情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
情報速報ドットコムは新サイト(http://johosokuhou.com/)に移転するので、改めてブックマークやお気に入り登録をよろしくお願い致します!
2017.12.30 20:00|カテゴリ:地震情報コメント(5)

2017年に観測した地震の回数、震度1以上で2000回超!東日本大震災前よりも高止まり・・・


s_ice_screenshot_20171230-194819.jpeg

震度1以上の地震2000回超に 依然多い状態続く
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171230/k10011275361000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

s_ice_screenshot_20171230-194141.jpeg
s_ice_screenshot_20171230-194228.jpeg
ことし、震度1以上の揺れを観測した地震の回数は、29日夜までに2000回を超えました。熊本地震が起きた去年より大幅に減りましたが、東日本大震災の前と比べると依然として多い状態が続いていて、気象庁は備えを進めるよう呼びかけています。



2017年地震情報
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/

s_ice_screenshot_20171230-194306.jpeg
s_ice_screenshot_20171230-194343.jpeg
s_ice_screenshot_20171230-194405.jpeg
s_ice_screenshot_20171230-194419.jpeg
s_ice_screenshot_20171230-194432.jpeg
s_ice_screenshot_20171230-194450.jpeg


*管理人コメント
2017年の1年間は大震災クラスの大地震はありませんでしたが、震度5前後の中規模な地震が長野や鹿児島などで頻発していました。特に本州のど真ん中にある「中央構造線」のエリアで地震が多く見られ、2016年に発生した熊本地震の影響がジワジワと波及している可能性が高いです。

東の海溝で発生した東日本大震災、西の九州で発生した熊本地震。この2つの地震に挟まれている場所は日本の本州中部となるわけで、次の巨大地震はそこで起きることになると私は見ています。
それこそ、東南海大地震や関東大震災が同時に発生する事態も否定できず、今から次に備えておくことが大切です。










ニトムズ 家具転倒防止安定板 ふんばる君 90 M5880


Q-Beau テレビ 転倒防止 TV 固定 地震対策ベルト 耐震ストッパー 2本セット,ボルトとハードウェアが含まれて
関連記事


情報速報ドットコムは新サイト(http://johosokuhou.com/)に移転するので、改めてブックマークやお気に入り登録をよろしくお願い致します! ブログパーツ
2018年1月に伊豆半島で巨大地震が発生する!
結構信憑性があるよ。
[ 2017/12/30 21:43 ] [ 編集 ]
まぁあれだね
とにかく、地震の予知は
誰も出来ない、わからないという結果が
でた。
[ 2017/12/30 22:38 ] [ 編集 ]
来年かはともかく、ここ10年以内に大きな地震が起きそうなのは統計的には確かですよね。

稼働していないとはいえ、狭い日本の国土に50機以上の原発があり、燃料プールには大量の使用済核燃料がある状態。綱渡りな私たちの生活はこれからも続きます。
(個人的には、本サイトでも取り上げた北海道沖で起きるといわれる大地震が六ケ所村に与える影響を強く危惧しています。あそこで比較的大きめな事故か起きたら、本当に日本はおしまいです。上層階級は日本から続々避難すると思います)。
[ 2017/12/31 08:07 ] [ 編集 ]
今年そんなに微小地震多かったのか・・
[ 2017/12/31 09:57 ] [ 編集 ]
地震があったらまず大量にトイレの水を確保だぞ!
[ 2018/02/02 20:19 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
最新記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
フェイスブック
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク