情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2018.01.29 22:00|カテゴリ:政治経済コメント(16)

沖縄・名護市長選、世論調査で与野党が大接戦に!松本氏の野次で安倍政権もピリピリ!


s_ice_screenshot_20180129-211534.jpeg

1月28日に公示された沖縄県名護市長選は与野党の候補者が互角の戦いを繰り広げています。

各種メディアが行った世論調査では、名護市辺野古移設に反対の現職稲嶺進氏(民進、共産、自由、社民、沖縄社大推薦、立民)と、基地移設推進の新人・渡具知武豊氏(自民、公明、維新推薦)が僅差となっていました。
両者の支持率はほぼ同じ数字で、お互いに一歩も引かない激戦が続いています。

先日に松本文明前内閣府副大臣が米軍のヘリコプター事故について、「それで何人死んだんだ」などと野次を飛ばした事が問題視されましたが、今日の国会でも野党が強く安倍政権を追及する場面がありました。
安倍首相は「沖縄の方々の気持ちに寄り添う」と述べ、謝罪すると同時に騒動が悪化しないように慎重な言葉を使っていたところです。

2月4日に投開票となりますが、今後も最後まで沖縄県名護市長選の行方は分からない展開が続くと見られています。


沖縄・名護市長選は激戦に 共同通信社の電話世論調査
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/202333

 共同通信社は28、29両日、沖縄県名護市長選について電話世論調査を実施、取材結果を加味して情勢を探った。争点の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対の現職稲嶺進氏(72)=民進、共産、自由、社民、沖縄社大推薦、立民支持=と、移設推進の立場で活動してきた新人渡具知武豊氏(56)=自民、公明、維新推薦=が激戦を展開している。ただ、情勢は今後変化する可能性がある。
 市長選への関心については「大いに関心がある」と「ある程度関心がある」が9割を超えた。(共同通信)



安倍首相、松本氏のやじ沈静化図る=名護市長選にらみ、野党は批判
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180129-00000089-jij-pol

 同県で相次ぐ米軍ヘリコプター事故をめぐり、野党側は不適切なやじを飛ばした松本文明前内閣府副大臣を厳しく批判。安倍晋三首相は発言を謝罪し、「沖縄の方々の気持ちに寄り添う」と強調、早期の沈静化を図った。































米軍基地がやってきたこと
関連記事


情報速報ドットコムは新サイト(http://johosokuhou.com/)に移転するので、改めてブックマークやお気に入り登録をよろしくお願い致します! ブログパーツ
札びらでほっぺた叩くような真似をしてるんですよね。
沖縄の人々に寄り添うとかなんとか、ホントにしらじらしくって反吐が出る。
どうかどうか稲嶺さん勝ちますように。
何もできなく歯痒いけど、本土から応援してます。
[ 2018/01/29 22:46 ] [ 編集 ]
私も、沖縄でも正義が成就するように、稲嶺さんの勝利のため、毎日執り成しの祈りを捧げています。主のみこころがなることを信じています。来週の日曜日には、良い知らせを聞くことができるよう・・祈!
[ 2018/01/29 22:54 ] [ 編集 ]
渡具知候補は稲嶺現市長との「直接討論」を避け続け、毎日新聞などにも批判されていたが、ようやく「紙上討論」を行なったそう。

> この紙上討論で初めて知って驚いたこととして、この渡具知さんという方は、米軍が以前「安全PR」(のパフォーマンス⁉︎)で行なっていたオスプレイの体験搭乗に参加していたということ(!)
これに乗って安全を確認出来たとでも!?
名護市安部でのオスプレイ重大事故直後、名護市議会での「配備撤回決議」にも賛同しなかったこの議員。
オスプレイの体験搭乗には乗り込んでいたというその姿勢を稲嶺さんから問われた。
その答えは
「当該航空機に搭乗したのは安全性の確認のためであり、批判には当たらないのではないか。」
(「以下の回答は全文を掲載と琉球新報の記事にはわざわざ注釈が(笑))
たったこれだけ。

http://haruniy.ti-da.net/a10228015.html?__twitter_impression=true

オスプレイに乗ってたんかい?!
こんな奴が稲嶺現市長と接戦なんて・・・ぐや“じい“!!

[ 2018/01/29 23:19 ] [ 編集 ]
稲嶺さんが勝ちますように
[ 2018/01/29 23:34 ] [ 編集 ]
松本がいなくてもヘリが落ち続けてるこの状況で自民党が勝つ方がおかしい
むしろ
松本暴言「だけ」のせいに「できて」安倍政権としては「助かった」と思っているのでは?
選挙後のコメントに注目
[ 2018/01/29 23:49 ] [ 編集 ]
名護市では公◯頭があちらこちらに電話かけまくり応援しろ! がすごい!
[ 2018/01/30 00:42 ] [ 編集 ]
これは、大きな一歩!
激震 岐阜市長選で16年ぶりに自民党が破れる 
野田聖子氏の選挙区でダブルスコアの惨敗!
[ 2018/01/30 03:47 ] [ 編集 ]
名護に住んでるお年寄りが小泉進次郎の口車に乗せられないかちょっと心配だな
[ 2018/01/30 09:53 ] [ 編集 ]
こんだけ虚仮にされても自民側に票を入れる沖縄県民ってなんなの
[ 2018/01/30 09:55 ] [ 編集 ]
稲嶺さん応援してます。

米軍や安倍に毅然とした対応をとれる人でないとダメです。
[ 2018/01/30 09:59 ] [ 編集 ]
> 2018/01/30 09:55

自民があの手この手を尽くしているので、どうしても金が絡んでるやつは居るのですよ
[ 2018/01/30 12:07 ] [ 編集 ]
稲嶺は2期目挑戦の時の1月、有権者から「中国の脅威にどう対処するのか?」の質問に「沖縄は中国にあげたらいい」等と失言をして顰蹙を買ったり、島袋市政と稲嶺市政との名護市の財政と比較して「基地に頼らなくても稲嶺市政になって予算が増えた」等と自慢気に語っている。確かに数字上は94億円の増額となっているが、その根拠元は保守県政時代に制度化された国支給の一括交付金10億円が再入されてるばかりか、2期8年の間に57億円の超債を行っている。積み立て金の取り崩しに関しても目に余るものがある。
[ 2018/01/30 12:26 ] [ 編集 ]
(続き)2013年以降3年の間名護市の財政を分析したら、実質単年度の収益、

2013年 5億7800万円
2014年 2億4600万円
2015年 7億4800万円

名護市の収益はプラス処か赤字まみれ。しかも同市はあろうことか、北部広域市町村事務組合が運営している名桜大学に国から毎年交付される補助金約20億円をあたかも、市の歳入である。かのように計上しているのだ。稲嶺は基地再編交付金の受け取りを頑なに拒み続けている。これは米軍の再編及び普天間移設受け入れを条件に交付されるもので、市長就任以来約135億円にまで上るのだ。そのツケが遂に名護市民にまで回る結果となる。
[ 2018/01/30 12:41 ] [ 編集 ]
(続き)名護市の景気浮揚の中核として形成してきたプロ野球球団北海道日ハムのキャンプ主要部分が'16年から米アリゾナ州に移ったこと。これは使用していた市営野球場の老朽化が原因。これまで約38年間続き名護市内のみならず県外からファンが殺到し、祭りの如く活気に道溢れていた。それも何処吹く風とばかりに閑古鳥が泣き市営野球場の改修費が約47億円もかかるが、その改修費の財源までもが不足しているのである。稲嶺は名護市が所有する「ネオバークオキナワ」の経営難を打破するために事もあろうか、「パンダを誘致して活性化を図る」等と発言している。しかし財源不足のせいで実現も不透明でパンダの年間飼育料に7億円を要すると試算がされているのが現状。
[ 2018/01/30 12:55 ] [ 編集 ]
(続き)何が言いたいか?
それさ稲嶺市政になって反基地イデオロギーに偏重して以降、市の財政は火の車であるという話。沖縄県は昨年3月'14年度の県内市町村1人あたりの所得を公表した。名護市民は沖縄の41市町村中30位。平均192万7000円。仮に名護市が基地再編交付金を受給し大型公共工事や起業支援活用すれば名護市見の取得は1人あたりが90万円増額の282万円となりランクも一気に4位になるのである。名護市はこれまでの政策を転換しなければ大変なことなるし、在沖米軍の立て続けの不祥事による被害を最小限に抑えるにはやはり辺野古に移設する以外の方法なないという話。経済と安全保障とは密接に繋がっていて、切っても切り離せないのである。
[ 2018/01/30 13:07 ] [ 編集 ]
↑長々とどこからの引用記事ですか?
[ 2018/01/30 13:14 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
人気記事
最新記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク