情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
情報速報ドットコムは新サイト(http://johosokuhou.com/)に移転するので、改めてブックマークやお気に入り登録をよろしくお願い致します!
2018.01.14 21:00|カテゴリ:政治経済コメント(28)

民進党と希望の党が統一会派で合意へ!基本政策で大筋合意、立憲民主党は拒否 「あり得ない」


s_ice_screenshot_20180114-181759.jpeg

民進・希望 統一会派へ基本政策で大筋合意
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180114/k10011288721000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

民進党と希望の党の幹事長が14日、東京都内で会談し、国会での統一会派の結成に向けて、安全保障関連法や憲法改正への対応など両党が共有できる基本政策などをめぐって大筋で合意し、15日以降、それぞれの党内手続きに入る方針を確認しました。



立民 枝野代表 3党統一会派「ありえない」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180114/k10011288781000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

立憲民主党の枝野代表は、大阪市で記者団に対し、「希望の党とは、憲法や安全保障を含めて、違っているのははっきりしている」と述べ、民進党と希望の党との3党による統一会派を結成することはないという考えを重ねて示しました。

















*管理人コメント
民進党と希望の党は政策レベルで概ねの方針をすり合わせ、統一会派の結成となりました。立憲民主党はこれには参加しない形で、三党の結集にはまだ大きな溝があると言えるでしょう。

統一会派の結成はその後の選挙協力にも繋がる話であり、今からやっておくことに意味があります。重要な政策については妥協する必要性はないですが、自民党と公明党みたいに野党もいい加減にまとまるべきです。
政策が違くてもドンドン協力するべきであり、政党では様々な意見を持った議員が居て当然だと私は思います。

希望の党も立憲民主党も協力しあえなければ、総選挙で自民党に勝つなんて夢のまた夢です。




関連記事


情報速報ドットコムは新サイト(http://johosokuhou.com/)に移転するので、改めてブックマークやお気に入り登録をよろしくお願い致します! ブログパーツ
第二自民党は自民党と一緒に成ったら良い。

野党面して国民を騙すな。
[ 2018/01/14 21:05 ] [ 編集 ]
>第二自民党は自民党と一緒に成ったら良い。

>野党面して国民を騙すな。
そんなこと言っってたら自民党が巨大になるだけで永遠に政権交代なんて無理じゃね?
[ 2018/01/14 21:32 ] [ 編集 ]
結局何がしたいんだこの人達は
[ 2018/01/14 21:38 ] [ 編集 ]
ならなんで民進党から抜けたんだこいつらは…(困惑)
[ 2018/01/14 21:43 ] [ 編集 ]
競争と協力を
立憲民主は綱領と基本政策を具体化する政策を発表し、両党との違いをアピールすべきだ

希望・民進は党内にいる第二自民党的な人間に制約されて党勢は伸び悩むはずだ

他方、選挙や個々の政策は妥協できる部分は積極的に協力もすべきだ

来年の初めまでに本当の国民の支持率が得られるかどうかが鍵だと思う






[ 2018/01/14 21:58 ] [ 編集 ]
国民のための政治を
スパイだらけのエセ野党。
真っ当な野党でまとまって欲しい。
[ 2018/01/14 21:58 ] [ 編集 ]
早すぎると思うけどなぁ。選挙はまだまだ先だし、今引っ付いても国民の理解が得られん。水面下で、とかじゃダメなのか?これじゃ何のために分かれたんだかさっぱりわからん。
[ 2018/01/14 22:43 ] [ 編集 ]
ヤマダ氏
> 政策が違くてもドンドン協力するべきであり、政党では様々な意見を持った議員が居て当然だと私は思います。

 ヤマダ氏の意見は正論だし,そうなってほしいのですが,日本の政治状況ではなかなかそうはなりにくいと思います。
 立憲民主党は「民進・希望と統一会派を作ると結局もとの民進」なので支持は広がらないと考えているようですが,「頑迷」「セクト主義」と受けとられる危険も大いにあります。
 統一会派ではない協力の在り方を立憲民主党の方から提案していかないと,立憲民主党も単なる一日花になってしまいます。

 自民党や公明党は「政権党のうまみ」という粘着剤があるから,”様々な意見を持った議員が居”ることができるし,それが強みにもなる。

 民進・希望;立憲民主は連合に依拠しているが,連合そのものが弱体化しているから,旧社会党・総評のようなわけにはいかない。
[ 2018/01/14 22:45 ] [ 編集 ]
本当は、小沢一郎がオリーブの木構想を提唱した時に、
意地を張らずに、その案に素直に乗っかればよかったんだ。
なのに、あの時、小沢アレルギーを持つ者達がその案を完全否定した。
だから、今もまだ、
オリーブの木構想に近い政策協定を実行するジレンマが残るののだろう。
今の野党陣営の幹部連中がまさにその渦中の人達だからね。

まあ、現民進党に残った人達を見ると、野党糾合より万年野党の方がご気楽人生、
と決め込んでいるようにしか見えないしなあ、

立民の方も、山尾の入党を認めた時点で詰んでしまったね。
安倍に衆院解散の決断をさせるキッカケの一因となった不倫問題と、
それに関わる一連の自分可愛さを晒した言行不一致の醜態は燻り続け、
何かに付け、時として蒸し返されるだろうし、
何より、国会質問で、どの面下げて、他議員に説明責任を迫れるのかと思うと、
かつて、こんなに馬鹿馬鹿しい国会論戦があっただろうかと呆れが止まらない。

枝野福山コンビも判断間違えをしたと思えるがここも意地を張って、
小林のように山尾を擁護するだろうから、
もう十分にウンザリだけれども、安倍に塩を送るのはいつまで続くのやらだな。
[ 2018/01/14 22:57 ] [ 編集 ]
また選挙前にゴタゴタ劇が関の山、
民進や希望に限らずテレビに出まくるマスゴミのお抱え政治家は眉唾者、、、
枝野の地味さで真の(国民目線政治家)仕事人集団をしっかり築いてほしい。

もし野党統一となればマスゴミお抱えの政治家が中心となり
枝野の存在感は薄れ何れ立憲は消えていくだろう。
[ 2018/01/14 22:57 ] [ 編集 ]
*希望・民進+立民+社・共
*立民+社・共
*希望・民進+立民

来年の参院選の選挙区選挙では3パターンを臨機応変に組み合わせて自公候補と対決する
改選1人区・2人区でオール野党連合方式が組めるかどうかが鍵になる
立憲民主党が野党連合のブリッジになる「改訂オリーブの木」構想が現在の最も有効な策だ

[ 2018/01/14 23:14 ] [ 編集 ]
政策はほとんど同じだろう。どこが違うんだ。
安保法案のことなら白紙に戻してから作り直すか、現状維持のまま改案するのかの違いでしょう。

合流してひとつの党になる必要はないが、早いうちから会派を結んで選挙対策を練ることは必要だと思うが。
[ 2018/01/14 23:50 ] [ 編集 ]
まだ時期ではない。
[ 2018/01/15 00:27 ] [ 編集 ]
最後の悪あがき、
でしょうかね~。。。愚かですね~。。。


立憲の皆さんは、静かに着実に!前進あるのみ!
[ 2018/01/15 00:29 ] [ 編集 ]
やはりか!
居酒屋で、「そうなるんちゃうか」と話してた通りになった。
民主の中に、ゴリゴリの原発推進者もいたし。非正規労働者を切り捨てる発言もあったし。
分裂、浄化の運命でしたからね。
[ 2018/01/15 00:32 ] [ 編集 ]
アメリカ傀儡のトロイの木馬が多数だった民進党から分裂したことで、希望の党や残党として排泄され、完全ではないものの立憲民主党は、国民としては、とても応援しやすくなりました。
[ 2018/01/15 01:45 ] [ 編集 ]
自公は政策が大きく違っても議席が3分の2以上あり求人力がある。
だから、自公連立が崩れることはない。

だが、野党は現在かなり議席数が少ないので求人力が低い。だから、統一会派を作るにしても反対派を押さえつけるのはかなり難しい。

また、与党には「流れに身を任せる」という議員もいるだろうが、野党には自分の意見を持ち、「我が道を行く」という議員が多い。(これの良い例が与党と野党の離党者数だろう)
そのようなことからしても野党の統一会派は難しい。

今回も民進から立民へ移る議員がいるだろう。無所属の会はどうするだろうか。無所属の会は希望と民進の統一会派に反対していたが。
また、希望の自民寄り議員も離党の可能性がある。

少なくとも立民は静観しておくべきだろう。参院選が近づいてから野党共闘に動けばよい。
[ 2018/01/15 01:49 ] [ 編集 ]
今回の統一会派は、民進が希望の党の政策要綱に近い事をはっきりさせたという事。大塚が第二前原になっただけ。

安保法制(アメリカによるアメリカの為の集団的防衛組織作り)、共謀罪、TPP、その他「自民党と殆ど変わらない政策(小池百合子談)」の希望の党が少し太ったというところ。
(因みに集団的自衛権も共謀罪もTPPのSDI条項も憲法違反の可能性が高
い)

そんな急激な民主制国家の破壊を認める政党に用は無い。
当然立憲民主は無関係で良い。近寄るな。

[ 2018/01/15 08:18 ] [ 編集 ]
『希望の党も立憲民主党も協力しあえなければ、総選挙で自民党に勝つなんて夢のまた夢です。』

何か勘違いしてませんか?
希望の党は民進を否定して、立憲民主党を排除してできた政党です。
民進と組みたいなら、民進にゴメンナサイと言って復党すれば良いだけの話。
民進、社民、自由は既に終わった政党
解党が嫌なら、泡沫政党として勝手にやれというだけ

立憲民主を軸に共産を含めて自公維新希望と対峙すべき

[ 2018/01/15 08:19 ] [ 編集 ]
民進と立憲民主の違いがはっきりしてくると連合は困るだろう。
やはりこの際、電力労連を含む組織と自治労は全逓などの流れを
汲む組織は分かれた方が良いだろう。
国民になんら利益を生まない、自分とこ大企業企業ファーストの
組合票で政党が縛られる時代は終わっている。
[ 2018/01/15 08:23 ] [ 編集 ]
山尾議員について「どの面下げて、他議員に説明責任を迫れるのか」
という意見がある。
国会議員の追及すべき説明責任は、公的な政策や場合によっては個人
の贈収賄などの法令違反がメインテーマだ。
何ら法令違反をしていない山尾議員はどんどん憲法改悪の阻止に尽力
していけば良い。

共謀罪審議を始め、答弁不能や法令違反の採決を繰り返しているのは
自公の政権だ。
そういう政権に近い営利週刊誌が、最強の論敵について不公平で薄汚い
暴露記事(中性的魔女狩り)を拡散させたくらいでうろたえるな。
山尾議員は選挙区で堂々当選させてもらった限りは負託に応える事だけ
考えればそれで良い。



[ 2018/01/15 08:37 ] [ 編集 ]
>希望の党は民進を否定して、立憲民主党を排除してできた政党です。

それに頼みの綱の小池氏は右翼性や政策能力のなさが露呈して人気がガタ落ち
希望の党は右翼議員や新自由主義者を排出しなければ将来はないだろう

立憲民主は主義主張の筋を通して政策論争を展開して、今年は地道な組織作りをすべきでしょう

[ 2018/01/15 08:48 ] [ 編集 ]
崩壊寸前の民進が「この指とまれ」を出来るなら、民進党員が立憲民主の指にも止まれるはず。
[ 2018/01/15 08:49 ] [ 編集 ]
>希望も立件民主も協力しあえなければ、次の総選挙で勝つのは夢のまた夢です。

それこそまさに55年体制の亡霊にまたしがみついて議員になってただただ反対反対と叫び、カネもらって自分に酔う。そして万年野党として生き万年野党として搭乗して終わり。、新社会党なんかはその典型的ではあるけどなw
[ 2018/01/15 11:56 ] [ 編集 ]
希望の党が出来た経緯を見れば、立憲が統一会派を組む理由がない。

[ 2018/01/15 12:35 ] [ 編集 ]
民進党、希望の党・・・恥の上塗り党、早く消えるのが妥党、既に国民に見放され党、、、、
[ 2018/01/15 13:12 ] [ 編集 ]
前原や小池に騙された人は、これを機に出ちゃいなよ。どうせ、民進や希望なんて泥船だしさ。
[ 2018/01/15 20:12 ] [ 編集 ]
結局、破たんに終わったのか。
分党はいいかもね。

参院・希望「統一会派」拒否 両幹事長ら合意文書
https://mainichi.jp/articles/20180115/k00/00e/010/258000c

希望、「安保」「憲法」でベタ降り 民進との統一会派合意、党内不満噴出で「分党」に言及
http://www.sankei.com/politics/news/180115/plt1801150031-n1.html
[ 2018/01/16 00:00 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
最新記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
フェイスブック
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク