情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.10.29 20:22|カテゴリ:政治経済コメント(9)

【領土問題】東京湾の埋立地を巡って全面対立に!大田区は都の調停案を拒否、裁判所に提訴へ


s_ice_screenshot_20171029-201813.jpeg
*中央防波堤


東京湾に建設予定の防波堤を巡って大田区と江東区が対立しています。この防波堤は東京湾の一部を埋め立てて、東京オリンピック・パラリンピックで競技会場が設置される予定です。

大田区と江東区は歴史的にお互いの領域だと主張し、仲裁役の東京都・自治紛争処理委員は約86%を江東区、14%を大田区とする調停案を両者に提示しました。
これに対して大田区議会は全会一致で反対の方針を決め、「調停案は不合理」として受け入れ拒否を可決することになります。大田区は「埋立地の海面付近が大田区ののり養殖場だった」と主張しており、このエリアを大田区側に含めることを要請。

都の出した調停案を拒否して裁判に訴える方針で合意したと報じられています。埋立地を巡って大田区と江東区が全面衝突になったと言え、長引くと埋立地の建設計画にも影響が出そうです。


東京湾“領土問題”は裁判へ 大田区が調停案拒否
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20171029-00000020-ann-soci


s_ice_screenshot_20171029-201915.jpeg
s_ice_screenshot_20171029-201919.jpeg
s_ice_screenshot_20171029-202010.jpeg
 東京都の自治紛争処理委員は16日、中央防波堤埋立地の帰属について約86%を江東区、14%を大田区とする調停案の受け入れを勧告していました。これに反発する大田区議会の臨時会では、埋立地の海面付近が大田区ののり養殖場だった歴史的背景などから「調停案は不合理」として受け入れ拒否を全会一致で可決しました。
松原忠義大田区長:「受諾に値する合理的な調停案と評価することはできませんでした」

 




















関連記事


ブログパーツ
ふーん
[ 2017/10/29 20:28 ] [ 編集 ]
だから何
[ 2017/10/29 20:43 ] [ 編集 ]
水路挟んで北部と南部で分けたほうが分かりやすくていいと思うわ
[ 2017/10/29 21:55 ] [ 編集 ]
田母神さん、東京都で内戦起こせっての?面白すぎる。
[ 2017/10/29 22:36 ] [ 編集 ]
そんなこと埋め立て計画時に決めなさいよ。
[ 2017/10/29 22:49 ] [ 編集 ]
微妙
東京ビッグサイトの出来る前は、13号地は台場と船の博物館位しか、特に目立ったものはありませんでしたが、中央防波堤にコンテナターミナル(上組)や都庁舎等、リサイクルセンターが出来たのが、ここ20年の事。中央防波堤は少しずつ大きくなって、東は東京ゲートブリッジ、西は海底トンネルを抜けると太田区城南島です。中央防波堤の外防のすぐ目の前は太田区京浜島です。江東区が大きくなったから発生した問題なのです。
[ 2017/10/29 23:38 ] [ 編集 ]
プロネトウヨ出動
プロネトウヨ出動
[ 2017/10/30 07:31 ] [ 編集 ]
江戸時代なら天領にしたんだろうけどね。
いっそ、第3の区か市の飛び地にした方がいいんじゃないの? (←暴論)

そういえば、富士山山頂も静岡・山梨の領土争いの末「どちらにも属しない」ということで落ち着いたそうな。そういう決着の仕方もあると思う。
[ 2017/10/30 20:16 ] [ 編集 ]
>みけ
太田区ってどこにあるの?
[ 2017/10/30 20:31 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
フェイスブック
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク