情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
情報速報ドットコムは新サイト(http://johosokuhou.com/)に移転するので、改めてブックマークやお気に入り登録をよろしくお願い致します!
2018.01.30 16:00|カテゴリ:政治経済コメント(22)

【報道規制】河野太郎外相、アジア大使らの会議が報道されて激怒!「次からメディアは入れるな」


s_ice_screenshot_20180130-125852.jpeg

1月29日に外務省でアジア各国の大使らを集めた会議が公開され、河野太郎外相が激怒する事態になっています。この会議はアジア各国の大使と今後の政策や外交方針を確認するための場所で、今までは普通に公開されていました。

報道記事によると、河野太郎外相は会議の冒頭から「本省の方針を伝達する大使会議にメディアが入っていたら、本省の方針を伝達できない!」「次からこういう場はメディアなしでやる!」などと述べ、怒りの言葉を放ったとのことです。
これに対して周囲の関係者は戸惑う事態となり、異様な感じになったと報じられています。

河野太郎外相が何を勘違いして激怒したのかは分かりませんが、国民に全く情報を開示する気が無いことだけは分かると言えるでしょう。


河野太郎外相「次からメディアは入れないように!」 大使会議で怒りあらわに
http://www.sankei.com/politics/news/180129/plt1801290029-n1.html

 河野太郎外相は29日、外務省で開かれたアジア各国に駐在する日本の大使らを集めた会議がマスコミに公開で行われたことに怒りをあらわにした。

 河野氏は会議の冒頭、「本省の方針を伝達する大使会議にメディアが入っていたら、本省の方針を伝達できない」と強い口調で述べ「次からこういう場はメディアなしでやる」と非公開で行う方針を示した。

 同会議は毎年、マスコミに公開して行われており、河野氏の突然の怒りに出席者は戸惑いの表情を浮かべていた。






















関連記事


情報速報ドットコムは新サイト(http://johosokuhou.com/)に移転するので、改めてブックマークやお気に入り登録をよろしくお願い致します! ブログパーツ
メディアを入れることで何らかの「言質」を取られるのを嫌ったのですかね(苦笑) よほど国民に知られてはいけないことをしようとしてるようですな。
[ 2018/01/30 16:13 ] [ 編集 ]
国民にばれないように、

戦争的なことをしたいんですね。

よくわかりました。
[ 2018/01/30 16:34 ] [ 編集 ]
入閣した途端にこれだもん、コイツ本当に信用できんわ。
親父さんと違って定見も志も何も無いんだろう。
[ 2018/01/30 16:38 ] [ 編集 ]
>2018/01/30 16:38

言い方を変えると、河野太郎さんでも、こうなるんですから。
余程の「力」が大臣たちにかかっている、ということでしょう。
通常の内閣とは違う力学が動いているのだと思います。

こういう点からみても、この内閣・・・やばいと思います。
[ 2018/01/30 16:51 ] [ 編集 ]
大臣になって真っ先に
自身のブログを閉鎖してから
別人になったのか?って位
何もかも変わってしまった
至極残念な政治屋
[ 2018/01/30 17:02 ] [ 編集 ]
税金泥棒
入閣出来て有頂天?

国会議員に跡継ぎ制度があるからなあ

バカボン集団
[ 2018/01/30 17:02 ] [ 編集 ]
世襲議員は、概ね自分が何様か特別な存在とでも勘違いしているのではないだろうか?

たとえ日本の大臣であっても、主権者国民の僕であることを忘れ去って許される分けがない。

報道がなされるのは報道マンの権限でやるのではなく主権者国民が政治を監視するべく情報を取材する為のものである。

報道を締め出すと言う発想は主権者を蔑ろにする意思の表明であり、公僕として、それこそ銃殺刑にも値する主権者国民に対する反逆行為であることを認識しなければならない。
[ 2018/01/30 17:03 ] [ 編集 ]
世襲議員は自分が貴族とでも思ってんだろう。
まあ日本中世の貴族は家の名を汚さないために勉学や芸事に勤しんでたらしいから、今の世襲議員はそれ以下のクズでしかないけどな
[ 2018/01/30 17:16 ] [ 編集 ]
慣例らしいから、いきなり激怒もおかしい気がする。
他に何か起きてたのかなと。
各国大使を集めて会議なんかしたらロシアや中国の諜報に漏れないはずもないので、そんなにシビアな秘密を語るはずもない。
ここで隠したかったのは日本国民にバレたくないことだったのではないかと思われてしまうのも仕方ない。
もう日本の政治を「頭のいい人たちがやってるから信頼して放っておこう」と思わない方が良いかと。
世襲で非論理的な「政治的云々」という生業をやってるだけの人達だから。
[ 2018/01/30 17:25 ] [ 編集 ]
ツイッターにもあるが、マスコミ公開を河野が知らなかったんでしょ。
官僚がそれを教えなかったのか、教えづらい雰囲気を
河野がまわりに発散しているのか。
[ 2018/01/30 17:36 ] [ 編集 ]
独裁権力政府側の、国民主権排除行為はますます露骨に~
さいて~
[ 2018/01/30 17:53 ] [ 編集 ]
この化け物、何様になったつもりか・・・。
[ 2018/01/30 18:16 ] [ 編集 ]
安倍から圧がかかってるのでは 中身を知られないようにと
[ 2018/01/30 18:27 ] [ 編集 ]
今アジアで、中身知られるとまずいのって
、かりあげクンとこだろ

春に向けて、国民に知られるとまずいような内容になるのかね?
[ 2018/01/30 18:38 ] [ 編集 ]
報道はこの事を、どんな風に伝えたくれるのだろうか。
ある意味の試金石にはなりそうですね。
[ 2018/01/30 19:02 ] [ 編集 ]
安倍ボンの大叔父の佐藤栄作のマネですか?
いろんな事情はあるのでしょうが、ただでさえアメとムチで飼い慣らしたマスコミを追いやる様なマネをしたら不信感しか生まない事が分からないのでしょうかねー。
最近の政治屋は権力を持った途端に心得違いする人ばっかりですねー、あーヤダヤダ。
[ 2018/01/30 20:43 ] [ 編集 ]
おい産経、報道としての誇りを感じるならこのような事こそ追求しろ!!
[ 2018/01/30 20:48 ] [ 編集 ]
リアルゴリラ さん
アンタも儂同様、古いねぇ。河野の記事で即、佐藤を思い出した。当時生中継で観てて、鮮明に記憶している(YouTubeに上がってるので皆さんも観られては)
大臣の椅子って人を変えるほど魅力と力があるのか。元々素質があったのか、単に飼い主に似ただけか。
ヤダネェ。
[ 2018/01/30 21:19 ] [ 編集 ]
2018/01/30 21:19 名無し様

共感して頂いてとても嬉しいのですが、お言葉ですがオイラは経験も見識もまだまだ未熟な30代半ばです(汗)、以前TVで佐藤栄作の映像を見て知っていただけで…。
それにしても以前は割と安倍政権に対して苦言を呈していた河野氏も内閣に取り込まれた途端にここまで迎合してしまうなんて予想以上に意外でしたねー。彼の支持者はこの豹変っぷりをどう思っているか気になるところですねー。
[ 2018/01/30 22:15 ] [ 編集 ]
原発の時は積極的に反発していながら、大臣になったら安倍ポチと同じになる情けないやつ。
[ 2018/01/30 22:24 ] [ 編集 ]
外相は全く情報開示する気がなく、激怒しながら、不適切に対応しました!

こういう風に色んな情報を面白おかしく伝達するからだろうね。
メディアを信じる人は自己責任で…
[ 2018/01/31 07:16 ] [ 編集 ]
今回の件に関しては、二世うんぬんではないと思う。
実は安倍自体に、力はない。

安倍内閣が「米国の庇護」を受けているから、大臣たちは自分のポストを堅持するため、それになびいてるだけ(内閣改造があっても自分が生き残るため。安倍に「使える大臣」だと思われないといけないため)。

私は、安倍内閣が戦後初となるような危険なミッションを米国から受けているように感じる。総選挙までやや時間がある、いまのタイミングだ。

なので、これだけピリピリしているのだ。

明らかに国民に知られたら困ることを進めようとしている。

(逆に言うと、名護市長選の結果を自民は想像以上に気にしていると思う)
[ 2018/01/31 10:49 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
最新記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
フェイスブック
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク