情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2014.02.28 22:28|カテゴリ:政治経済コメント(8)

ビットコイン取引運営会社、民事再生手続き申請!サーバー攻撃が頻発し、約85万ビットコインと現金28億が盗まれる!合計で400億以上が行方不明!


20140228222521ou.jpg
仮想通貨「ビットコイン」の取引運営会社が2月28日に民事再生手続きを申請しました。ビットコインの取引仲介会社である「マウントゴックス」によると、今月の初め頃にシステムの不具合を悪用した不正なアクセスがあり、利用者が会社に預けている約75万のビットコインと会社自身が保有するおよそ10万のビットコインが消えたとのことです。これは、暴落前の相場価格で400億円以上に相当する金額で、会社が保有している28億円の現金も盗まれたと発表されています。

マウントゴックスのマルク・カルプレスCEOは28日に臨時の記者会見を開き、「システムの弱いところがあり、そのせいでご迷惑をおかけして本当に申し訳ございません」と述べ、謝罪をしました。一連のサーバー攻撃でマウントゴックスの経営が圧迫し、2月28日の時点で約26億円の債務超過に陥っているようです。民事再生手続きを行った原因もこの負債で、2月上旬からサーバー攻撃を続けていた連中が、この騒動を引き起こした犯人だと言えるでしょう。

そもそも、「ビットコイン」というのは、「銀行家を中心とした金融支配を覆す」という構想を持って作られた物でした。だからこそ、銀行家の懐を温めている「取引手数料」などを完全に無くしたシステムで、ビットコインは運営されていたのです。
システムはP2P方式で、ネットワークに繋がっている全てのパソコンに取引履歴などが残ります。言うならば、仲介者の居ない銀行みたいな感じです。ビットコインのプログラムも全世界に完全公開(オープンソース)されているため、皆が思うような不正行為はまず出来ません。

皆のパソコンが銀行やATMみたいになるシステムが「ビットコイン」で、今回の事件はサーバー攻撃でビットコインが大量に奪われた事が原因で発生しています。ビットコインは全世界で一兆円規模の市場に成長しているので、それを快く思わない勢力が攻撃を加えたのでしょう。中央銀行の後ろにはロスチャイルド家やロックフェラー家などの超大貴族達が居ますし、ビットコインはそいつらに潰されたのだと私は見ています。
*今回は取引所の一つが潰れただけです。現時点では運営側の不正行為を裏付ける情報はありません。


☆「ビットコイン」マウントゴックス代表が緊急会見(14/02/28)


☆「ビットコイン」取引停止 利用者が都内で今後について情報交換(14/02/28)


☆麻生財務相、ビットコイン「破綻すると思っていた」


☆ビットコイン取引運営会社、民事再生手続き申請
URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140228-00000967-yom-soci

引用:
読売新聞 2月28日(金)18時52分配信
 インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」の取引サイトを運営する「マウントゴックス社」(東京都渋谷区)は28日、東京地裁に民事再生手続きの開始を申し立てた。

 同社の代理人の弁護士が記者会見して明らかにした。約26億円の債務超過に陥っており、地裁からは資産保全の命令などを受けたという。
:引用終了

☆倒産動向 ビットコイン
URL http://www.tdb.co.jp/tosan/syosai/3889.html

引用:
TDB企業コード:378004485
「東京」 (株)MTGOX(資本金500万円、渋谷区渋谷2-11-5、電話03-4588-3921、代表カルプレス・マルク・マリ・ロベート氏)は、2月28日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日保全命令を受けた。

 監督委員兼調査委員に小林信明弁護士(千代田区紀尾井町3-12)が選任されている。

 (株)MTGOXは、2011年(平成23年)8月の設立。元々、ネット上で流通するデジタル通貨・ビットコインの取引仲介サイト『Mt.Gox(マウントゴックス)』の取引仲介業務を行っていた(株)TIBANNEの事業を2012年4月に引き継いだ。同社は、2009年(平成21年)10月の設立。その後、一部海外メディアでビットコインの記事が掲載されたことを契機として取扱高が急伸。当初想定を上回る取引量となったため、2012年4月から同業務を関係会社の(株)MTGOXに移管。(株)TIBANNEから事業を継承して以降は、当社が主体となってビットコイン取引プラットフォームのホスティングおよび運営を手がけ、2013年3月期の年収入高は約1億3500万円を上げていた。

 しかし、2013年5月頃から数回にわたってサーバに大量のデータが送りつけられるなどサイバー攻撃が頻繁に繰り返されていた。加えて、2014年2月上旬頃からはビットコインの引き出しができなくなる事態が発生。2月24日頃までにユーザーの取引履歴上のビットコイン保有高である約75万ビットコインおよび会社自身の取引履歴上の保有ビットコインである約10万ビットコインのほぼ全てがなくなっていることが判明。2月25日には同サイトにアクセスできなくなっていたが、26日未明に取引中止の声明が発表されるなど利用者の間で動向が注目されていた。

 負債は約65億100万円。
:引用終了

☆ビットコインのマウントゴックス 再生法申請
URL http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140228/k10015620821000.html

引用:
民事再生法の適用を申請したのは、インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」の大手取引仲介会社で東京・渋谷区にある「マウントゴックス」です。
発表によりますと、マウントゴックスは、今月初めごろ、システムの不具合を悪用した不正なアクセスがあり、正確な状況はまだ把握できないとしながらも、その後の調査で、利用者が会社に預けているおよそ75万のビットコインや、会社自身が保有するおよそ10万のビットコインのほぼすべてがなくなっていることが分かったということです。

失ったとされる85万ビットコインは、主要な取引仲介会社の価格で換算した場合、およそ470億円に相当しますが、会社側の説明によると、マウントゴックスでは、取り引き停止の前に価格が下落したため、およそ114億円に相当するとしています。
さらに、利用者が会社に預けている現金についても、最大でおよそ28億円が不足しているとしています。
:引用終了


Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2014年 2/25号 [ビットコインの可能性]


ビットコイン完全攻略法


ビットコイン あたらしいネットビジネスの教科書
関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
ソースコード(プログラム)が完全公開されているからこそ、ハッカー(クラッカー)は比較的容易に攻撃できるのです。

日本においては、実質、マウントゴックスでしか購入する方向になりません。よって、ここが潰れたら、日本のユーザーとしては大打撃です。

今回の騒動は、マウントゴックスと金融資本家とが示し合わせた結果だと考えています。
取引所みたいなグループの代表は必ず、裏の秘密組織に所属しています。同様に金融資本家の手先も同じ裏組織に属しています。その場で、ビジネスの会談が行われたというわけです。告訴しても、告訴する先の幹部が、こりゃまた裏の秘密組織のメンバーなので、根本的な解決は起きません。証拠を調査する機関のスタッフも、その組織のメンバーなので、大衆が納得する証拠なんて出てきません。

大衆が納得できる証拠かどうかは置いておいて、ある種の知識を持っていると、充分な証拠になる事を語ります。ビットコインの紋章、ビットコインを扱う取引所の紋章……。これらは、国際金融と同じ系統です。そして、その造形は裏組織で意味を習うのです。

まずは、世の中は、社会の教科書に書いてある機関だけでは動いていない事を知るべきです。むしろ、社会の教科書に出て来ない組織こそが主体です。
[ 2014/02/28 23:23 ] [ 編集 ]
べつに、ロスチャイルドとかじゃなくたって、いたずら好きのクラッカーとかが何人か集まればできちゃうようなことだと思う。深読みしすぎ。
[ 2014/02/28 23:50 ] [ 編集 ]
サーバー攻撃でビットコインが大量に奪われた事が原因?!?
不可解ですな。額面通り受け取れません。
その程度で簡単に引き出されちゃうほど脆弱なシステムでは何にもできないでしょう。
世界を支配しつつある国際金融マフィアにとって邪魔になるのは、あくまで金融詐欺の正体を晒したりその常識を覆しかねないような事態でしょう。今回の事件はお粗末にして幼稚で、彼らマフィアは何の脅威も感じていないと思います。
金融詐欺とは、民間銀行(各国中央銀行を含む)が中央銀行>政府とグルになって、カネを貸すことで何の裏付けないまま帳簿上カネを「創造」できるという詐欺的金融のこと。これで通貨紙幣を錬金術の様に乱発でき、利子や抵当とともに銀行家金貸しの手中に入る濡れ手にアワのシステム。
今回の事件は何の脅威もないチンケなままごと銀行ごっこに過ぎないのでは。
[ 2014/02/28 23:57 ] [ 編集 ]
いたずら好きのクラッカーとかが何人か集まればできちゃうという意見もありますが、もし、犯人が特定されれば、犯罪者になってしまいます。

「イタズラ好きが薬品を混ぜるだけで、今回の毒入りカレー事件は成立しちゃう」とか「イタズラ好きが火薬とか爆弾を作れば、今回の爆破事件はできちゃう」という思考は、本質から外れると思われます。リスクを払う目的や結果こそが主題です。

私怨とは考えにくいです。よって、クラッカーはお金を貰う事でしか、イタズラとやらを決行する事はないです。では、そのお金の出元は? 特定はできませんが、マウントゴックスそのものか、国債金融資本か。いずれにしても、潰す事でお金をたくさん回収できる勢力です。
[ 2014/03/01 00:48 ] [ 編集 ]
詐欺っぽい
かつての「円天」詐欺を思い出すのは私だけですかね(-_-メ)
[ 2014/03/01 02:20 ] [ 編集 ]
良く考えたら解りますよ、ビットコインの性質を知れば、その存在が怖くて仕方ないのは国家だってことに。

税金逃れから全財産をビットコインに注ぎ込んだ人もいるとか、この流れの勢いを止めないと大変だろうしね。
[ 2014/03/01 12:51 ] [ 編集 ]
NHKがビットコインについて報道した後ですよね…。
[ 2014/03/01 12:57 ] [ 編集 ]
お札を無から創りだす事が法律で許可され、
国家にお札をタダで供給せずに、利息付きで貸し出す事で供給している
中央銀行(日本なら日銀)。

世界銀行から解雇されたカレンヒューズ氏はこう言う
「中央銀行は、
対価として提供するゴールドがないにもかかわらず、ドルを売っている。
これは完全に詐欺だ」

この特権(詐欺)が無くならない限りは、戦争や環境破壊は続くでしょうね。
福島からの放射性物質拡散で、地球が破壊され続けている(そしてこの破壊がいつ止まるか分からない)現実は、
そろそろ彼らの目を覚まさせるかもしれません。
悪魔など崇拝している場合じゃない現在の地球の非常事態に、きっと気付きます。
福島原発には、使用済み燃料棒などが11000本、暴走している核燃料以外にもたくさんあります。各所でミス(や故意?)などにより汚染水漏れが続きますが、作業員が現場に近づけなくなったら終わりです。11000本(共有プールも含める)が暴走したらどうなると思いますか?
[ 2014/03/01 17:32 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今週の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
広告
検索フォーム