情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2014.03.13 14:00|カテゴリ:放射能測定情報コメント(5)

原発事故直後の放射線量未発表データの存在が判明!震災の翌日に毎時4.6ミリシーベルトを測定!作業員は5ミリシーベルトで白血病の労災認定!


20140313105716nhk000.jpg
福島県が震災直後から未発表だった放射能の測定データを公開しました。このデータは福島第一原発の北西5.6キロにある双葉町上羽鳥のモニタリングポストで、NHKなどの報道記事によると、毎時4.6ミリシーベルトの高線量を東日本大震災の翌時である2011年3月12日午後2時40分には観測していたとのことです。

毎時4.6ミリシーベルトという値は、僅か一時間で原発作業員の労災認定がされる5ミリシーベルトに匹敵するような線量を浴びるのと同じ意味を持っています。福島原発から5キロ以上離れた地点でこんなに線量が高いということは、更に広い範囲でも同じレベルの放射能が降り注いだのでしょう。

しかも、これは3号機などが爆発する前のデータなので、一番酷い時期はもっと線量が高かったと推測されます。ここまでの高い線量を計測していたのに、ヨウ素剤などを配布しなかった福島県知事らの罪は重いです。挙句の果てにはヨウ素剤の配布を妨害したというような報告もあるわけで、現在の福島県知事は極悪非道だと私は思います。


☆原発事故 克明な放射線量データ判明
URL http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140311/k10015898971000.html

引用:
20140313105633nhk02.jpg
20140313105649nhk03.jpg
20140313105702nhk04.jpg
放射線量の詳細なデータが記録されていたのは、福島第一原発の周辺に設置された福島県が管理するモニタリングポストです。
その14か所で、事故後数日の20秒ごとの放射線量の値が記録されていたことが、NHKの取材で分かりました。
このうち、福島第一原発の北西5.6キロにある双葉町上羽鳥のモニタリングポストでは、震災発生の翌日(3月12日)の午後2時10分以降、放射線量が急上昇していました。
午後2時40分40秒には、1時間当たり4.6ミリシーベルトと、午後3時36分に起きた1号機の水素爆発のおよそ1時間前にこの日の最大の値を記録しました。
データの推移から、最大値を記録した前後およそ20分で、積算の被ばく線量が一般人の年間の被ばく限度の1ミリシーベルトに達するとみられます。
:引用終了

☆原発作業員1.5万人、5ミリ超被曝 汚染水対策で増加
URL http://www.asahi.com/articles/ASG384W3RG38UUPI001.html

引用:
東京電力福島第一原発で事故後3年間に働いた約3万人のうち、約1万5千人が5ミリシーベルト超の被曝(ひばく)をしていたことがわかった。作業員の被曝は徐々に減ってきていたが、汚染水問題が発覚した昨夏以降に再び増加。厚生労働省は昨年末に東電を指導したが、被曝対策は今も不十分だ。

 福島第一原発では1日約3千人が働く。「年50ミリ超、5年で100ミリ超」の被曝で働くことが禁止されるが、この限度内でも健康被害が出ないとは限らない。白血病の労災認定基準は「年5ミリ以上」、放射線管理区域は「年5ミリ超」で、「5ミリ」は被曝管理上の一つの目安だ。
:引用終了

☆2013/5/10  Black substance 170000CPM アスファルト表面



食品の放射能汚染 完全対策マニュアル (別冊宝島) (別冊宝島 1807 スタディー)


放射能汚染から命を守る最強の知恵―玄米、天然味噌、天然塩で長崎の爆心地でも生き残った70名


山本光学 YAMAMOTO 7500 N95マスク 20枚入


エアカウンターS


日本版SOEKS 01M ガイガーカウンター(放射線測定器)ファームウェア最新2.0L-JP

関連記事



情報速報ドットコムは新サイト(http://johosokuhou.com/)に移転するので、改めてブックマークやお気に入り登録をよろしくお願い致します! ブログパーツ
「原発事故で死んだ人はいない」
自民党高市早苗政調会長の妄言

○東海村JCO臨界事故 で二名死亡 250人死亡
○もんじゅ事故 四名死亡
自民党政権では、福島原発事故はなかった事になっているから。
[ 2014/03/13 23:00 ] [ 編集 ]
仙台、平泉、北海道が風下です。
地面のαΒ測定したやつはわかってるはず。
Cs測ったやつは、降って無いとかミスリードした。
[ 2014/03/13 23:03 ] [ 編集 ]
ごめん。間違えたm(__)m
○東海村JCO臨界事故 で二名死亡 250人【被曝】
でした。
[ 2014/03/13 23:06 ] [ 編集 ]
ほんとに、言葉がみつからない
[ 2014/03/14 00:50 ] [ 編集 ]
キエフでは新生児のうち正常児が2.5%
★関東の(注:福島でない)子どもたちが危ない!【7割の尿から放射能検出】!(simatyan2のブログ2014-03-14
http://www.asyura2.com/14/genpatu36/msg/757.html
http://ameblo.jp/usinawaretatoki/entry-11795718552.html
関東15市町で実施されている最新検査で、子どもたちの尿の7割からセシウムが検出されていたことがわかったそうです。
http://dot.asahi.com/news/domestic/2013092500046.html
常総生活協同組合(茨城県守谷市)が、松戸、柏、つくば、取手など千葉、茨城の15市町に住む0歳から18歳までの子どもを対象に実施した尿検査の結果である。「初めの10人を終えたとき、すでに9人からセシウム134か137を検出していました。予備検査を含めた最高値は1リットル当たり1.683ベクレル。参考までに調べた大人は2.5ベクレルという高い数値でした。いまも検査は継続中ですが、すでに測定を終えた85人中、約7割に相当する58人の尿から1ベクレル以下のセシウムが出ています」(常総生協の横関純一さん)検査を始めたのは、原発事故から1年半が経過した昨年11月。検査対象全員の146人を終える来年明けごろには、セシウムが検出される子どもの数はさらに膨れ上がっているだろう。これは非常に深刻な事態ではないでしょうか?震災前の全国平均は0.2ベクレルだったわけですから、その数値が上がってるという事は、つまり排泄するスピードが食品などで新たにセシウムを取り込むスピードに追い付いてないって事です。・・・それでも原発再稼動を急ぐとはキチガイ沙汰としか言いようがないですね。
[ 2014/03/14 12:38 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
人気記事
最新記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク