情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2018.01.02 22:35|カテゴリ:政治経済コメント(20)

ローマ法王が長崎被爆写真を配布!戦争を懸念!「人類は広島や長崎から何も学んでいない」


s_ice_screenshot_20180102-223151.jpeg

ローマ法王が長崎原爆投下で撮影された被害者の写真を配布するように指示を出したことが話題になっています。

ローマ法王は広島や長崎の原爆投下についてカードを通して、「少年は、死んだ弟の火葬の順番を待っている。かみしめた唇とにじんだ血に少年の悲しみが表れている」と言及。人類は広島や長崎から何も学んでいないとして、核廃絶のメッセージを強く込めるような形になっています。

過去にもローマ法王は広島や長崎にコメントしたことがあり、その時も同じ様に強く核を無くすように訴えていました。ローマ法王が具体的なアクションを起こしたことで、世界中のメディアが核廃絶のメッセージとして取り上げています。


「焼き場に立つ少年」の写真、ローマ法王が配布を指示
http://news.livedoor.com/article/detail/14105496/

(CNN) ローマ法王フランシスコが、長崎原爆投下の被害者の姿をとらえた1945年の写真をカードに印刷して配布するよう指示を出していることが1日までにわかった。カードの裏には、法王の要請により「戦争が生み出したもの」という言葉が記載されている。



ローマ法王 「これが戦争の結末だ」長崎被爆写真配布を指示
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180102/k10011277371000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

s_ice_screenshot_20180102-222437.jpeg
s_ice_screenshot_20180102-222442.jpeg






















関連記事


情報速報ドットコムは新サイト(http://johosokuhou.com/)に移転するので、改めてブックマークやお気に入り登録をよろしくお願い致します! ブログパーツ
人類もそうだが、何より日本政府そして日本国民が全く学ばずに同じ過ちを犯そうとしている。

日本政府に至っては、むしろその方向に国民を誘導している様にさえ見える!
[ 2018/01/02 22:48 ] [ 編集 ]
若い時に社会問題について考えてこそ、大人になった時、
話し合いによる解決を大切だと思えるようになる。

育鵬社の教科書を鵜呑みにしてはいけない。
[ 2018/01/02 22:53 ] [ 編集 ]
人類が学ばないのは世の常ですが、原爆を落とされた国ですら被爆地域を除いて学ばない始末。
大戦当時に戦争を推し進め、売国で命拾いしていた政治屋達の子孫が歴史を理解せず過ちを認めず正当化し賛美して同じ道を強行しようとする始末。
利権を得ようと躍起になってその愚者達を持ち上げ先の大戦を美化し大衆をそそのかし、罪の意識を背負いたくないが故に騙される国民の民度の低さ。

結局は良くも悪くも ”政治家は国民を映す鏡” だと痛感する今日この頃ですねー。
[ 2018/01/02 23:03 ] [ 編集 ]
[ 2018/01/02 22:53 ] 名無し

ローマ法王の話になぜ育鵬社???????
[ 2018/01/02 23:08 ] [ 編集 ]
人類は知識と想像力がまだ足りないチョロい若者に逐次入れ替わって続いていくけれども、それでも一般人は学んでないわけではないと思う。
政治が理念に基づかず、所詮は利権と欲望をまとめるプレイヤーを選挙で選んでるだけってことが理由ではないか。
[ 2018/01/02 23:27 ] [ 編集 ]
自国が受けた戦争の被害を伝えようとすると「反日」と言われる不思議な国、日本
[ 2018/01/02 23:44 ] [ 編集 ]
バカな首相が戦争を煽り、どんどんと戦前回帰を目指す今の日本。
どいつもこいつも長いものに巻かれろ、安倍様忖度で利益や金のことしか考えず、選挙となりゃ景気よくしますぅ~と口からで任せの嘘つき政党にしか入れない薄っぺらい国民。

この写真のような出来事が再び現実となるのはそう遠くない未来に思います。そうならないためには、今の権力者を引きずり下ろすこと、それしかないです。今年こそ橋下や安倍、取り巻きのウヨク連中を何としてでも引きずり下ろしましょう。連中の汚く小賢しい脅しには屈しないよう、頑張りましょう。
[ 2018/01/02 23:45 ] [ 編集 ]
ようやく中露主導の多極世界が現実味を帯び始め、覇権を手放したくない欧米支配層の最後の「いやがらせ」行動が散発的に中東やミャンマーや東アジアで発生している中、日本が「40年遅れ?」で衰退する欧米にぶら下がっている姿が滑稽、かつ恥ずかしい。
[ 2018/01/03 00:29 ] [ 編集 ]
核もそうだけど、地震の活動期に入ってる今年もこの状態になる可能性あるだろ。
[ 2018/01/03 00:38 ] [ 編集 ]
戦争で死ぬの、いやー。

(こんなこというと、叱られそうだけど)
[ 2018/01/03 03:40 ] [ 編集 ]
原爆投下は正しい行為であったと考えている国や人は存在している。
それらの人々が単に「日本憎し」では無く、もし自国が核攻撃を受けた場合でも、それを自国の不徳であると甘受する覚悟があるのであれば大したものであり、水を差すべきでは無いだろうか。

人類は原爆投下から学んでいないのでは無く、学んで覚悟を固めたうえで核武装という決断を行ったのでは無いかと思う。
[ 2018/01/03 07:27 ] [ 編集 ]
広島長崎だけでなく第一次世界大戦からも学ぶべき
第一次世界大戦では毒ガスが使われ大変なことになったが
もしもあれが第二次世界大戦でも史実より更に使われていたら事実上の核戦争になっていたし
ベルリンの戦いや沖縄戦で生物化学兵器が使われていたら広島長崎と同じようなもん
そういう自覚がないから今でも化学兵器が戦争で使われている
[ 2018/01/03 07:42 ] [ 編集 ]
例え核を廃絶した所で次は純粋水爆に手を出すだろう
人間とはそう言うもの
[ 2018/01/03 08:04 ] [ 編集 ]
03:40さん、それが普通の人の感覚です。
それを言って怒るような輩がいればそれは間違いなくネトウヨや安倍信者、自称保守と名乗る奴らです。
こいつらのような奴は、過去の戦争の際には自分だけ安全なところにいて、利権をむさぼり、戦争が負けるとコロッとアメリカ様の言うなりになったクズと何らかわりはありません。
こんな輩が幅をきかせるような世の中にしてはいけないのです。
[ 2018/01/03 09:05 ] [ 編集 ]
平仮名しか読めず、耳は軍歌とお笑い芸しか流れていないイヤホンで塞がれた知恵遅れの”幼爺”が、絞首刑犯の地獄からの命令を拡声器でガナリ続ける。
[ 2018/01/03 09:50 ] [ 編集 ]
戦争を煽り仕掛けているのは外国。日本は対処してきただけだ。
[ 2018/01/03 10:37 ] [ 編集 ]
(死の商人)軍需産業は確かに儲かる
日本国民は危機感が無さ過ぎる。 平和ボケのまま地獄への道を嬉々として歩む。
何も学ばなければ、何も知ろうとしない。 
サイコパス独裁を放置し、軍事費拡大、軍需関連企業ばかり優遇。 個人は追い詰め貧困へ追いやり
経済が行き詰まったら戦争をする、学ばない人類の歴史は繰り返される。 
[ 2018/01/03 11:39 ] [ 編集 ]
03:40さんへ、僕も嫌ですし同感です。
 僕も、戦争で死ぬのいやです。

 …あと、この法王さん、反対派を虐殺していたアルゼンチン軍事政権下での「汚い戦争」(1976~1983)の酷さと愚かさを自ら体感しているからこそ、我が国の極右政権の愚かさを理解しているのだと思いますよ。
 
 それでは!
[ 2018/01/03 11:55 ] [ 編集 ]
写真は沖縄戦のもの
この写真は沖縄戦直後に米軍によって撮影されたもの。原爆被害の写真ではない。そもそも、原爆被害とは人間が焼け焦げて死ぬもの。単なる戦争被害とは次元が異なる。広島の爆心地近くでは、体は全て蒸発して、座っていた階段に影だけが残っているというものもある。ネット利用者の多くは、戦争の知識に欠けた人々なのでしょう。いや、ローマ法王庁がダントツでした。
[ 2018/01/04 13:45 ] [ 編集 ]
この写真は、原爆投下から1ヶ月後に長崎で撮影されたものですよ。

ジョー・オダネルという米軍公式のカメラマンが「日本人を撮るな」という命令に背いてこっそり30枚だけ個人的に撮影していた。長らく封印していたものを43年後に公開した写真の1枚がこれです。


以前にこの写真を見た時、愚かな戦争や子供の健気さなど色々なことを考えたよ。


[ 2018/01/05 04:12 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
人気記事
最新記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク