情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.10.31 18:00|カテゴリ:政治経済コメント(25)

自由党・小沢一郎代表と立憲民主党・枝野幸男代表が会談!首相指名選挙で枝野氏に投票へ


s_ice_screenshot_20171031-123233.jpeg


10月30日に自由党の小沢一郎代表と立憲民主党の枝野幸男代表が会談を行い、特別国会の首相指名選挙で枝野氏に投票すると表明しました。

報道記事によると、この会談では国会対応や政策面での話し合いが行われ、自由党と立憲民主党は協力する方向で合意したとのことです。
枝野代表も自由党との連携を歓迎するとコメントし、今後も両党の関係を強化するとしています。

ただ、自由党の候補者の中には希望の党にも協力している人も居るため、この点を巡って内部で意見が二分されているところです。

一方で、共産党の小池晃書記局長は首相指名選挙について、党首である志位和夫委員長に投票すると言及しました。


自由、枝野氏に投票 首相指名選挙で
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22893550Q7A031C1PP8000/

自由党の小沢一郎共同代表は30日夜、都内で立憲民主党の枝野幸男代表と会談し、11月1日召集の特別国会の首相指名選挙で枝野氏に投票すると伝えた。両氏は今後の国会対応などで連携する方針でも一致した。
























関連記事


ブログパーツ
まずは安倍を総理から降ろす 野党頑張れ
[ 2017/10/31 18:28 ] [ 編集 ]
小池を担ぎ出し、
自由党解党して、
希望に合流じゃなかったんかい(笑)

節操なく、よく枝野にすりよれるなあ(呆)
[ 2017/10/31 18:38 ] [ 編集 ]
失われた20年は90年代の新党ブームによる政治的混乱が原因だ

新進党の元になった新生党、日本新党時代に行われた日米構造協議

アメリカから市場開放、湾岸戦争費用等を呑む見返りに小沢はリベートや利権を手にした

詳しくは「アメリカ殺しの超発想」という著書を検索
[ 2017/10/31 18:38 ] [ 編集 ]
立憲にまた文春砲炸裂
今度は初鹿議員だって
やれやれ
[ 2017/10/31 18:40 ] [ 編集 ]
小沢は己の道を進めばいい!政治家小沢一郎を信じてる
[ 2017/10/31 18:45 ] [ 編集 ]
小沢は前は好きだったけどなあ。
山本太郎なんかとくっついたり、共産党に選挙協力してもらったり、まさかここまで落ちぶれるとは思っていなかった。
どうしてこんなことになっちゃったんだろうな?
やっぱり民主時代の反小沢派の影響力がまだ続いているということか。
立憲民主党はもうちょっと慎重になった方がいい。
せっかく支持率高いんだから国民から見放されることをするなよ。
そうすれば次の選挙で自民党を倒せる。
俺は何があっても応援しているよ。
[ 2017/10/31 18:49 ] [ 編集 ]
共産党は、志位委員長だって。
[ 2017/10/31 18:58 ] [ 編集 ]
小沢が国民に人気ないってこと自体がそもそもマスコミと自民ネトサポにより作られた幻想。そのマスコミに洗脳されてる国民もいるが、オザワを高く評価している国民は中小零細経営者を中心にまだまだ多い。そしてこの層は、はっきり言ってどの層よりも政治について真剣に、肌感覚をもって考えている。
[ 2017/10/31 19:04 ] [ 編集 ]
文春、ガセだってよ
スレチだけど
ミヤネがフジテレビ夕方に移籍の話

来年4月からも、ミヤネ屋続投宣言
だって。
[ 2017/10/31 19:10 ] [ 編集 ]
山本太郎ほど安倍を的確に批判出来る政治家はいない。
山本太郎にテレビ番組で、安倍が政治資金私物化(ガリガリ君購入)を暴露された時は痛快だった。
安倍の涙目で話逸らして言い逃れようとした醜い姿を国民はしっかりと見れたし。 小沢氏は先見の明がある。 税金を私利私欲で食い潰す売国奴安倍とは違い、さすがは国民第一の素晴らしい政治家であるな。
[ 2017/10/31 19:44 ] [ 編集 ]
ほんと小沢はクズだな。
[ 2017/10/31 20:04 ] [ 編集 ]
小沢氏 「肉を切らせて,骨まで切られちゃった」からね。デニーさんがんばって当選してくれたけどね。
[ 2017/10/31 20:06 ] [ 編集 ]
狡猾集団 VS 書生集団
小沢一郎は福田内閣の時に、民主党が政権をとっても、勉強不足だから自民党との大連立を企て行政の勉強をさせようとしたが、メディアや民主党内からの大バッシングで挫折した。案の定、民主党政権は短命に終わった。また、今回の選挙でも、安倍一強を倒すためには、イデオロギーの壁を越えての選挙協力を推奨したが、これも各党のつまらぬ思惑で失敗。小沢一郎の声を聞いておけば、今頃は緊張ある二大政党ができ定着していたはずだ。自民党のような狡猾な手練れ集団と対抗するには、小沢のような策士が必要ですね。野党は正義感だけで政権が取れると思ってる尻の青い書生集団ですね。
[ 2017/10/31 20:31 ] [ 編集 ]
Re: 狡猾集団 VS 書生集団
> 小沢一郎は福田内閣の時に、民主党が政権をとっても、勉強不足だから自民党との大連立を企て行政の勉強をさせようとしたが、メディアや民主党内からの大バッシングで挫折した。案の定、民主党政権は短命に終わった。また、今回の選挙でも、安倍一強を倒すためには、イデオロギーの壁を越えての選挙協力を推奨したが、これも各党のつまらぬ思惑で失敗。小沢一郎の声を聞いておけば、今頃は緊張ある二大政党ができ定着していたはずだ。自民党のような狡猾な手練れ集団と対抗するには、小沢のような策士が必要ですね。野党は正義感だけで政権が取れると思ってる尻の青い書生集団ですね。



小沢氏も小沢氏で、結果だけを前提に動いて、細かい個々の調整作業や感情は全て無視して突き進むからダメなんですよ。
今回も希望の党に合流するのならば、事前に小池百合子氏と誓約書でも書いて全員受け入れのサインをしてからやるべきでした。
口約束だけで党を解体して合流するのが間違いなんです。
理想や計画が良くても、手順をすっ飛ばしてやろうとすれば、どんなに良くても成功しません。
[ 2017/10/31 20:44 ] [ 編集 ]
小沢はもう年だから期待できない
[ 2017/10/31 21:34 ] [ 編集 ]
自由党の希望合流は?

山本太郎が青くなってたけど。
[ 2017/10/31 21:54 ] [ 編集 ]
オジャワ先生も自由党も希望には合流しないから安心しろ 国民の生活をなにより第一に考えている立派な政治家のオジャワ先生が安倍の手先である小池が代表の希望になど合流するわけがない
安倍も小池も日本会議の傀儡だから当たり前の話さ
[ 2017/11/01 00:02 ] [ 編集 ]
>[ 2017/10/31 20:44 ] ヤマダ と言う方、
>今回も希望の党に合流するのならば、事前に小池百合子氏と誓約書でも書いて全員受け入れのサインをしてからやるべきでした。

外に出て糧を得る事をしている方ならわかると思うけど、何事にもこれは大事だよな。
[ 2017/11/01 00:10 ] [ 編集 ]
日本人の優秀な政治家はいるのかい、普通、金、女と暴力には負けちゃうね
せめて通名を廃止し愚行を防がなくっちゃ〜愚民なんだから
[ 2017/11/01 00:10 ] [ 編集 ]
オカルトネタかい
[ 2017/11/01 04:04 ] [ 編集 ]
アメポチ工作員にご注意下さい。
[ 2017/11/01 07:16 ] [ 編集 ]
小沢さんもここまで堕ちるとはね。

枝野幸男は史上最悪の政権と言われた管内閣の時の官房長官なのです。

当時の放射能の件でも「ただちに影響はない!」と言っていましたね。

日本人は忘れやすい性格なのか、無責任極まりない発言をすっかり忘れてしまったのだろうか?

[ 2017/11/01 14:28 ] [ 編集 ]
この際、政治家になりたいだけの政治業者は、全員希望に吸いとっていただきたい。
[ 2017/11/01 15:03 ] [ 編集 ]
吉田調書により明らかになった、メルトダウンの原因である、福島第一原発の非常用電源喪失時の対応について国会で質問されても「そうならないように万全の態勢をとるので考えていない」と言っていた総理がいましたね。

ああ、一次安倍政権だったわ。
失言、失言。
[ 2017/11/01 15:10 ] [ 編集 ]
制限逃げはやめよ
[ 2017/11/01 20:14 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
フェイスブック
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク