情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
情報速報ドットコムは新サイト(http://johosokuhou.com/)に移転するので、改めてブックマークやお気に入り登録をよろしくお願い致します!
2017.12.28 23:11|カテゴリ:政治経済コメント(16)

富岡八幡宮でおはらい神事 女性宮司の事件から3週間、近隣の商店街からは悲鳴も!


s_ice_screenshot_20171228-230319.jpeg
*富岡八幡宮


今月に女性宮司が殺害された東京都江東区の富岡八幡宮で、新年を迎えるために現場でおはらい神事を行いました。報道記事によると、おはらい神事は事件現場となった3ヶ所で行なわれ、その後に地元の人たちが玉串を捧げたとのことです。

丸山聡一さんが宮司代行者となり、今回の事件について神聖であるべき神社の周辺で事件が起きたことは誠に申し訳ない。職員一同、地域の氏神様としてあるべき八幡様に戻れるよう努力します」などとコメントしています。

ただ、事件の影響は大きく、富岡八幡宮の近場だと売上が2~3割ほど低下していると報道されていました。特に団体客のキャンセルが殺到しているようで、おはらい神事をやっても2018年の正月は来場者数が激減することになりそうです。


事件から3週間 富岡八幡宮で新年前におはらい神事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171228/k10011274421000.html?utm_int=all_side_ranking-social_005

今月、女性の宮司が殺害されるなど、3人が死亡する事件が起きた東京・江東区の「富岡八幡宮」で新年を迎えるのを前に関係者が集まって現場を清める神事が行われました。



s_ice_screenshot_20171228-225702.jpeg
s_ice_screenshot_20171228-225742.jpeg
s_ice_screenshot_20171228-225751.jpeg
s_ice_screenshot_20171228-225754.jpeg
s_ice_screenshot_20171228-225843.jpeg





関連記事


情報速報ドットコムは新サイト(http://johosokuhou.com/)に移転するので、改めてブックマークやお気に入り登録をよろしくお願い致します! ブログパーツ
少なくとも「家内安全」「商売繁盛」のご利益はなさそう。「心願成就」もかな。
[ 2017/12/28 23:35 ] [ 編集 ]
後の「怨霊を祀った神社」である
なんだかんだで後に「怨霊を祀った神社」とかになる
平将門もお岩さんもねずみ小僧もそんなもん
ただしこの神社の怨霊は怨霊の中では下の下のクラスのヘボ怨霊だがな
実際「八墓村事件」の犯人のがまだ怨霊みたいなもんだし
[ 2017/12/29 00:21 ] [ 編集 ]
神のいない神社に、私欲を小銭で叶えてくれと押しかける下賤の者たち。
今年は惨劇によって参拝客減少が3割…え?3割しか減らないんかい。
[ 2017/12/29 00:47 ] [ 編集 ]
富岡茂永容疑者 日本会議支部長
[ 2017/12/29 02:24 ] [ 編集 ]
いっその事殺人神社として売り出せば良いのにw
憎い相手に呪いをかける呪詛専門で人気出るかもよ
[ 2017/12/29 05:01 ] [ 編集 ]
未だに神社に行って少ないお賽銭なげて、それで何か自分にご利益???そんな事考えている人がいるの?
前時代もの、というか歴史前の感じ。
神様なんて言う物は自分の心の中にあるもの。形ではありません。
[ 2017/12/29 07:54 ] [ 編集 ]
殺された女性宮司が可哀想。
氏子総代らから彼女を盛り立てていこうと支持されていたのに、他の男宮司からはセクハラを受け、男尊女卑の神社庁からは正統と認めて貰えず、素行が悪くて廃嫡された弟に脅され、つきまとわれ、ついには刺殺された。
この弟は廃嫡時に多額の資産分与を受け、また毎月継続して数十万円の生活費を振り込まれていたにもかかわらず、だ。
姉さん、怨霊となりて腐った神社庁と日本会議、ウヨ男どもに祟ってやんなさい。
[ 2017/12/29 09:05 ] [ 編集 ]
腐敗した宗教家はいらない

[ 2017/12/29 09:50 ] [ 編集 ]
姉弟揃って参拝者をただの金づるとして扱って豪遊してたんだろ?
因果応報だろ、そう言った意味では神は存在するかも
[ 2017/12/29 11:18 ] [ 編集 ]
森〇の件と言い、この事件は、いかにも日〇会議がらみらしい事件に思えた。
[ 2017/12/29 12:32 ] [ 編集 ]
弟の悪評はそのまんま信じていいとして、姉ちゃんの方はどうなんかね。
ホームページ見た感じではそんなやばい人には思えんのだよね。
儲かってる神社のいわば社長なわけだから多少の金遣いなんかは許されるとは思うんだわ。
横領とかせず、かつ本業を疎かにしてないならばだけど。
参拝者の多くは観光客みたいなもんだし。
神々(ここの成立からいえば「神仏」か)と少数の真面目に参拝に来た人に対してどれだけ真摯に向かい合えていたかだな。
あと菅野完がこれ日本会議関係ないって言ってたみたいだけど、やはりこの後の神社本庁の動きはよく観察しておいた方がいいと思う。
[ 2017/12/29 12:51 ] [ 編集 ]
因果応報、自業自得、苦楽は全て己れの己心、観心にありとする教義を持つ仏教からすると、迷いのある人間が勝手に創り上げた神様でなにやら福運を得ようとするのは基本的に疑問を持つべきだし、金を巻き上げて贅沢三昧という宗教者も狂っているとしか思えない。
そもそも、この凄惨な事件が神の不確実、不在、無意味さを物語る。相撲や歌舞伎の世界も神事がつきものだが、迷いの流転があとを絶たない。安倍内閣や日本会議も傾向は同じだ。またそれを傍観し、金儲けや権威主義に陥っている現代の職業坊主も五十歩百歩である。変な宗教が蔓延し、神社仏閣は形骸化しているから賽銭行為などは腐敗を助長するのみである。
[ 2017/12/30 02:31 ] [ 編集 ]
元々神道やキリスト教は神は外にいると考える宗教だから他力本願なのでしょうがないよね。

今回の件もなるべくしてなった宗教?(伝統習わし)だよね

創価学会も全員そうなのかは知らんが、お前の親はキリスト教だからお前はキリスト教だ、だからお前は邪教徒だとか意味不明な家のクソババア(祖母)幾ら、親も自分も無宗教だと言っても勝手に決めつけてくる。

じゃあ邪教徒の家に寄生してないで出て行けば良いじゃないかw

仏教徒ではないが基本的に自分の中に神が宿る(邪神や貧乏神も含め)という考え方には賛成だが俺の近くの創価を観る限り排他的な邪教徒にしか見えない。
[ 2017/12/30 04:29 ] [ 編集 ]
私はどこにも創価が正しいなどとは記してはいない。創価学会の池田大作は本尊を「宇宙に遍満する根源法」としている。
この教義解釈はアニミズムやキリスト教、西洋哲学と基本骨格を等しくする仏教破壊の大謗法だ。貴方の指摘するように創価は邪教徒である。内道を捻じ曲げ中から壊すことを「獅子身中の虫」というが当にそれだ。
信者を選挙と金集めに利用する創価学会は神を讃えて侵略戦争をするキリスト教徒と変わらない。むしろ無宗教のほうが無害だと思うが、金や名誉、権力や欲望に偏り迷うと行きつく先は同じということだ。あらゆる宗教、執着対象が外道化しているから反省がまるでない。仏教すら外道化している似非仏教徒ばかりなのだ。
[ 2017/12/30 05:05 ] [ 編集 ]
同感

無宗教にも二種類ある

①迷いがあるが何処の宗教にも入るつもりのない者(浮遊霊)

②何処かの宗教に入らず自身の脳で善悪を判断し何の為に生きているか自分で道を探ろうとする者

むしろ宗教に入っている者は自身の脳で考える事をやめ他から与えられた情報を鵜呑みにし生きる事への責任放棄をしたロボットと変わらないと思う。

お釈迦様の教えの仏教はそれには当たらないと思うが…
[ 2017/12/30 05:56 ] [ 編集 ]
> 今年は惨劇によって参拝客減少が3割…え?3割しか減らないんかい。
> 2017/12/29 00:47

彼らは昆虫と同じような生き物だからね。
別の言葉で言えば「哲学的ゾンビ」という言葉があるようだ。

彼らの行動原理はただの反射でしかない。

「地球が公転軌道上の一定の位置、具体的には冬至点付近に到達すると
思い出したかのように神社に参拝するというアルゴリズムで定期的に動作」

そんな感じの生き物。
三割も人間がいるだけマシというもの。

まぁその三割も実のところ思考ではなく
「悪いニュースが出たら回避行動」を取るだけの
別タイプのゾンビなのかもしれないが。
[ 2017/12/30 14:12 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
最新記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
フェイスブック
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク