情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.10.25 19:00|カテゴリ:政治経済コメント(19)

習近平総書記、党規約に自分の名前!メディアも規制!一強体制を強化へ!中国共産党・党大会


s_ice_screenshot_20171025-113126.jpeg
*習近平


中国の習近平総書記が党規約に自分の名前を記載したことが分かりました。党規約は中国共産党の憲法とも呼ばれるほど重要で、ここに自分の名前を書いたのは毛沢東・初代国家主席やトウ小平・元総書記以来です。

中国では18日から5年ぶりの中国共産党・第19回党大会が開催され、その中で習近平総書記は「党創設100年の21年までに小康(余裕ある)社会を完成させる」と発言。
台湾独立運動に関しては断固反対するとして、今後も軍事・経済の両面で中国を発展させると表明しました。

一方で、今回の習近平氏の行為を「権力集中」と取り上げたメディアは規制される事態になり、NHK海外放送のニュース番組も突然放映が中断されたと報じられています。
成長と同時にそれを維持するための権力や富が必要になることから、今後も中国の統制は強化されることになりそうです。


習氏 独裁体制、続く野望 “偉大な指導者”として「中国共産党創設100年」を迎える舞台は整った
http://www.sankei.com/smp/world/news/171025/wor1710250007-s1.html

 【北京=河崎真澄】中国共産党の「憲法」ともいえる「党規約」に毛沢東、トウ小平に続き、自らの名を冠した「思想」を盛り込ませた64歳の習近平総書記(国家主席)。当初は毛、トウに並ぶ「習近平思想」との5文字の文言を画策したとされる。だが個人崇拝への党内反発から、中国語で「習近平新時代中国特色社会主義思想」とする16文字で妥協せざるを得なかった。



中国でNHKニュース中断 共産党大会で
https://this.kiji.is/295403874116732001?c=39546741839462401

 【北京共同】中国で24日、NHK海外放送のニュース番組が、同日閉幕の第19回共産党大会について放送した際、突然放映が中断され、画面が一時真っ黒になった。


















関連記事


ブログパーツ
最初、汚職を取り締まる
「正義の味方」から始まって、

自分が「独裁者」

だが、独裁者の末路は?
[ 2017/10/25 19:06 ] [ 編集 ]
色んな噂があったのに江沢民はまだ生きてたのね。
[ 2017/10/25 19:21 ] [ 編集 ]
共産党じゃなくて狂惨党
中国とソ連の共産党は共産党じゃなくて狂惨党
ベトナムやキューバなど社会主義と共産主義の問題点に気づいて修正を加えた共産主義や社会主義が真の社会史主義であり共産主義なのだ
[ 2017/10/25 19:32 ] [ 編集 ]
毎度のことながら中身の報道がないね。

習近平の社会主義って何よ?

マスコミの何%が理解してるのだろう。。
[ 2017/10/25 19:38 ] [ 編集 ]
中国は自信を持ったのか、経済、軍事、外交、科学技術、文化・・・あらゆる面で攻勢に出て来ましたね。
世界の覇権を目指すのかも知れません。
[ 2017/10/25 19:53 ] [ 編集 ]
【一帯】問い続けよ:『その道は、王道か、覇道か?』【一路】
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53296?page=6
『習近平が3時間超を費やして語った「あまりに強大な夢」』(現代ビジネス)

   『その道は、王道か、覇道か?』

習近平総書記からの、世界への答えでもある。
今の中国は、確実に、一丸となって、額面以上、圧倒的に、実現してくる。

習近平中国が、21世紀をリードするパワーであるのは明らか。

日米会談では、日米『太平洋連邦(TTP2.0)』時代、
新たな100年の幕開けにふさわしい、中国へのメッセージを示すべき!

    王道にいつ乗るの?今でしょ!

漢字で刻まれた文明DNAを共有するメリット!
この演説は、我々日本人に『危機』を突き付けているのも明らか。
真摯に学び、切磋琢磨、走り始めんと『二度と、追いつけなくなる』件。

    憲法には『全員生き残る』とは、一言も、書いていない件。

幸い、今回の選挙で国民の総意は『走り始めよう』と定まった(間に合った)。
安倍さんとトランプ大統領の見る『未来』を見せて頂きたい。

日本も、一丸となって、頑張ろう!

[ 2017/10/25 20:09 ] [ 編集 ]
王道でも覇道でもない
そのは王道でも覇道でもないことは確かでしょう
[ 2017/10/25 20:15 ] [ 編集 ]
毛沢東の孫もいつしか排除されてたが、委員長の交替がない日本凶産党ヨリはまともじゃね。


[ 2017/10/25 20:18 ] [ 編集 ]
SFさん
置きコメの映画タイトルはどうしたの!?楽しみにしてたんだけど~
[ 2017/10/25 20:27 ] [ 編集 ]
似てる。自分の名前を冠した学校をあと一歩で作り損ねたどこかの総理と
[ 2017/10/25 20:39 ] [ 編集 ]
最近、中国で民主化運動している人がどんどん行方不明になっている。
香港までも飲み込まれ始めているようだな。
旅行者はスパイ容疑で捕まるし、少しネットに共産党の悪口を書いただけで逮捕されるし、もう無茶苦茶。
中国共産党のこういう強権的な政治は長くないだろうな。
内側に溜め込んだ不満がそのうち一気に爆発するよ。
[ 2017/10/25 20:58 ] [ 編集 ]
国家補償の限界。

これが世界最大の独裁者なんだよなあ。
大丈夫かね、これ?
[ 2017/10/25 21:01 ] [ 編集 ]
SFさん
編集して長文になってますね!ネトウヨじゃなくて一行20円の人だったんですか!?
[ 2017/10/25 21:47 ] [ 編集 ]
>SFさん
>置きコメの映画タイトルはどうしたの!?楽しみにしてたんだけど~
>[ 2017/10/25 20:27 ] 名無し [ 編集 ]

?済みません。毎度の放言、反省しております。

    ⊃『人間的価値の三つの源泉』F.A.ハイエク

置いておきますね。

って言うか、何の映画でしょう?

俺的たわわに気になる映画2017トップ10!
1.『ブレンダンとケルズの秘密』 (宣伝w)
http://secretofkells.com
2.『ドリーム 私たちのIBM』
https://www.ibm.com/thought-leadership/hidden-figures/jp-ja/
3.(以下省略
済みません。2つで勘弁して下さいorz
[ 2017/10/25 21:49 ] [ 編集 ]
習近平はまだ「朕は独裁者なり」と正直に言ってくれてるからまだ正直者でいいですわ。

安倍は「僕ちゃんは国民に選ばれた総理大臣でし!」と言って独裁者であることを隠してるもんだからタチが悪い。
[ 2017/10/25 21:54 ] [ 編集 ]
『ここから先は有料となります、』。
>SFさん
>いつも長文お疲れ様です!ヤマダは一行につきいくら払ってくれるんですか!?
>[ 2017/10/25 21:47 ] 名無し[ 編集 ]
お疲れ様です。

    同志ヤマダスキーの志は、プライスレス!

https://m.youtube.com/watch?v=1vjqqOLUci8
https://m.youtube.com/watch?v=dWISqRZH6iU
https://m.youtube.com/watch?v=8T1HQdB8N7s

元ネタ(ADSL時代CM)w
[ 2017/10/25 22:11 ] [ 編集 ]
中国は自国が生んだ稀代の兵法家・孫子が最善の策とした“戦わずして勝つ”戦略を、
ずっと実践していると思いますね。
[ 2017/10/25 22:11 ] [ 編集 ]
SFさん
返信ありがとうございます!
いつも1個位じゃなかったかな!
そんなにいっぱいは…
[ 2017/10/26 02:07 ] [ 編集 ]
米国のみならず中国にも手玉に取られる日本は見るに忍びない。来日中国人旅行者の目に映る日本人はさぞかし「うすらバカ」に見えるだろう。
[ 2017/10/26 14:46 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
フェイスブック
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク