情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2018.01.25 21:00|カテゴリ:政治経済コメント(17)

埼玉県議会が原発再稼働を求める!県連は思考停止?自民党議員「核燃料サイクルで核兵器を」


s_ice_screenshot_20180125-130257.jpeg

2017年12月22日に埼玉県議会は「原子力発電所の再稼働を求める意見書」を賛成多数で可決しました。意見書の可決時には異論がほぼ無かったようで、圧倒的な賛成多数だったと報じられています。

この意見書の可決後にメディアが田村琢実・自民党埼玉県議会議員(埼玉県議会自民党議員団政務調査会長)にインタビューをしてみたところ、予想外の言葉が彼の口から漏れ出てきました。

田村議員は原発再稼働について、「60年運転というのは気に入らない。40年で取り壊して新しいプラントを造るべきだ」「僕自身は、地球温暖化はうそだと思っている。米国のトランプ大統領と同じで」と述べ、今の政府方針に疑問を投げ掛けています。

更には高速増殖炉もんじゅに関しても「高速増殖炉もんじゅはもともと無理なのでもっと早く廃炉を決断してほしかった」などと言及し、反対の方向だと発言。
県議会での意見書は「ある団体」からの要望が強くあったとして、個人の見解としては違和感を感じる部分もあったようです。

他にも核燃料サイクルの必要性を問われると、「あまり大っぴらに言う人はいないが、日本は(周辺国による軍事攻撃への)抑止力としてこの権利を手放すべきではない」というようなコメントをしていました。

どうやら、自民党県連はまともに考えることもなく、謎の団体が提示した要望書を可決してしまったようです。この団体は電力会社や原発関連の団体だと見られ、適当に重要なことが決まっていることに、なんとも言えない気持ちになると言えるでしょう。


埼玉県議会が「原発再稼働」を要望した理由
http://toyokeizai.net/articles/-/205930

――原子力をめぐる状況をどうとらえていますか。

60年運転というのは気に入らない。40年で取り壊して新しいプラントを造るべきだ。最初は30年でコスト計算しているのだから、新しいものを建てないとだめですよ。それをやっていたら、福島事故だって起きなかった。高速増殖炉もんじゅはもともと無理なのでもっと早く廃炉を決断してほしかった。(冷却材である)ナトリウムの管理は難しい。

――核燃料サイクルはやめたほうがよいということですか。

いや、それは必要だ。日本はNPT(核不拡散防止条約)加盟の非核兵器国のうちで、唯一、再処理が国際的に認められている。このことは実は安全保障上も重要なことで、いつでも核爆弾を作れますよ、核兵器に転用できますよと言っているに等しい。あまり大っぴらに言う人はいないが、日本は(周辺国による軍事攻撃への)抑止力としてこの権利を手放すべきではない。











































関連記事


情報速報ドットコムは新サイト(http://johosokuhou.com/)に移転するので、改めてブックマークやお気に入り登録をよろしくお願い致します! ブログパーツ
埼玉県は海に面しておらず、活火山も無く、第四紀火山(約260万年前から現在までに活動した火山)も無く、使用済み核燃料を埋める県としては日本の中ではベストな条件の県の一つなのです。唯一気がかりなのは東京都に近いという点だけでしょうか。それに加えて埼玉県議会が原発再稼働に積極的なのでは使用済み核燃料を埋めることを国に打診されたとしても拒否しない可能性があり、非常に心配です。

ご存じの方も多いと思いますが、さいたまスーパーアリーナのすぐ近く、さいたま新都心駅から数百メートルの地点に三菱マテリアルがあり、その建物の地下には大量の放射性廃棄物が埋められています。近隣住民の反対運動らしきものもほとんど起きていないようです。放射性廃棄物に対する拒否反応が比較的薄い県なのかもしれません。

さいたま地区 放射性廃棄物の保管管理
http://www.mmc.co.jp/corporate/ja/company/env_disclosure/saitama_admin.html
[ 2018/01/25 21:52 ] [ 編集 ]
埼玉県議会の話にも驚きましたが、ぴっぷ様の情報にも驚きました。

三菱マテリアルが、火事でも起こしたら、怖いわ。
[ 2018/01/25 22:19 ] [ 編集 ]
いつの間にか恐怖国家?
腐り切った組織&権力者を何とかして欲しいけど
皆、命欲しいよね。
あの人も、あの人も消された・・・。
[ 2018/01/25 22:38 ] [ 編集 ]
そっか。やっぱり殆どの人が知らないんだね。三菱マテリアル…

埼玉県議会はサイテーだけど、原発推進派の中には、この県議と同じように
核兵器が欲しい人が相当数いると思うよ。
バカ正直に言うだけ、まだこの県議はマシかも知れない。
このさい、そう言う事をタブー視しないで、ぶっちゃけてちゃんと議論した方がいい。
[ 2018/01/25 22:44 ] [ 編集 ]
うん。
ぶっちゃけ議論賛成!
核兵器が欲しくて、中曽根大勲位は、原発を導入したのでしょ。
東海村の1号機は、黒鉛炉と言うし。
もろ、原爆仕様だ。

宣戦布告出来ない国は、国家じゃないと思っているエスタブリッシュは結構いると思う。
一般国民は、兵として一銭五厘で集められる消耗品。兵站の糧秣さえ考える必要のない消耗品だった昔の日本を取り戻したい方々も、相当数いるようだし・・・。
憲法のことも有るし。

タブーをなくしての議論が必要な時期に来ていると、感じます。
[ 2018/01/25 23:25 ] [ 編集 ]
「春日部防衛隊出動!」
「ラジャー」
(しんのすけ)「○ラジャー」「おらのさいたまに ゆるせない」
[ 2018/01/25 23:39 ] [ 編集 ]
金だよ、金。
[ 2018/01/26 01:05 ] [ 編集 ]
プルトニウムならもうアメリカに処分しろと言われて困っているくらい保有しているのに、これ以上増やしてどうするんだ?

国も自民党も日本のプルトニウムは核兵器には使えないといって誤魔化しているのに、自民党埼玉県連はそれを真っ向否定するわけか。
これが全国に拡散したら自民党本部は激怒するんじゃないかな?

[ 2018/01/26 01:16 ] [ 編集 ]
三菱マテリアルだけでなく、背後には、今度のオリンピックの招致に関係する「とある団体」と関係してそうだ。

ジャーナリスト達に暴いて貰うことを願う!
[ 2018/01/26 01:41 ] [ 編集 ]
日本の核兵器開発と所有が、戦勝五大国と例外イスラエルが許されたと仮定して
それで日本国家の軍国化ビジネスは表立ってますます勢いを増すが、このことで
なお一層日本国民は生きづらくなるだけ。他国が全く日本政府に口出しできなく
なるが故に、日本国民の人権も民主主義も完全に打ち捨てられることになるわけ
です。偽極右自称愛国カルトの主張する「防衛」というのは、国民の人権否定や
犠牲の上に成り立つという事実を、日本国民は強く認識しないと暗黒の時代が
訪れます。
[ 2018/01/26 01:59 ] [ 編集 ]
金に走ったら判断を誤る、地震災害は防げるとしても原発のゴミはどうする
経済が良くなっても放射能下で生活はないだろう
[ 2018/01/26 02:58 ] [ 編集 ]
え? 埼玉県に原発や再処理工場の新しいプラントを誘致するん? 
エネルギー地産地消の時代だもんね。
[ 2018/01/26 08:34 ] [ 編集 ]
>いつでも核爆弾を作れますよ、核兵器に転用できますよと言っているに等しい。
>あまり大っぴらに言う人はいないが、日本は(周辺国による軍事攻撃への)抑止力としてこの権利を手放すべきではない。

田村議員の主張に激しく同意。
これは維新の足立さんが何度も言ってる核ヘッジをすべきという主張に田村議員とある程度一致してる。核開発、そして核を保有するという意見や議論は必ずするべき。

あと原発反対派と掲げているプロ活動家らは1973年のあの出来事を経験しているか?否か?という話。
[ 2018/01/26 11:55 ] [ 編集 ]
埼低埼悪
[ 2018/01/26 12:39 ] [ 編集 ]
大宮にでも建てるならわかるけど。
地方がリスク背負うのはゴメンた。
[ 2018/01/26 13:40 ] [ 編集 ]
現実が見えていないのね😅多分報道がされないから…埼玉も結構汚染すごいのに…回りがバタバタ病気になってるの気がつかないのね❗自分の身は自分で守らねば❗内部被曝だけでも、調べて回避してますね❗無知な人は相手にしません。
[ 2018/01/26 15:08 ] [ 編集 ]
目を覚まして声を出そう!
善良な国民は、思考停止か?

最大の罪は、善良な国民の沈黙です。

[ 2018/01/27 22:28 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
人気記事
最新記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク