情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2018.01.12 17:01|カテゴリ:政治経済コメント(13)

【日韓合意】安倍首相が韓国の新方針に初言及!「全く受け入れられない」「関係が冷え込む」


s_ice_screenshot_20180112-163856.jpeg
*官邸


韓国政府が日韓合意(慰安婦合意)について新方針を発表した問題で、安倍首相が初めてコメントしました。安倍首相は日韓関係が急速に冷え込む可能性があると言及した上で、「全く受け入れられない」と発言。
韓国政府の対応を強く批判した上で、日韓合意の維持を韓国に強く要望しました。

日韓合意の見直しを巡っては来月のオリンピックに安倍首相が不参加する方針を決めており、日本政府として強い抗議の意思を示しています。


日韓関係「急速に冷却も」 韓国側が報道、首相の表明に
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/194311

 【ソウル共同】韓国の聯合ニュースは12日、日韓合意で従軍慰安婦問題は解決できないとする韓国政府の新方針に対し、安倍晋三首相が「全く受け入れられない」と述べたことを速報した。聯合は「韓国政府が、歴史問題と韓日間の協力を分離して(進め)外交関係を正常化させようとしているにもかかわらず、両国関係は急速に冷え込む可能性がある」と伝えた。










関連記事


ブログパーツ
安倍首相って本当にアホだなあ。
文在寅大統領は慎重に言葉を選んで発言しているっていうのに。
彼は「日本」という極めて曖昧な主体に向かって(これでは「日本政府」なのか「日本人一人一人」なのかはっきりしない)「謝罪するべきだ」と言っている。
これは「後のことは自国でけりをつけるから、日本政府は黙って見てろ」と言ってるに等しい。
少なくとも私は文大統領の年頭会見の内容を聞いてそう解釈した。
それを安倍首相は全てぶち壊すような発言を行って・・・。
[ 2018/01/12 21:18 ] [ 編集 ]
文在寅大統領は南北対話に紛れて対米自立を果たし、ユーラシア大陸諸国と新たな関係構築の方向で動いている。それはトランプ大統領にとっても大歓迎。戦力大幅ダウン・インフラボロボロのアメリカとしては、朝鮮半島なぞに構っていられないのが本音。でも武器セールスの商売は続けますが、、
というわけで、いつまでも米国の腰巾着となって「北に圧力をかける」の一つ覚えの日本は時代の趨勢から取り残されていく。
[ 2018/01/12 21:33 ] [ 編集 ]
政治は結果、保守政治家なら大局を見た対応を
保守政治家なら大局を見て清濁併せ持つ対応をとるものだ。
韓国が政府間合意を見直したことに抗議して平昌五輪に欠席することは大局的な利益に反する。
確かな見通しがあって決めたとは思えない。鬱憤晴らしではないのか?
政府間合意で日韓関係改善が図れればよかったが、残念ながら失敗した。今こそ外交力が問われる。
米国の圧力ゆえに政府間合意を急いだわけだが、それが裏目に出て韓国民の合意を得られなかった。
要は韓国民の感情の問題なのだから、日本側が何度も誠意を示せば次第に韓国民の感情もやわらぐ。
そもそも日本を評価し日本が好きで観光に来る韓国人も多い。政治がそれに逆行してはいけない。
慰安婦被害者は日本にも各国にもいるが、韓国の場合は植民地支配の問題もからんでいる。
一片の政府間合意や最終的・不可逆的なる文言で解決する問題ではないと知ることが大切だ。
戦争後遺症問題は実は日本国内でも解決していない。沖縄基地問題も空襲被害者無補償問題も。
国内の問題は政府が押しつぶせるが、韓国の問題は押しつぶせないから外交問題になっただけだ。
日本のメディアはその視点を無視して韓国の問題だけのように語ってはいけない。
[ 2018/01/12 23:25 ] [ 編集 ]
本当は日本人?に対するカモフラージュ
下関に二度行きました。彼は決して嫌韓なのではなくて下関を拠点に岸信介氏の時代から文鮮明(統一教会創設者)を日本に紹介し、韓国との交流を延々続けてきましたということが行って確かめることができました。彼が表で韓国を嫌っているのは嘘です。むしろ韓国や北朝鮮に日本からたくさんの金品をさしあげてきています。駅前の一等地に堂々と営業しているぱちんこや。これは?
[ 2018/01/13 00:49 ] [ 編集 ]
ブーメラン
ナチス安倍はその昔、北朝鮮との約束を2度反故にしています。
一つは、拉致被害者を一旦帰す約束、二つ目は、遺骨の問題。
それがかつての訪韓時での核実験の脅しになり、
それが今こうして、今度は北朝鮮から韓国へ回り、朝鮮として自分の身に戻って来たのです。因果応報。
韓国は、北朝鮮と中国に向かってユーラシア大陸は同士と打ち上げたのです。
[ 2018/01/13 07:00 ] [ 編集 ]
アベが韓国に行かないのは負けを認めたことでいいのか
五輪期間中に訪問して韓国の大統領と話すことは
日本の正当性を訴える絶好の機会なのに
[ 2018/01/13 07:32 ] [ 編集 ]
慰安婦に関連する日韓の問題は全て最終的かつ不可逆的に解決いたしました。
あとの問題は全て韓国が国内問題として解決すべきことです。
[ 2018/01/13 08:23 ] [ 編集 ]
右翼だから毛嫌いされるのは当然
ナチス安倍は極右だから、日本国民からもアジア民からも毛嫌いされるのは、前の侵略強盗戦争が日本の右翼思想から発せられていたのですから当然です。
苛めた側の加害者が解決したというのは自分勝手な解釈です。
苛められた側の被害者が納得しなければそれは解決ではないのです、解かったかな。
[ 2018/01/13 11:22 ] [ 編集 ]
誰が首相であっても受け入れられないのに、上の人たちは安倍という言葉だけで決めている。
もう論外だね。話にならない。反安倍は楽ですね。
[ 2018/01/13 12:34 ] [ 編集 ]
北があんな状態なのに「選手団送るぜ!」言ってるのに
隣国の,友好国の,次の五輪の開催国の首相なのに出席しない

小さいねぇ・・・
[ 2018/01/13 16:45 ] [ 編集 ]
08時23分の方へ、本当に韓国の国内問題なら安部首相の五輪出席に問題はないはず
今回の件が、本当に韓国の国内問題なら、安部首相の五輪出席に何の問題もないはず。
韓国の国内問題に抗議して、あるいは国内問題が不快だから、などいう欠席理由はありえない。
平昌・東京・北京と、これから東アジア3カ国で冬・夏・冬の五輪が続く。最初に欠席はない。
本当は韓国の国内問題ではなく日韓の外交問題であることを日本政府も認識している証拠だ。
確かに政府間合意での最終的・不可逆的の文言は重い。だからこそ韓国政府も再交渉は求めない。
だが、最終的・不可逆的なる文言は絶対的ではない。韓国併合条約の「永久に」も無効になった。
要は、韓国民の合意を得られなければ、政府間で絶対的な文言を並べても実効性は担保できない。
戦争と植民地支配の後遺症は感情がからむ問題だから、一片の文書の文言で片づく問題ではない。
韓国政府も韓国民も日本との関係改善を望み、日本にとってもそれが日本の利益になることだ。
硬直した姿勢では関係改善は望めない。真に最終的・不可逆的にするよう何度も誠意を示せばよい。安部首相が平昌五輪に出席すれば韓国民の感情を好転させ日本の利益につながるだろう。
[ 2018/01/13 21:07 ] [ 編集 ]
12時34分の方へ、「安部という言葉だけで決めている」と決めつける根拠は?
「誰が首相であっても受け入れられない」と決めつける根拠があるなら示してほしい。
韓国民の感情を理解する度量のある保守政治家なら、韓国政府とともに知恵を絞ることはありうる。
慰安婦問題の政府間合意は米国が求める日韓関係改善が目的のものなのだから見直しも検討しよう。
日韓関係改善の目的が十分達せられないとなったら現実的な修正を図るのが保守政治家たるものだ。
自分の思い通りにならないといって切れてしまうようでは、まるで幼児か過激派ではないか。
韓国政府も日本との関係改善と発展の意思を表明している。政府間合意の再交渉も求めていない。
粘り強く努力して韓国民の感情をほぐしていけばよいだけのことだ。
努力の一つとして安部首相が平昌五輪に出席するのが役立つ。絶好のチャンスではないか。
「安部という言葉だけで決めている」と決めつける根拠があるなら示してほしい。
安部首相の言動を、おかしいと思う人が批判するのは当然のこと。民主国家なのだから。
「安部という言葉だけで」と思いこんでおられるなら、それは大きな間違いだ。
自分の考えの根拠を突き詰めないで思いこむようになったら、あなたの思想は磨かれないだろう。
[ 2018/01/13 21:31 ] [ 編集 ]
無駄である
>>粘り強く努力して韓国民の感情をほぐしていけばよいだけのことだ。
情報統制、事後法を作る国家は民主主義国家ではない。
[ 2018/01/21 09:56 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
フェイスブック
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク