情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.10.17 13:00|カテゴリ:政治経済コメント(17)

ドナルド・トランプ大統領、11月5日から来日!拉致被害者の家族と面会へ!アジア各国を歴訪!


ice_screenshot_20171017-073527.jpeg


11月5日にアメリカのドナルド・トランプ大統領が日本を訪問し、北朝鮮に拉致された横田めぐみさんの家族らと会うことが確定となりました。トランプ大統領は初めてのアジア歴訪となり、日本の次は韓国や中国を訪問する予定です。

主に北朝鮮関連で各国と調整を行うのが目的だと見られ、拉致被害者の家族と会うのも大きな意味があると言えるでしょう。ホワイトハウスもアジア訪問の日程を正式発表し、問題がなければ11月5日から11月12日の日程でトランプ大統領のアジア訪問が始まります。


トランプ大統領 来月5日から日本訪問 拉致被害者家族と面会へ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171016/k10011179761000.html?utm_int=all_side_ranking-social_004

アメリカのホワイトハウスは、トランプ大統領が来月5日から日本を訪問し、日米首脳会談を行うほか、北朝鮮による拉致被害者の家族と面会すると正式に発表しました。






























関連記事


ブログパーツ
砲弾買え、買え。
自動車買え、買え。
ミサイル買え、買え。

買え、買え外交。
[ 2017/10/17 13:13 ] [ 編集 ]
しかしその拉致被害者がいる国に先制攻撃する可能性もあるわけで…トランプはどんなつもりで、なにを約束するつもりがあるのか。多分なにも約束しないんでしょう。

今までこの問題を長らく放置してきたのも、核開発を許したのも、結局はアメリカと自民党。
未知数のトランプはともかく、どうして安倍なら頼れると右派は思うのかな。何か成果あげましたっけ?
自国内の権力濫用を抑えるための憲法を改正したからといって他国からミサイルが飛んでこなくなるわけでもないし。例えば軍隊持ってる韓国に何かができてるわけでもないし。飛んでくるものは飛んできます。
右派こそ逆に憲法改正にお花畑の夢でも見てるんでは。
[ 2017/10/17 13:14 ] [ 編集 ]
つまり、トランプがアジア訪問の間は北朝鮮有事は無い、という事だな。11月半ばまでは無い、という事だ。しかし、アメリカの都合でどうにでも成る、というのはどうもよく分からない所だな。どこまで危機が迫っているのやらいないのやら、トランプの一人芝居が無いのか、怪しい。北はそこまでクレージーでは無いようにも見える。冷静にアメリカを見ているような、どこまでも防衛の一環のように見えて来る。トランプはサッパリ分からない。彼は大統領としては生きていないように見える。政治家、では無いと思って見れば、一番納得が行く。トランプという特異なキャラクターが居る、その人がアメリカの権力を握ってしまった、という世界観だ。これ以外、腑に落ちない。危険極まりない世の中である。
[ 2017/10/17 13:15 ] [ 編集 ]
お涙頂戴、北朝鮮許せません、という雰囲気作りかな。
[ 2017/10/17 13:26 ] [ 編集 ]
ミサイル飛ぶかな?
[ 2017/10/17 13:29 ] [ 編集 ]
まさかと思うが反安倍はトランプの前でもプラカード持っていくはやめておけ
[ 2017/10/17 13:29 ] [ 編集 ]
おいおい。
何考えてんだ?安倍がアメリカ行けや。
トランプがこっち来てそこにミサイル撃たれたら、同時に二大国の首脳がアボーンだろうが。

…まぁ、北のミサイル騒動が作られたものではなく、正真正銘ガチな戦争の危機であれば、という仮定の上での話だがな。

俺には、この安倍トランプ両者の弛緩しきった思考を見ると、どうもそうではないような雰囲気に見えるがどうか。
[ 2017/10/17 14:11 ] [ 編集 ]
日本にイロイロ指示に参られるのね。
[ 2017/10/17 17:18 ] [ 編集 ]
これ、きのう速報流れたんだけど
「トランプ大統領来日。安倍首相と会談」
って内容だった。
まだ選挙終わってないのに、安倍の勝利宣言w
[ 2017/10/17 18:21 ] [ 編集 ]
サッサと帰ってほしい。

たいした用もないだろ。国民に米国の支配下だという
知らしめの訪問。

ネタニヤフやトランプは地球のハイエナ。
[ 2017/10/17 18:58 ] [ 編集 ]
米、日本に高性能空対空ミサイル供与へ トランプ政権下で初
産経新聞2017年10月6日

 米国務省は4日、日本に対して高性能の空対空ミサイル約1億1300万ドル(約127億4千万円)相当を売却する方針を決定し、議会に通知したと発表した。トランプ政権発足後、日本への武器供与が認可されるのは初めて。
[ 2017/10/17 19:24 ] [ 編集 ]
ろくでもない悪の?ゴルフのお友達のトラさん

戦争ならば、きっと誰かさん達は、拉致被害者よりア◯◯カ軍のお友達を優先するかも!?

完全に拉致被害者を救うのならば、中立忠誠の立憲主義しかない!
例え改憲しようとも。

或いはリーダーを変えるしかない!
[ 2017/10/17 19:37 ] [ 編集 ]
安倍の選挙運動に協力するのは
これからやる戦争の戦費を日本に負担させるためだ
[ 2017/10/17 20:12 ] [ 編集 ]
豚は豚小屋(ホワイトハウス)に帰れ
[ 2017/10/17 20:24 ] [ 編集 ]
国難さん、トランプの政治利用だけはお得意ですね。
[ 2017/10/17 21:04 ] [ 編集 ]
日本に来てもその頃安倍いないよ

でもそのほうがきちんと対応できていいかもしれないね
[ 2017/10/17 21:18 ] [ 編集 ]
壊し屋に頼る具
公約をほとんど実現せず、ひたすら「オバマが残した遺産をぶっ壊す」だけのコケの一年で、破壊後の手当ても代替案も無しで壊しまくっているトランプの害が、世界的な規模で実現しそうだ。ISの掃討に成功したと言っても、それに大きく貢献したイランを敵視するトランプの暴走で、中東はさらに大きな紛争の舞台になりそうだ。トランプが民主主義国に悪い手本を見せたために、ヨーロッパの政治が混乱している。それを見て自信を深め、第三世界での存在感を高め、影響力を強めているのが中国だ。このままでは経済だけでなく、政治でも中国が世界を支配しそうだ。この世界的大混乱の原因であるトランプと、拉致被害者の家族が会うことは、無意味ではない、有害だ。あいつは破壊しかもたらさない。
[ 2017/10/19 15:43 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
フェイスブック
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク