 00:02 ] [ 編集 ]
宗教課税も忘れずに!
[ 2017/10/08 19:49 ] [ 編集 ]
法人増税から零細は除外してください~(>_<)内部留保なんたあるわけもなく事業税払うに必死な自転車操業でござる

タクスヘイブン禁止でよろしく
[ 2017/10/08 19:56 ] [ 編集 ]
黒い札ビラ
黒田のはったり 静かに消えた
アベノミクスは実らぬ 遠い夢
俺は知ってる
国の汚さ 国のえげつなさ
だかぁら だかぁら もう国なあんて
信じない
信じないのさ
[ 2017/10/11 08:16 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク