情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.12.04 06:00|カテゴリ:原発関連コメント(9)

福島原発事故の賠償問題、訴訟で国側の敗訴や増額が相次ぐ!避難者「指針を見直す必要が」


s_ice_screenshot_20171203-025026.jpeg


福島原発事故によって避難を強いられている住民に支払われている補償金ですが、ここ最近の裁判によって情勢が変わろうとしています。それは東電や国側が定めた賠償金額よりも、多くの請求を認める事例が相次いでいるからです。

福島県内外の住民約3800人が国と東電に損害賠償を求めた集団訴訟の判決では、福島地裁が被災者たちの主張を認めて、原告約2900人に計約5億円を支払うよう東電と国に命じています。
他の事例でも同じ様に賠償の金額が増えたり、賠償の補償エリアが拡大したりしているのです。

そのため、福島原発事故の被災者達からは指針の見直しを求める意見が殺到しています。
立命館大学の吉村良一教授は「指針を超えるような賠償を認める判決が積み重なってきたこの段階で、指針や救済の仕組みを見直す必要がある」とNHKにコメントしており、福島原発事故の賠償金問題でやや風向きが変わってきたと言えるでしょう。


原発事故の賠償問題考えるシンポジウム
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171202/k10011244381000.html?utm_int=all_side_ranking-social_007&nnw_opt=ranking-social_a

福島第一原発の事故で被害を受けた人たちへの賠償について考えるシンポジウムが東京で開かれ、国の指針に基づいて支払われている賠償の額と集団訴訟で認定された額が食い違っていることから、「指針を見直す必要がある」という意見が出されました。






























関連記事


ブログパーツ
すでに避難指示が解除された高度汚染区域は、農業生産の拠点として復活している

原発の膝元、大熊町・双葉町も「避難指示解除準備区域」として、農業生産のために「基準の緩和・特例の適用」の計画が着々と進められている

大熊町東平 平米5780万ベクレル(自治体の発表わずか30万ベクレル)
チェルノ最大の汚染地域 平米540万ベクレル
[ 2017/12/04 07:04 ] [ 編集 ]
国がどんだけ嘘をついてるかっていう。
[ 2017/12/04 15:14 ] [ 編集 ]
当たり前
損失を計上すれば、当たり前の金額であり、人が死んじゃった、人があと100年住めない、とか、保険会社も計算不可能で、全く保険の成立しない!のはロイスも他の保険会社も全く同意で、意見は決着している。(あまりにも損害額が多すぎで保険が成り立たないって、この世の常識。原発相手に保険の商売成り立たないもの。ましてや人の命は金で買えない購えない。バ〇チにもならないバ〇さ加減。もう、誰かヒトバシラになって、とりあえず〇島県の人達の気持ちを少しでも鎮めて欲しいと思います。ア〇に人柱よろしく。合掌。ち~ん♪
[ 2017/12/04 17:54 ] [ 編集 ]
救急車
中通りに来ているけど、救急車が多い
今日は、5回以上サイレン聞いているな

毎日3回はサイレン聞いている

地元の人曰く、この頃増えてきているらしい
[ 2017/12/04 19:09 ] [ 編集 ]
地裁の判決なので見直しには早い。
国も関与してるから最高裁まで争うことは間違いない。

最高裁判断でリスクマネジメントの責任をどこまで求められるかが問題。
どこまで対策しないといけないか面白い裁判だと思います。

予測した→対策しないと損害賠償
この構図はなかなか大変だぞ。
[ 2017/12/04 21:43 ] [ 編集 ]
>19:09

福島県の救急車の出動率は他県以下

H28 人口比
フクシマ 3.9%
全国平均 4.7%

H29が4%超えたら事実かもしれないね。

フクシマ事故後に突然死をピックアップしてたブログがあった。
関連付けられなかったのか、継続しなかったのが残念。
[ 2017/12/04 21:53 ] [ 編集 ]
どうせ賠償金のぶん、税金や電気料金引き上げるんだろ。日本さよなら。
[ 2017/12/04 23:13 ] [ 編集 ]
何でも偽造は簡単だ
色々と数字並べても偽装は簡単だ

だろ?21:53くん
[ 2017/12/05 21:57 ] [ 編集 ]
大熊町東平の5780万ベクレル/㎡をググったら、「院長の独り言」2011.7.27の記事がヒット

「5月25日に、東北大学大学院理学研究科、小池武志先生、東北大学サイクロトロン ラジオアイソトープセンター 島田健司先生のご協力をいただいて、大熊町町内11ヶ所の土壌を採取し、サンプルを東北大学、並びに金沢大学に送り、分析をお願いしました。」

ガチの分析でした
[ 2017/12/06 06:22 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
フェイスブック
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク