情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
情報速報ドットコムは新サイト(http://johosokuhou.com/)に移転するので、改めてブックマークやお気に入り登録をよろしくお願い致します!
2018.01.24 13:00|カテゴリ:政治経済コメント(15)

TPPを3月8日に署名へ!参加11か国で合意、アメリカの項目は一時凍結 ISDS条項も停止


s_ice_screenshot_20180124-043839.jpeg

日本政府はTPP(環太平洋経済連携協定)について、参加予定の11ヶ国と3月8日に南米チリで正式な署名を行うと発表しました。今回のTPP条約はアメリカ抜きの11カ国で締結する見通しで、ベトナムやカナダ、チリ等の環太平洋地域が参加すると表明しています。

当初、アメリカが要求していた知的財産権やISDS条項(国際的な投資関連協定)等の22項目は一時凍結となり、アメリカが復帰したら解除を含めて検討することになりました。
経済や貿易の自由化は大半のルールが維持され、主要な交渉作業も全て終了したと報じられています。

今後もアメリカの復帰を求めるとしていますが、アメリカの復帰が無くてもそのままTPP協定を発効させる形になったと言えるでしょう。

凍結項目リスト
〇急送少額貨物
〇ISDS(投資許可、投資合意)関連規定
〇急送便附属書
〇金融サービス最低基準待遇関連規定
〇電気通信紛争解決
〇政府調達
〇政府調達(追加的交渉)
〇知的財産の内国民待遇
〇特許対象事項
〇審査遅延に基づく特許期間延長
〇医薬承認審査に基づく特許期間延長
〇一般医薬品データ保護
〇生物製剤データ保護
〇著作権等の保護期間
〇技術的保護手段
〇権利管理情報
〇衛星・ケーブル信号の保護
〇インターネット・サービス・プロバイダ
〇保存及び貿易
〇医薬品・医療機器に関する透明性

TPP 参加11か国 3月8日に署名式目指すことで一致
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180123/k10011299621000.html

TPP=環太平洋パートナーシップ協定の参加11か国による首席交渉官会合が閉幕し、正式合意に難色を示していたカナダも含めた11か国が、積み残されていた課題で折り合い、3月8日に南米のチリで署名式の開催を目指すことで一致しました。これによりTPPは、主要な交渉をほぼ終え、アメリカを除く11か国で発効に向けて署名にこぎつけられる見通しとなりました。



TPP11大筋合意
https://www.mizuho-ri.co.jp/publication/research/pdf/insight/pl171113.pdf

s_ice_screenshot_20180124-043949.jpeg





関連記事


情報速報ドットコムは新サイト(http://johosokuhou.com/)に移転するので、改めてブックマークやお気に入り登録をよろしくお願い致します! ブログパーツ
これで放射能の無い食品が安く入ってくるのかな?
[ 2018/01/24 15:55 ] [ 編集 ]
なんでアメリカが入ってくる前提で交渉締結してんだよバカ
嘘つくなよお前
[ 2018/01/24 17:21 ] [ 編集 ]
アメリカでつられてる
[ 2018/01/24 17:37 ] [ 編集 ]
トランプの次の政権が凍結条項を解除して、入ってくるわけですね。
[ 2018/01/24 18:56 ] [ 編集 ]
これで国民年金も公営の水道も公営の病院も救急車もなくなってしまう
[ 2018/01/24 21:25 ] [ 編集 ]
[ 2018/01/24 15:55 ] 名無し

核の最終処分場の話を調べておいたらいい
[ 2018/01/24 22:20 ] [ 編集 ]
著作権問題や、多国籍企業に有利な日本国に法や憲法を越えて採決される恐れのあるISD条項(毒素条項)が完全に取り除かれることが必要である。

海外資本が日本の基幹事業に入り込み、例えば水道料金を何倍にも高騰させる結果を招かないような日本独自の対策をしようとしても、加盟によって制限されるようでは、国民に取って不利益の方が大きくなるだろう。食品の安全基準が、今よりも緩和され、産地表示や、品質表示を制限されるようでは、加盟に反対である。
[ 2018/01/24 23:31 ] [ 編集 ]
米国以外でISD条項を残して嬉しい国って何処? なければ交渉官は国の代表ではないってことか。
[ 2018/01/25 01:38 ] [ 編集 ]
国民年金や公の国民医療保険はどうなるのか?
詳しい人教えてください
[ 2018/01/25 07:42 ] [ 編集 ]
>国民年金や公の国民医療保険はどうなるのか?
>詳しい人教えてください
>[ 2018/01/25 07:42 ] 名無し

詳しくはないがこのまま行けば、国家主権が徐々に溶解して行けば、それぞれ名目だけ残っていて別の「何か」に変わってしまう。

>著作権問題や、多国籍企業に有利な日本国に法や憲法を越えて採決される恐れのあるISD条項(毒素条項)が完全に取り除かれることが必要である。

>海外資本が日本の基幹事業に入り込み、例えば水道料金を何倍にも高騰させる結果を招かないような日本独自の対策をしようとしても、加盟によって制限されるようでは、国民に取って不利益の方が大きくなるだろう。食品の安全基準が、今よりも緩和され、産地表示や、品質表示を制限されるようでは、加盟に反対である。

>[ 2018/01/24 23:31 ] 名無し

安倍政権下で外資はもう、とっくに日本企業の大株主になってしまっている。
将来もしそういう事態が起きても残念ながら、防御は限定的にしかできない。
安倍政権が権力にしがみつく為に、売国しまくってしまったから。
[ 2018/01/26 14:06 ] [ 編集 ]
http://diamond.jp/articles/-/131870

一例ではこういう事態が起きてしまっている。
国際政治経済上の事由で、どうする事もできない。
日本人の安定的な職場が減少して行く。
[ 2018/01/26 14:09 ] [ 編集 ]
[ 2018/01/27 03:21 ] [ 編集 ]
[ 2018/01/25 07:42 ] さん
> 公の国民医療保険はどうなる?

以下に詳説されてますのでご参考にどうぞ。

> 自民党がTPPに参加すれば、国民皆保険は確実になくなる
kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-1904.html

> 政局ドタバタの蔭で 密かに進行する「国民皆保険」の危機
kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-1549.html

> 「皆保険の堅持」の語句が法案からついに消失? 当時の新聞記事
blog-imgs-55.fc2.com/k/a/l/kaleido11/20120907-6.jpg
[ 2018/01/27 03:55 ] [ 編集 ]
[ 2018/01/25 07:42 ] さん
> 国民年金

日本の国民年金はすでにGPIFで外資らがおさえて好き勝手運用らしく。
運用損も多く、少子化で目減り、60→65→70歳と受給開始年齢は遅れて。。
株式への投資比率を一気に上げたり、ジャンク債も。。

「夫婦2人で月19万円の年金、半分以下に削減か…受給開始年齢も75歳へ?」
biz-journal.jp/2016/08/post_16303.html

kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-3181.html
moriyama-law.cocolog-nifty.com/machiben/2014/11/post.html
www.mag2.com/p/money/16887

さらにTPPやEPA後から、生保含めて金融サービスも変わればさらに。
映画「sicko」米国の老人の現状も

旧民主党の五十嵐議員が国会で、問題だとして取り上げていた日本破産計画の
「ネバダレポート」を見ると、IMFが介入し、年金は一律30%カットなど。
改憲も込みなら将来はもう絶望的としか言わざるを得ません
[ 2018/01/27 04:29 ] [ 編集 ]
年金について追加です

一部の年金積立金における、最近の債権・株の運用状況の例です。
www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-02-02/P3DAUQ6JTSE801

グラフをみれば2012年から赤字と黒字を頻繁に繰り返していますが
株価で景気や政治を判断しがちな哀れな日本人の気質だけでなく、、
保有率の内訳みてもわかるように
彼らが金や銀などの堅実な正貨に投資をしていないこと。

そして、株や債権やジャンク債が、結果の赤or黒にかかわらず
もしこのGPIF保有する国債や株が暴落してしまえば
その運用年金資産も一瞬にして紙クズ同然になる危険性、にあります。
[ 2018/02/02 20:44 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
最新記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
フェイスブック
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク