情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2018.01.16 19:00|カテゴリ:政治経済コメント(1)

粉ミルクにサルモネラ菌、世界83ヶ国に影響!1200万箱を回収 仏だけで乳児35人感染


s_ice_screenshot_20180116-082506.jpeg
*公式HP

フランスの乳製品大手ラクタリスの粉ミルクからサルモネラ菌が検出された問題で、騒動の影響が世界83ヶ国に拡大していることが分かりました。
この粉ミルクは日本をのぞく各国に輸出されており、これまでに約1200万箱が回収されています。

サルモネラ菌の存在が発覚したキッカケは、昨年に同社の粉ミルクを飲んだ赤ちゃんから下痢や高熱などの症状が相次いで確認されたからです。これまでにフランスだけで乳児35人が感染し、スペインやギリシャなどでも同じ様な患者が報告されています。
被害者団体は当局が発表した数字は少なすぎると指摘しており、現在進行系で被害の実態調査が行われているところです。

また、騒動が表面化した後も、1か月近くフランス国内のスーパーなどでラクタリスの粉ミルクが販売されていたことがわかり、全世界でラクタリスへの批判が殺到しています。

ラクタリスは記者会見で「問題の原因を見つけるため全力を尽くす」とコメントしていますが、騒動は収まるどころか激しくなっていると言えるでしょう。


仏 サルモネラ菌に汚染疑いの粉ミルク販売 対応追われる
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180112/k10011285941000.html?utm_int=all_side_ranking-access_002

フランスで、大手乳製品メーカーの粉ミルクがサルモネラ菌に汚染された疑いで回収が命じられたにもかかわらず、販売が続けられていたことがわかりました。問題の製品は日本をのぞく各国へ輸出されていて、フランス政府は対応に追われています。



粉ミルクのサルモネラ菌汚染問題、83か国に影響
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-00000022-jij_afp-int

AFPBB News【AFP=時事】フランスの乳製品大手ラクタリス(Lactalis)の粉ミルクがサルモネラ菌に汚染されていた問題で、影響が及んでいる国々は83か国に上っており、これらの国々ではこれまでに粉ミルク1200万箱が回収された。同社のエマニュエル・ベニエ(Emmanuel Besnier)最高経営責任者(CEO)が14日、フランスメディアとのインタビューで明かした。






















関連記事


情報速報ドットコムは新サイト(http://johosokuhou.com/)に移転するので、改めてブックマークやお気に入り登録をよろしくお願い致します! ブログパーツ
ググると、サルモネラ菌の滅菌温度は60℃☓20分または70℃☓10分。
粉ミルクが完全に溶ける為のお湯の温度は80~90℃。
あ、お湯に溶いて冷める迄待ってれば捨てるの勿体ないと思う貧乏性は俺だけか。
[ 2018/01/16 23:37 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
人気記事
最新記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク