情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2018.01.25 15:00|カテゴリ:政治経済コメント(18)

安倍首相の平昌五輪開会式への出席、党内から異論続出!韓国政府は歓迎 世論は賛否両論


s_ice_screenshot_20180125-081228.jpeg

1月24日に安倍首相が平昌五輪開会式への出席を検討しているとコメントした問題で、自民党内部からも批判の声が相次いでいることが分かりました。

報道記事によると、自民党が24日に行った会議では安倍首相の訪韓に批判的な意見が続出し、出席者からは「訪韓の成果が見込まれない。国民を説得できない」などと懸念の声が相次いだとのことです。

特命委は首相側に訪韓反対を申し入れることを検討中で、政府内の意見が割れる形になっています。安倍首相の訪韓について韓国政府は「歓迎する」とのコメントを発表していますが、世論の反応は賛否両論です。


首相訪韓に異論噴出=「国民の支持離れる」―自民部会
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180124-00000047-jij-pol

 自民党が24日に開いた「日本の名誉と信頼を回復するための特命委員会」と外交部会の合同会議で、平昌冬季五輪開会式への安倍晋三首相の出席について反対意見が噴出した。































関連記事


情報速報ドットコムは新サイト(http://johosokuhou.com/)に移転するので、改めてブックマークやお気に入り登録をよろしくお願い致します! ブログパーツ
ネトウヨや国民の反韓国感情が安倍晋三を追い抜いて行ってるのか。
先の戦争のときと同じ展開じゃないか。
[ 2018/01/25 15:24 ] [ 編集 ]
この件では、産経新聞が非常に熱心に訪韓反対を唱えている。
面白い。潮目が変わったかな。
(まあ、産経は韓国と仲が悪いので、首相に行かれると
まずいことがあるのかもしれない)
[ 2018/01/25 16:57 ] [ 編集 ]
TBSによると青山繁春らネトウヨ議員は安倍に抗議して良いかあらかじめ許可取ってから抗議してるという
自由闊達な発言を嫌う菅官房長官に嫌われたらネガキャン記事書書かれちゃうから大変だね
[ 2018/01/25 17:56 ] [ 編集 ]
信念を以て出席すべき!ネトウヨの馬鹿どもの批判を無視せよ。
平和の祭典でありその趣旨は今も生きている。
政治は政治
アメ公や中露の大国はすぐに政治を持ち込むが
お前らがやるわけでもない。
選手がやるんだぞ!
当然、声援するべきだ。
まあ、商業ベースの利権絡みの汚い組織はあるわけだが。
[ 2018/01/25 17:57 ] [ 編集 ]
あまり、こういった広告宣伝(プロレス)は真に受けないのが無難
[ 2018/01/25 18:15 ] [ 編集 ]
わからなかったら、

政党と宗教団体の関係を調べておくといい
[ 2018/01/25 18:16 ] [ 編集 ]
平和の祭典だから平和に向けての取り組みは政治活動だと
批判しなくても良いと思うがね。特に半島情勢がこんな
ときだからね。しかし昨日の都内のJアラート訓練の報道は一切無いなあ
[ 2018/01/25 18:22 ] [ 編集 ]
これで、「やっぱり行きません」となったら、大笑いだが。
(まあ、支持率は上がる)
[ 2018/01/25 20:18 ] [ 編集 ]
朝日の今日の社説は実に歯切れがよかった。悪い意味で(爆笑)

(一部引用)

「平和を貫く決意の場に」
韓国で9日に始まる平昌(へいしょう)冬季五輪の開会式に、安倍首相が出席する意向を示した。当然の判断である。東アジアはこれから平昌を皮切りに、東京、北京と2年ごとに五輪の舞台となる。そのスタートの式典に日本の首相の姿がなければ、何とも不自然だろう。
自民党の一部には、最近の慰安婦問題をめぐる韓国の動きに反発し、出席に否定的な声がくすぶっている。だが、政府間の摩擦を理由に、五輪の式典参加を左右させるのは不見識だ。
国際的な対立や困難を乗り越える平和の祭典の実現に最大限協力するのが、日本のあるべき姿である。

朝日が慰安婦問題を拗らせたきっかけは91年9月16日付けの朝日大阪版の記事。この記事は美談であったのが、翌年の1月15日の東亜日報がトンでもない社説を掲載。朝日は東亜日報と提携してるからこの論説は間違いであると抗議するべきなのに、朝日イブニングニュースが東亜日報の記事を全訳して世界に発信させた張本人である癖にまるで他人事みたいな社説をのせてる。

恥知らずもいいとこだ。
[ 2018/01/25 21:06 ] [ 編集 ]
出席は道義・良識・国益にかなう、敵意・憎悪に迎合は不要
東京五輪を控えた日本の首相が隣国の五輪に出席するのは当然だ。国益にもかなう。
欠席は大人げなく道義・良識にも反する。独善的ナショナリストにおもねる必要はない。
独りよがりの欠席など、本人と仲間ら以外、世界の誰も評価・称賛などしない。
慰安婦問題は日本国内にも残る戦争被害者の救済問題の一つであり誠実に対処し続ければよい。
幼稚な憤激に自己陶酔して将来が開けるはずがない。国際連盟脱退で鬱憤晴らしした二の舞いだ。
タコツボに閉じ籠もり仲間うちで先鋭化するより、韓国民との交流を進め相互理解を深めることだ。
それだけが、慰安婦問題という戦争被害者救済問題の政府間合意を国民的合意にしていく道だ。
「誤ったメッセージ」が聞いて呆れる。独善的ナショナリストの頑迷固陋を発信するだけだろう。
韓国は民主国家であり、関係改善による連携強化は日韓双方にとって外交上の利益になる。
その上で中国や北朝鮮との関係改善も進め、東アジアの平和と発展、長期的な民主化につなげたい。
[ 2018/01/25 21:14 ] [ 編集 ]
スマホを振り回す安倍昭恵が世界に向けて生放送されるのか
[ 2018/01/25 21:24 ] [ 編集 ]
21時14分の方に質問
朝日の社説は至極もっともだと思うが、なぜ「爆笑」されたのか?
いくら読んでも爆笑する部分などなかった。いささか気味の悪ささえ感じるが。
朝日新聞と東亜日報社説に関することも、何を言っているのか意味がわからない。ご説明を。
朝日の社説が「恥知らず」の理由もさっぱりわからない。丁寧な説明をお願いしたい。
[ 2018/01/25 21:27 ] [ 編集 ]
訪韓して慰安婦の人にちゃんと謝ったほうがいい
[ 2018/01/25 21:46 ] [ 編集 ]
訂正-21時06分の方に質問、21時27分より
「21時14分の方に質問」は間違い。
「21時06分の方に質問」に訂正する。
失礼した。
[ 2018/01/25 22:02 ] [ 編集 ]
ネトウヨの反応が今までと少し違う。
もしかしたらこんな些細な事が、安倍離れの歴史的転換点になるのかも。
なんて少し期待している。
[ 2018/01/25 22:22 ] [ 編集 ]
朝鮮日報にはこんな記事も 一部分引用
党内の反対も計画通り…安倍首相「平昌出席」の裏に綿密な計算
ttp://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/01/25/2018012503241.html
>  安倍首相は23日午後、右翼性向の産経新聞とのインタビューで「平昌五輪に出席する」と初めて表明した。国内世論をなだめるために、首相の平昌五輪出席に反対する人々が最も好むメディアを通じて訪韓を表明したものとみられる。安倍首相は同時に、自らに近い自民党議員と会い「訪韓反対の声が出れば、韓国へのけん制になる」と根回しした。批判を承知で平昌に行くという姿勢を強調するためだ。

 外務省は安倍首相の平昌五輪出席を韓国にすぐには伝えず、翌日の午前6時30分、産経新聞が配達されてから、駐日韓国大使館に電話で「事後報告」した。読売新聞は「韓国政府があらかじめ韓国メディアに情報を流せば韓国メディアが『友好ムード』をアピールするため、それを避けるためだった」と書いた。
[ 2018/01/25 23:51 ] [ 編集 ]
いろいろ作戦を考えたのだろうが・・・
どちらにしても、行かないと言っていたそばから、行くと云わざるを得なかったところで、文さんの
1本勝ち。
どの国でも、それはアメリカの 「行け!」 という命令があったからと多くの他国は読んでいる。
読んでいないのは日本のマスコミに踊らされている日本の大衆だけです。
だから日本右翼が大騒ぎしているのを文さんは、ニヤニヤしながら見ているのです。まるでドラマを見ているように・・・・すべてナチス安倍の対応を解っていて、訪韓を要請しているのです。
来なければそれでも良いような対応を考えていた事でありましょう。
これからもナチス安倍に美味しいような話は持って来る筈もありません。
さあ、見どころは、文さんが日本をオリンピックではない公式訪問してくれるかどうか? ですね。
返礼で日本に果たして来るか否か・・・・?

[ 2018/01/26 06:55 ] [ 編集 ]
行かなきゃ行け、行けば何で行くの?っておかしいとか レスを批判してた自民ネトサポは、これどうすんの?
[ 2018/01/26 10:10 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
人気記事
最新記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク