情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2018.01.03 22:00|カテゴリ:政治経済コメント(1)

【中東危機】トランプ大統領「経済支援の凍結も」パレスチナ「脅しには屈しない。合意は出来ない」


s_ice_screenshot_20180103-202946.jpeg


アメリカのドナルド・トランプ大統領がパレスチナに対して、「イスラエルと和平しなければ経済支援を凍結する可能性がある」と警告したことを受けて、パレスチナ側が反論しました。
パレスチナはトランプ大統領の警告を脅しだと指摘し、「もはやアメリカに和平交渉を仲介する資格は無い。今後アメリカの和平案は拒否する」などとコメント。

アメリカ主導の和平合意は不可能だとしており、エルサレムをイスラエルの首都と認定した件を受けて、アメリカに強い不信感があると言及しました。
パレスチナ解放機構(PLO)のアシュラウィ幹部は「脅しには屈しない。和平の取り組みを妨害してきたのはトランプ大統領であり、今度はみずからの無責任な行動が招いた事態の責任を、パレスチナ側になすりつけようとしている」と述べ、トランプ大統領の行動が和平の取り組みを妨害していると指摘しています。


パレスチナ「脅しに屈せず」 トランプ大統領の “支援凍結”に
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180103/k10011278221000.html?utm_int=all_side_ranking-social_005

アメリカのトランプ大統領がパレスチナに対して、イスラエルとの和平交渉に応じなければ経済支援の凍結もありうると警告したことについて、パレスチナ側は声明を出して反発を強めています。










関連記事


ブログパーツ
世界の歴史を牛耳ってきた、白人思想がひさびさに表面化した。
アメリカ大陸には先住インディアンがいたが、占領しコロンブスがアメリカ大陸発見?
強くて、金のある勢力が正義であり、弱肉強食は正しいという狩猟民族の伝統的思考と行動様式は健在であるという事。
過去の植民地支配等に準ずる、形を変えた占領搾取の正当化を行い始めている。
更に宗教思想と連帯、利権が加わり、かなり強固な連携が図られ始めた。
日本も他人事ではない。
北朝鮮を利用し兵器を買わせ、日本が損する集団的自衛権までポチを利用し成立させ奴らは狡猾。
あたまのぬるい日本人はそれでも気づかずのんきにポチを支持する。
このエルサレムの件は対岸の火事ではない。
いざとなったら、奴らは簡単に日本を見捨てる。
その前に日本をとことん利用し、日本の金と安全、あらゆる資源を食い尽くしてゆく。
これがいつもの彼らのやりかた。 北が暴発すれば日本は最前線の戦場に。

[ 2018/01/04 05:31 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
フェイスブック
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク