情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.11.12 07:55|カテゴリ:政治経済コメント(20)

米国抜きのTPP、11カ国が大筋合意!カナダの反対から首脳会合は見送り!20項目の凍結など


s_ice_screenshot_20171112-075428.jpeg


TPP(環太平洋経済連携協定)について、日本やベトナムなどの11カ国が交渉開始で大筋合意しました。当初、TPP反対を掲げていたニュージーランドからは見送りの可能性が高まっていましたが、条件付きで「交渉開始ならば良い」という方向に変化することになります。

しかしながら、11月10日に予定していた首脳会合は土壇場でカナダが反対したことで中止となり、今回の大筋合意も閣僚レベルでの合意発表となりました。
新しいTPP協定案では、アメリカが抜けたことで、医薬品の開発データの保護期間や著作権の保護期間などの分野が凍結対象と指定されています。凍結対象は全部で20項目ほどあり、多国籍企業が国を有利な条件で訴えることが出来る「ISDS条項」も中止が決定しました。

アメリカの方はTPP復帰の可能性を否定していますが、凍結対象の項目は情勢次第で解除できるように考えていると見られています。


TPP新協定を公表 米離脱で20項目の凍結など明記
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171111/k10011220251000.html

TPP=環太平洋パートナーシップ協定の参加11か国が協定の発効で大筋合意したのを受けて、共同議長を務める茂木経済再生担当大臣らが記者会見して合意内容を発表しました。新たな協定には、アメリカの離脱を受けて20の項目の実施を先送りして「凍結」することや、6か国が国内手続きを終えると協定が発効することが明記されています。



TPP新協定案、11カ国閣僚で大筋合意-首脳会合は見送り
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-11-11/OZ8Q6R6JIJUP01

茂木敏充経済再生担当相とベトナムのアイン商工相は11日の記者会見で、米国を除く環太平洋連携協定(TPP)参加11カ国が新協定案で大筋合意したと正式発表した。首脳会合の開催は見送った。









関連記事


情報速報ドットコムは新サイト(http://johosokuhou.com/)に移転するので、改めてブックマークやお気に入り登録をよろしくお願い致します! ブログパーツ

いいか悪いは別にして、ISDS条項だけはまずい

医薬品関係もしかり

やはりカナダ、ニュージーランドは賢い印象だ


[ 2017/11/12 08:01 ] [ 編集 ]
よかったよかった
[ 2017/11/12 08:18 ] [ 編集 ]
茂木(日本)がいい恥さらし。というか気の毒と言うかザマミロと言うか...
[ 2017/11/12 08:21 ] [ 編集 ]
国際的に保護主義の流れが強まっている中で、
自由貿易協定のTPPをどこまで進められるのかな。
[ 2017/11/12 08:25 ] [ 編集 ]
日本を売り飛ばす!
自民党
[ 2017/11/12 08:27 ] [ 編集 ]
つまり無理矢理にでも茂木経済再生担当大臣が「大筋合意」したかのように見せたかった訳やね
[ 2017/11/12 08:31 ] [ 編集 ]
日本の場合、TPP発効に備えて1兆円以上の予算(税金)を使ってきたから、
引くに引けなくなったというのは、あるかもね。
あ~あ
[ 2017/11/12 08:32 ] [ 編集 ]
カナダは実際にNAFTAのISDs条項で訴訟全敗して痛い目見てるからな~
中国包囲網()のためなら主権侵害されても仕方ないなんて花畑脳じゃない
[ 2017/11/12 09:04 ] [ 編集 ]
野党やマスコミはこの狂った条約に何も言っていないのか?

食の安全がおびやかされるので、外国産は食わない(西日本産のみを食う)事にする。
損するのはTPPを進めているヤツらなのだが
TPP推進しているボケナスどもはこんな事もわからんのか

医療保険や著作権も対策を考えなければな
[ 2017/11/12 11:44 ] [ 編集 ]
世界中が絡めば
事が思い通りにいかなくなる
アベシなんぞ井の中のダニ

こうなったら政治から逸脱している
アンポ法制、凶暴罪、緊急事態条項、モリカケ疑獄、
レイプ揉み消し、原発利権問題などすべて
世界中を巻き込んだ問題提起の論調にして
血税を好き勝手する腐りきったアベシ一派を
日本の社会から永久追放してやろう!
[ 2017/11/12 11:52 ] [ 編集 ]

いいか悪いは別にして、ISDS条項だけはまずい

医薬品関係もしかり

やはりカナダ、ニュージーランドは賢い印象だ


[ 2017/11/12 12:30 ] [ 編集 ]
12:30ですが、間違って重複し、失礼。
できれば削除願います
[ 2017/11/12 12:35 ] [ 編集 ]
>閣僚レベルでの合意発表

とかいったって、ニュージーランドもカナダも加わっていないんだから、ぜんぜん合意になっていないじゃん。「最終合意できず」が正しい見出しでしょ。

[ 2017/11/12 13:02 ] [ 編集 ]
何故ISD条項が中止になったんだろう?
[ 2017/11/12 13:04 ] [ 編集 ]
このTPP11、著作権の非親告罪化や法廷賠償制は凍結されていないので
二次創作系同人誌のあるコミケ、サンクリ、各オンリー、委託店などは
ヤバくなりそうです。ソース以下、弁護士さんなどの解説サイトなどで
http://fr-toen.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-b331.html
http://thinktppip.jp/?p=845

先の選挙中、改憲もTPP11も、TV新聞など報道はヒタ隠ししてましたから
https://pbs.twimg.com/media/DMl0vN1VoAEQdc4.jpg:large

せっかくトランプさんが煽る形で時間作ってくれてたのにこの結果は残念。。
[ 2017/11/14 18:41 ] [ 編集 ]
↑訂正 ×法廷賠償制 → ○法定賠償制

いままでであれば例えば、ときメモ同人ビデオの民事訴訟など
227万円程度の賠償金でしたが(1999年8月東京地裁判決)、
TPPで法定賠償制度が日本に導入されるとマンガの著作違反なら
1本違反につき民事で最高15万ドル日本円にして約1850万円など
実被害額をも超えた制裁目的としての高額賠償の請求が可能に
なるともいわれています。

つまり…同人作家やブロガーであれば著作権問題でうっかりミス
してしまうと借金地獄あるいは人生終わるでしょうね。
しかも非親告罪もくるので、何が著作違反かは警察が勝手に判断
できるようになりますので。。
[ 2017/11/14 19:14 ] [ 編集 ]
非親告罪と法定賠償のおそろしさは(内容古いですが)以下の動画でも

3分 「TPPで、今後の同人は?」
https://www.youtube.com/watch?v=VxApogEffnE
5分 「TPPで、今後の商業誌は?」
https://www.youtube.com/watch?v=3GDcOeSNRA0
3分「TPPで、二次創作は守られるというウソ(暫定版
https://www.youtube.com/watch?v=BAC1Fw8fnUA
[ 2017/11/14 19:23 ] [ 編集 ]
> [ 2017/11/12 13:04 ]さんへ
ISD条項で使われる世界銀行傘下の「国際投資紛争解決センター」の
最大の出資国はアメリカだから、だろうね。ソース例↓
https://twitter.com/n_yu_ka/status/657770698983604224

それにまずはTPP11へ、カナダや東亜・南米諸国を釣るためかな。
というのも、これまでカナダやメキシコはNAFTAにおけるISD条項での
国際投資紛争解決センターで敗訴しまくったから。
1994年以降NAFTAでのISD条項での提訴45件中、カナダもメキシコも全敗。
それとボリビア水道民営化問題も見てたら東亜・南米諸国も二の足ふむだろうし

とりあえず11カ国版を発効させておいた後で現カナダ政権かわったあとに
順次に凍結を解除していけばいいし。。
[ 2017/11/14 19:47 ] [ 編集 ]
TPP11が発効し日本の著作権が変わると、saigaijyouhouさんなどの
ブログ、そして各人のツイッター画像の引用も、警察の非親告罪に
よる摘発対象になるかもしれません。
というのも、いろんな政経ブログや政経系ツイは、報道や著作本や
雑誌から写真など引用なさっておりますが、なにが「引用」か
「複製」か「翻案(文字をいれたり改変したり)」かは、過去の日本の
判例をみるととてもごちゃごちゃになっておりますので。

過去にも、2012年4月に流山市役所HPから掲載し行政批判していた
ブロガーが警察に通報され著作権侵害で逮捕されてしまいました。
ほか「法の不遡及(ふそきゅう)」の問題、つまり、発効以前に公開
していた記事まで警察による逮捕・取締り対象なのかも不明です。

多忙で書き忘れておりましたが、[ 2017/11/14 18:41 ]にもある、
TPP後の日本の著作権法の改正案の非親告罪つまり、勝手に警察が
判断して逮捕に来るの件に関して、法文が「原作のまま」だから、
海賊版だけだから安心汁との話をする人がいますが、これは半分ウソ
で大きな問題があります。

(続く)
[ 2017/11/16 11:48 ] [ 編集 ]
[ 2017/11/16 11:48 ] の続き

まず一点目、日本の現著作権法を読めばわかりますけれども、「原作」
という著作権法の法律用語に関する明確な定義や範囲も不明です。

二点目、「マッドアマノ」パロディ事件、つまり他者が撮影の写真を
改変し自分の作品に載せたものが最高裁にて著作権違反に。
極端に言えば、何が原作の範疇に留まるかは行政機関(警察)または司法
機関(検察・裁判所)に左右される恐れも。

三点目、TPP11で非親告罪の導入後に警察が動く際、事前に、刑事摘発
対象作品が著作権違反(なにが原作かの概念は不明)かどうかを、原作者
に問い合わせる手順がない。つまり「安全弁がない」のです。
ですので疑心暗鬼が横行し日本国内のネット言論などが萎縮するという
懸念も。この件についてIWJで海外識者のワラックさん達がTPPの著作権で
ネットが規制されるという懸念発言も。

ほか四点目五点目と続きますが、当方多忙につき時間あれば追記に参り
ます。日本の自然発生的著作権と、海外の資本優先型・競争支援型・
懲罰的なcopyrightとは性質も違います。ぜひ興味ある方はお調べ下さい
[ 2017/11/16 12:00 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
人気記事
最新記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク