情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
情報速報ドットコムは新サイト(http://johosokuhou.com/)に移転するので、改めてブックマークやお気に入り登録をよろしくお願い致します!
2018.01.06 19:00|カテゴリ:政治・選挙コメント(22)

共産党がネット部隊を創設か!?サポーター制度を導入、しんぶん赤旗も電子化へ!幹部は危機感も


s_ice_screenshot_20180106-104918.jpeg


共産党が衆議院解散総選挙で議席を減らしたことを受けて、若者向けにネット対策を強化する方針を表明しました。報道記事によると、共産党はインターネットで支持者と党を繋げるためのサポーター制度を導入し、機関紙・しんぶん赤旗も電子化する方向で調整しているとのことです。

ネット対策を強化すると同時に、堅いイメージを払拭する狙いがあると見られています。衆議院解散総選挙で議席が減ったことについて志位委員長は「支持者になってもらう努力が十分だったとは言えない」とコメントしており、ネット対策の強化を含めて様々な対策を検討しているようです。

野党側は与党に比べてネット対策が大きく遅れているのが実情で、先の選挙でも若者の大部分は自民党か棄権でした。


「赤旗」電子化、共産ソフト路線…衆院選惨敗で
https://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/politics/20180104-567-OYT1T50010.html

 先の衆院選で惨敗し、若者の支持が必須とみているためだ。インターネットで支持者が党とつながる「サポーター」制度を導入するほか、機関紙「しんぶん赤旗」も電子化し、堅いイメージからの脱皮を図る。































関連記事


情報速報ドットコムは新サイト(http://johosokuhou.com/)に移転するので、改めてブックマークやお気に入り登録をよろしくお願い致します! ブログパーツ
共産党は今年もまた在日の新年会に出席したの?
日本人をないがしろにするのもいいかげんにすべき。
[ 2018/01/06 19:10 ] [ 編集 ]
共産党は移民反対なので自民党よりまともな政党だと思うが
ネトサポ側は間違いなく反共(勝共)を大義名分にして
冷戦時代のような左右対立の図式に持ち込む作戦にでるだろう。
型通りのウヨサヨ対立に持ち込まれたら、どうしてもネトサポ側が有利になる。
だから共産党には、例えば水道民営化反対、移民反対、国家戦略特区反対など
保守層をも説得できる論理を前面に立ててやってもらいたい。
[ 2018/01/06 19:30 ] [ 編集 ]
[2018/01/06 19:10]名無し
>共産党は今年もまた在日の新年会に出席したの?
 日本人をないがしろにするのもいいかげんにすべき。


「在日の新年会」って、具体的には何のこと?
[ 2018/01/06 19:31 ] [ 編集 ]
自分は、共産主義者それ自体ではありませんが、
国民主権、平和主義、人権尊重を掲げる日本国憲法を基本的に支持しているので、
護憲を主張する日本共産党を支持します。

明治維新150年などとやたら大日本帝国時代の日本を美化、理想化し、日本国憲法の改定を目指しているような安倍自民政権を支持することはできません。
[ 2018/01/06 19:38 ] [ 編集 ]
電子化は若者対策という新規開拓が目的じゃなくて、省力化というコストダウンが本命で実際効くだろうと思う
高齢化が進み過ぎて赤旗配達に支障が出るのも時間の問題みたいだったし、平日版は赤字だし
読者層の過半がITに疎い高齢層とか配慮する余裕すらなくなったという事でもある
[ 2018/01/06 19:43 ] [ 編集 ]
荒らし対策はしっかりやっといた方が
よろしいかと
[ 2018/01/06 20:48 ] [ 編集 ]
アタシは共産党支持者ではないですが・・・

野党サイドがネット系に力を入れ始めているのはよいことです(´・ω・`)
とかくネットを使った「コンテンツ作り」には自民党には二歩三歩後れを取っていたのは事実ですしね。
「イメージ戦略」といえばそれまでですが、これまでの「お堅い」共産党からは脱却したいという考えは伝わってきます。

願わくば、この「ネット構築」というか、「自民党とのサイバー戦」に打ち勝ってもらいたいですな(´・ω・`)

※この流れが他の野党、立憲民主党あたりにも波及していけばよりいいですね。
[ 2018/01/06 21:16 ] [ 編集 ]
自民は全く支持しませんが、野党も特定の支持党は有りません。憲法問題も含めその論調は評価しています。現在自民、安倍内閣の支持者(本サイトに寄せられるコメントでも)は教団の信者ごときが多く、その人達の主張は偏り、リテラシーの欠如が目立ちます。それらの人にどの程度影響があるか分かりませんが、[ 2018/01/06 21:16 ] コンスコンさん同様期待したい。
[ 2018/01/06 21:33 ] [ 編集 ]
共産党は共産党でろくでもない左翼政党だが、
現時点で本当の意味での保守に一番近いのが共産党。
[ 2018/01/06 22:31 ] [ 編集 ]
ちょっかい出してはいけませんよ(`・ω・´)
優しく見守ってあげるのです(`・ω・´)
お手柔らかに(`・ω・´)
魚釣り厳禁(`・ω・´)
[ 2018/01/07 00:21 ] [ 編集 ]
たしかに、昨年、一番変わったのは、「保守」の意味ですね。
戦後70年、ずっと形作られてきた価値観を継続しようとする共産や立憲民主は、保守で、
新しい価値観を拡げていこうとする自民が、革新政党。

ここ数年で、かなりクリアになってきましたナ。
[ 2018/01/07 00:26 ] [ 編集 ]
自民のマネ。
[ 2018/01/07 00:28 ] [ 編集 ]
「ネトサポが~ネトサポが~」と、アホ左翼がスキさえあれば念仏唱えてたのに。

これで同類になりましたね。おめでとうございます。

でも、老害左翼にネット使えるんですかねww
[ 2018/01/07 01:18 ] [ 編集 ]
共産党はどうもイメージが悪すぎる、共有党しょう、と書いてみたかった。
今では昔革新(革命)といわれた共産党が保守的な感じがする。

こらからもワサビやカラシのように薬味?としてありつづけるのだろ。
[ 2018/01/07 02:15 ] [ 編集 ]
自民党ネトサポ対赤旗部隊か。
[ 2018/01/07 02:46 ] [ 編集 ]
刷り込まれた妄想を自分の考えだと言う主張が多すぎ←安倍ネトサポ
刷り込まれた妄想を自分の考えだと言う主張が多すぎ←安倍ネトサポ
国家権力を持った私的勢力側のイメージ操作と、野党側のとを
混同している低レベルの一人前した小中生コメ。姑息なケチ付けを
しているが妄想と知識に対するルサンチマン(自分より強い者に仕返
ししたいという鬱屈した心情)が目白押し。
所詮、安倍サポが小遣い稼ぎで定形文コペピしているのも確定。
(ポッチャン便所に湧きウジ虫恥ずかしい輩)

[ 2018/01/07 03:57 ] [ 編集 ]
共産党――まずは党名を変えるべき。
[ 2018/01/07 04:47 ] [ 編集 ]
サポーターと言っても
自民党の様なウソや偽装、藁人形論法ではいけませんね。
[ 2018/01/07 05:52 ] [ 編集 ]
拡散部ってのが元々あったじゃん。
若者受けしないのは、ネットのせいばかりじゃないと思うけど。
[ 2018/01/07 08:15 ] [ 編集 ]
嘘も百遍繰り返せばまかり通る、虚実ないまぜ、でまかせ、ごまかし、
北朝鮮のような誇大妄想的声明などとは無縁とし、
ただただ事実を分かりやすく伝える姿勢に徹すれば、
いつしか、人々から信頼を得られるでしょうね。

もし、自民党ネトサポや他のネット対策集団などと対峙しようと、
同じことをすることが目的ならば、しないほうが知性を感じるし、
そんなことに期待する方もオツム程度が知れて、如何なものかと思うね。
[ 2018/01/07 10:37 ] [ 編集 ]
ここはひとつハッカー部隊をつくって、組織的に匿名でデマとヘイトをまき散らすネトサポ(世耕配下の統一教会系とか)の居場所と実態を暴いて世に晒してやってほしいもんだ。
非合法なことやったらすぐ取り締まられるだろうけど。
[ 2018/01/07 15:58 ] [ 編集 ]
2018/01/07 04:47
同意

民進党と違って
負のイメージを
払拭できると思う

「共生党」とか
[ 2018/01/08 16:04 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
最新記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
フェイスブック
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク