情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2014.02.24 22:53|カテゴリ:原発関連コメント(13)

地元住民の半数が反対するも、福島の避難指示区域が4月に解除!説明会で押し切る!職員「官僚は頭がいいんです」


20140224222712sehinnak.jpg
福島原発から20キロ圏内にある福島県田村市都路町で、避難指示区域が4月1日に解除される方針が決まりました。避難指示区域が解除されるのはこれが初めてで、2月23日の住民説明会では半数以上の住民が強く反対するも、政府や行政に押し切られる形で強行されたとのことです。
説明会では最初に住民らの反対意見が相次ぎ、後半にとある住民が避難指示区域の解除に賛成する意見を述べると同時に、政府関係者らが一斉に解除するための日程や段取りを話し、そのまま決定されてしまったと報道されています。

説明会に参加した経済産業省の職員はインタビューに対して、「ま、官僚は頭がいいんですよ」等と話しており、今回の説明会は事前に仕組まれていたものである可能性が高いです。つまり、政府に賛同した住民は政府側の仕込みで、元から規制解除が前提の説明会だったと言えるでしょう。
会に参加した住民らは頭にクエッションマークが浮かんだまま、気が付いたら決定されていたという感じだと思います。安倍政権はオリンピックに備え、今後も福島原発関係の規制を次々に解除する方針を示唆しているので、今後も同じ様な事が何度も起きることになるかもしれません・・・。

本当は規制を強化して、安全をアピールするべきなのに、規制を無くして「事故は終わった」と言うのは間違っています。安倍政権の頭は悪い意味でお花畑状態のようです(苦笑)。


☆避難指示4月にも解除へ 旧警戒区域では初(14/02/24)


☆震災3年、初の避難指示区域解除 福島・田村市、4月に
URL http://www.asahi.com/articles/ASG2R5HNKG2RUTIL00X.html

引用:
東京電力福島第一原発から20キロ圏内にある福島県田村市都路(みやこじ)地区について、国は4月1日に避難指示を解除する方針を決めた。23日の意見交換会で赤羽一嘉・経済産業副大臣や冨塚宥●(●は日へんに景、ゆうけい)市長が住民に伝えた。原発事故から3年、国の避難指示区域で初の解除となる。他の福島の6市町村も今後2年ほどの間に解除を検討し、都路地区を含む計約3万人が帰還するかの判断を迫られる見込みだ。

 国は昨年12月に決めた福島復興の新指針で避難者全員の帰還を断念する一方、2014年度を「福島が大きく動く1年」(根本匠復興相)と位置づけている。都路地区には国の掲げる除染の長期目標(年1ミリシーベルト)を上回るところもある。だが、国は一部住民が望む地区内一律の再除染は認めず、不安を持つ住民ごとに個別対応する方針を示し、理解を求めた。
:引用終了

☆<避難解除>「官僚は頭がいいんです」、判断押し切る 福島
URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140224-00000048-mai-soci

引用:
「4月1日解除」の政府判断は突然、あっけなく住民に言い渡された。福島県田村市船引町で23日開かれた都路地区東部の住民に対する「避難指示」の解除をめぐる住民説明会。会合が2時間を過ぎようとした時、それまで黙っていた官僚たちがせきを切ったように一斉に「4月解除」を語りだし、再考の余地なしという構えを住民に示した。会の流れを経済産業省の職員はこうふり返った。「ま、官僚は頭がいいんですよ」

政府と市側の計14人が居並び、それに対する形で住民約100人が会場に詰めかけた。冒頭、冨塚宥暻(ゆうけい)田村市長と赤羽(あかば)一嘉(かずよし)・原子力災害現地対策本部長(副経産相)がこれまでの経緯を話し「住民の方々のご意見を拝聴したい」と口をそろえた。

 その後、環境省が「再度一律に面的な除染を実施することはいたしません」と住民が求める再除染を却下し、相談窓口や相談員が個別に対応すると説明した。飲み水の安全のため一部住民が強く望んだ井戸の掘削についても「検査で1リットル当たり10ベクレルを超えるケースについては個別に賠償する」という対応で、住民が安心を得るための国の策に大きな進展はなかった。

 住民からは「森林除染を一切しなければ森を生活の糧にしていた者への補償はどうなる」「子供が本当に安心して暮らせる基準を示してくれ」「安全にすべき場所でなぜあえて危険物を燃やす焼却炉を計画するのか」と、避難指示の早期解除を認めない声が続いた。

 ところが説明会が始まって1時間半も過ぎたころ、昨年夏から長期宿泊している住民が「心配はいろいろあるけど、このまま帰れないと心が壊れる。国、東電にお任せして(今後の対応を)信じるしかない」と発言。「帰還派」の声が相次いだのを見計らうように司会役が「では解除の時期について」と意見を住民に求めた。すると、小滝沢地区の副区長が「私の地区では5人が田植えを予定しており、(1月に)4月解除が望ましいと提案したら、別の住民に脅しともとれる言われようをした。この際、国の判断を」と提案した。

 これを受けるかのように、黙り通しだった原子力災害現地対策本部の熊谷敬・副本部長が一気に「4月解除」の方針を言い切った。

 「避難指示は憲法22条の居住の自由を阻む例外的な規制で、我々は帰れる方の権利を守りたい」と、これまで一度も触れられなかった憲法を初めて持ち出した。さらに「住民とは昨年夏からすでに7回の意見交換をし、国を挙げ、できるだけのことをしてきた。4月1日をめどに解除するのが適当と考えている」と告げた。

 熊谷副本部長が述べた「7回の意見交換」のうち4回は4地区に分けた個別会合だ。住民側から見れば、国と接した機会は説明会3回と地区の個別会合1回の計4回に過ぎない。住民は「国、市は十分な説明をしていない」「解除は全員が帰れる状況をつくってから」と反発した。

 しかし、復興庁、環境省の官僚も「4月1日解除」を前提に話し始め、最後は赤羽本部長が「国の判断として」4月1日解除の方針を表明した。冨塚市長も追認する形で3時間に及ぶ会合が終わった。
:引用終了


関連過去記事

☆【放射能検査を緩める自民党】政府、米の出荷制限を緩和!基準値を超えても、汚染が限定的だったら出荷制限は無し!
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-493.html


放射能除染の原理とマニュアル


福島原発の真実 最高幹部の独白


GMP基準認可 ヨウ素250mg錠剤


SGF強化スピルリナ100% 1500粒


3M スリーエム 8233 N100 防塵マスク 世界最高水準(99.9%以上の捕集効率)5枚 放射能物質対応 [並行輸入品]
関連記事



ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
東京五輪・原発再起動に向けて国民や海外に安全をアピールする為だけに避難区域の解除という事をアピール材料に利用し又、住民の命が犠牲になったと言うことなんでしょう。

どこまで卑劣でどこまで国民を犠牲にしたら気が済むのか。
[ 2014/02/25 00:08 ] [ 編集 ]
こういうのは結論ありきですからね。避難解除で一刻も早く再稼動したいと。
そもそも84年の外務省委託研究でのレポートで原発事故があれば数万人が癌を発症、除染は困難とあり、政府側でも半永久避難するしかないことは分かっているはず。

補償の問題や再稼動、なんで誘致したか五輪もろもろで「復興した」ことにしたいのでしょう。どうもやってることが中国とかと同じようにしか見えない。
結局のところ今までのツケが回ってきたのでしょう。ちょっと薄めて先延ばしにしてもひどくなるだけ。まずは腐った組織の除染から始めるべきでしょう。
[ 2014/02/25 00:37 ] [ 編集 ]
★「関電労組」政治団体が無届け組織に多額支出
―なんと!「6000万円超」 が使途不明に
週刊金曜日2014 年 2 月 24 日
http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/?p=4164

関電労組政治活動委員会が無届けの下部組織に支出した際の領収証。具体的使途は不明だ。(撮影/三宅勝久)
(1)原発推進を掲げて、
(2)舛添要一氏を支援した日本労働組合総連合会(連合)傘下にある
(3)政治団体「関西電力労働組合政治活動委員会」(大阪市北区・壬生守也代表、的井弘会計責任者)が、
(4)政治団体届け出のなされていない23の下部組織に対して、
(5)5年間で6000万円を超す支出を行ない、
(6)結果的に全額が使途不明になっていることが政治資金収支報告書などから明らかになった。
(7)政治資金規正法では、無届けの政治団体による寄附受けや支出は禁止されている(8条)。
(8)違反した場合は5年以下の禁錮または100万円以下の罰金という罰則もある(23条)。
(9)届け出をせずに政治活動をすれば収支が報告されず、政治とカネが闇に包まれてしまうからだ。
(10)「関電労組政治活動委」から無届け団体への支出はこれに抵触する恐れが高い。

 関電労組政治活動委が総務大臣に提出した2012年分政治資金収支報告書には、同年の支出総額は約6600万円。このうち計1041万円を、「政策研修会費」などの名目で同委員会の下部組織23団体に払ったと記載されている。一度の支出額は6万円から155万円で、延べ35回。1万円未満の端数はなかった。
 23団体の名称・所在地は次のとおり。
▽関電労組政治活動委員会北地区推進委員会=大阪市北区
▽同南地区推進委=大阪市住之江区
▽同兵庫地区推進委=神戸市
▽同姫路地区推進委=姫路市
▽同京都地区推進委=京都市
▽同和歌山地区推進委=和歌山市
▽同奈良地区推進委=奈良市
▽同滋賀地区推進委=大津市
▽同若狭地区推進委=福井県美浜町
▽同東海地区推進委=名古屋市
▽同北陸地方本部推進委=富山市
▽同本店地区推進委=大阪市北区
▽同大阪北地区本部=大阪市北区
▽同大阪南地区本部=大阪市住之江区
▽同兵庫地区本部=神戸市
▽同姫路地区本部=姫路市
▽同京都地区本部=京都市
▽同和歌山地区本部=和歌山市
▽同奈良地区本部=奈良市
▽同滋賀地区本部=大津市
▽同若狭地区本部=福井県美浜町
▽同東海地方本部=名古屋市
▽同北陸地方本部=富山市

★ 23団体は、近畿・北陸・東海9府県という広範囲にまたがっていた。またすべてに「関電労組政治活動委員会」の名称がついていた。明らかに政治団体だ。
 そこで各地の選挙管理委員会に問い合わせたところ、23団体のいずれも設立届けは出ていなかった。無届けの任意団体だったのだ。
 2011年以前についても調べたところ、同様の支出が多数見つかった。
▼11年=無届け23団体に対して延べ32回・計1047万円を支出
▼10年=無届け21団体に対して、延べ32回・計1379万円を支出
▼09年=無届け21団体に対して、延べ34回・計1304万円を支出
▼08年=無届け21団体に対して、延べ46回・計1480万円を支出
 以上の支出に先述した2012年の1041万円を合わせると、08年から12年の5年間に6251万円ものカネが無届け団体に支出されたことになる。具体的使途が不明なので、裏金に化けたと勘ぐられても仕方がない。
 取材に対して関電労組政治活動委関係者は「(23団体は)内部組織」と回答。「内部組織に払った金を支出に計上するのは間違いではないか」「なぜ政治団体届けをしないのか」との質問には「政治資金規正法にのっとって処理している」と繰り返すだけだった。
 同政治活動委は関電労組と表裏一体の関係にある。経営者の言いなりになって原発を進めてきた御用組合のモラルは、とことん堕落してしまったのか。
(三宅勝久・ジャーナリスト、2月14日号)
[ 2014/02/25 04:05 ] [ 編集 ]
★「連合」よ!
(1)本来、労働組合運動とは、
「命を愛し、組合員、市民の命をまもる」ことではないのか!
(2)「原発のミス経営責任を問わず、組合員、市民の命をほろぼす原発を推進する」ことの、
原発推進のどこが、労働組合運動なのか?
===============
★【参考資料=類義語:自民党よ!
「国土を汚し」「国民を殺し」「国家を滅亡させる」原発推進の、どこが「保守」なのか?
単なる「利権党」じゃないのか?】
===============
なんと!!労働者の味方??「連合」が山口県知事選でも原発再稼働容認の自公候補を支援していた。(はなゆー2014年2月25日火曜日)
http://alcyone-sapporo.blogspot.jp/2014/02/blog-post_2070.html
https://twitter.com/tanakaryusaku/status/437745272450342912
田中龍作 @tanakaryusaku
フォローする
労働組合の「連合」は、東京都知事選に続き山口県知事選でも原発再稼働容認の自公候補を支援した。大労組と支配権力が裏でつながっていることは、百も承知だったが、ここまで大っぴらにやられると、考えさせられてしまう。この国は翼賛体制になったのか、と。マスコミはすでに組み込まれているが。
[ 2014/02/25 05:32 ] [ 編集 ]
>>小滝沢地区の副区長が「私の地区では5人が田植えを予定しており、

田植え? そんなところで米を作ると?
そしてそれは外食産業にでも流れるのかな?
ひどすぎ!
[ 2014/02/25 07:04 ] [ 編集 ]
エネルギーを使いまくって原発を乱立させた以上、日本国民の被害はもう自業自得。原発事故は収束の見込みはない、しかし、唯一できることとして再起動だけは許してはいけないと思う。
[ 2014/02/25 07:10 ] [ 編集 ]
長期スパン
短期スパンに見ればいいだろうが、長期スパンで見れば地獄。

まぁ責任問題となる頃には引退してるからどうでもいいと言う考えだろうが。

竹島もそうだが昔の議員が放置した事によっておかしくなった。

今となっちゃ過去の事だからそれは仕方ないで片付けられる。

1番被害を受けるのは国民及び地元住民だが行政や国等その程度。

目先の東京オリンピックしか見えてないのさ。

[ 2014/02/25 11:41 ] [ 編集 ]
避難区域の人は賠償が欲しい、一人月10万円、他にも色々貰って豪遊している。
避難先の仮設住宅や、借り上げ住宅は、タダで市内で交通の便も良くて
お年寄りは、専用バスでスーパーまで送り迎え
例え一人でも、大型バスで定期的に運行する豪華さ。

そりゃあ帰りたくはない。
仮に東京都民1300万人に、福島県民の生活費何十年もを賠償しろってなったら
手のひら返したかの様に、原発再稼働しろ、避難区域解除しろってなるんじゃないのかな。

何も恩恵を受けてない福島県民もいるから、電気の消費者だった、都民に賠償を貰いたいくらいだ。





[ 2014/02/25 12:27 ] [ 編集 ]
海外から見たら日本全体が加害者なんだから、国内だけ見て恩恵をこうむってないとか小さな話はやめにしたら?
[ 2014/02/25 13:04 ] [ 編集 ]
こんなことやっている国に未来はない
東京五輪??? できるわけない
福島原発汚染水垂れ流し
放射能レベルも上がっている
福島の田村町だっけ 解除になるところ
そこに 復興庁 や 他の 官庁もってくればいい
解除するなら 官僚がはじめ10年住んでみろと言いたい
それで なんでもなければ 地元の方々も安心して帰ってこれるだろう
[ 2014/02/25 15:44 ] [ 編集 ]
安全だから帰すんじゃなくて、コストカットのために帰すんだから、官僚を住まわせろと言われても議論にならないなあ。
[ 2014/02/25 16:26 ] [ 編集 ]
人権を軽んずる選民意識にまみれたクソ官僚とクソ世襲議員に好き勝手させるからこうなるんだよ。
大体日本の民主化だって権力争いの副産物で
薩長が支配階級になってからというものロクな扱いを受けてない。
特に朝敵だった福島県。
[ 2014/02/26 16:24 ] [ 編集 ]
3月~4月!?
3.11の大震災の3時間位前に、【大規模シグナル】として、地震について書かれた方の地震関連のブログです。
http://littleumi.blog.so-net.ne.jp/
ほぼ毎日拝見させていただいておりますが、今まで見てきた中で、今日の内容はかなり『ゾッ!!』とさせられました。
『3月~4月に震災が・・・。』とあります。
その方は震度5クラスでは【震災】と言う表現は使いませんので、もっと大きい震度6以上・・・って事になるのでしょうか。
今は、3.11の前と同じような状況らしいです。
彼女のブログで、【大規模シグナル】って出たら、本当にヤバイと思います。
たとえ3~4月にこなくても溜め込むだけの話だから、どっちにしろいつかは・・・。

今度はどこにくるのでしょうか?
どこにきても原発だらけの狭い日本、恐ろし過ぎます。
他の原発もそうですが、福島第一がとどめをさされませんようにと祈るしかありません。

[ 2014/02/26 18:26 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク