情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2014.03.15 16:30|カテゴリ:地震予測コメント(4)

的中した村井俊治氏の地震予測!慶長伊予地震では数日おきに大地震が連発した事も!関東では不気味な沈黙が続く!


20140310121954jisinn12.jpg
3月14日2時6分頃に、九州と四国の間でマグニチュード6.2、最大震度5強の強い地震を観測しましたが、この地震を少し前から指摘していた専門家がいました。その方は当ブログでも今まで何度か取り上げたことのある「村井俊治」さんです。彼は人工衛星のGPSデータを元に、地盤のズレや異常を分析し、普段とは異なった地殻変動をしている場所で地震の発生時期を予測しています。

村井氏は2014年1月の段階から、「昨年6月末から7月はじめに九州、四国、紀伊半島で異常変動があった。そして9月1-7日に、日本全国が異常な変動を起こした。その後しばらく変動がなく、10月前半に再び九州、四国、紀伊半島で異常変動があった。これらの場所は南海トラフ、特に九州、四国沖を震源とする南海地震の被害想定地域と符合する」と指摘していました。
しかも、「東日本大震災の2日前には三陸沖を震源とする震度5弱の地震があった。今後、日向灘周辺で震度4、5が起きたら、引き金となって南海地震を引き起こす可能性がある」とも述べており、今回の地震をピッタリと言い当てているのです。

日向灘沖は14日に発生した伊予灘の直ぐ横で、観測された震度5強である事を考えると、ほぼ完全に一致しています。3月9日の夜に「Mrサンデー」というテレビ番組が村井氏の研究を大々的に取り上げてくれましたが、その番組で村井氏は「最近のデータが変化した。急に沈静化しており、嵐の前触れみたいになっている」と話していました。

伊予灘周囲の地震履歴を調べてみると、1596年に発生した慶長伊予地震(けいちょういよじしん)では、マグニチュード7前後の地震が数日おきに連発しています。今回もこの時と同じ様に、同規模クラスの地震が時差で連発する可能性も考えられ、南海トラフだけではなく、様々な角度から地震や津波対策を充実させておく必要があると言えるでしょう。

そして、不気味なのは関東です。小笠原諸島の西之島で大規模な噴火が発生した後、千葉沖ではマグニチュード6.5に匹敵するようなスロースリップ現象が発生しました。スロースリップが発生して以降、関東周囲の地震活動は不気味な程静かになっており、まるで嵐の前触れみたいになっています。

地震の前には「電離層」と呼ばれている大気の層に異常が発生するのですが、最近は世界中の電離層で高い数値を観測中です。特に日本周囲の太平洋側では、2月末頃から高い数値を継続して観測しているため、今後も震度5強前後の強い地震が連発することになる可能性があります。
村井氏の予測も気になるところですが、南海トラフだけを注目するのではなく、日本全土で地震対策をしっかりとしておきましょう。
*3月15日時点の伊予灘では、小規模な余震しか発生していません。東日本大震災の時はマグニチュード5クラスが数十回も発生していたので、現時点では南海トラフ巨大地震クラスは起きないと予測されます。


☆地震情報
URL http://bousai.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20140314020702.html

20140315140831jisin.jpg
20140314020702-20140314041113-large.jpg

☆高感度地震観測網
URL http://www.hinet.bosai.go.jp/hypomap/?ft=1&LANG=ja

KINKI_MAP201403150101.png

☆南海トラフ巨大地震「春までに起きる可能性」 測量学の権威が衝撃警告 (2/3ページ)
URL http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140111/dms1401111456004-n2.htm

引用:
11年3月の東日本大震災の直前のデータを解析したところ、半年前となる10年9月に、1-2センチの変動が通常のところ、福島県二本松地区で5・3センチを記録するなど全国的に異常な数値が確認された。さらに大地震の2カ月前に東北地方から関東地方にかけて、異常変動が4回起こった。

 この動きに類似しているのが、昨年半ば以降の南海地震の被害想定地域のデータだ。

 「昨年6月末から7月はじめに九州、四国、紀伊半島で異常変動があった。そして9月1-7日に、日本全国が異常な変動を起こした。その後しばらく変動がなく、10月前半に再び九州、四国、紀伊半島で異常変動があった。これらの場所は南海トラフ、特に九州、四国沖を震源とする南海地震の被害想定地域と符合する」(村井氏)

 一連の動きのなかでとくに注目すべきは、昨年9月1-7日の全国的な異常変動だ。約1270点の観測点のうち910点で4センチ以上の変動が確認された。とりわけ高知県の変動は著しく、土佐清水地区で6・7センチ、物部地区で6・5センチなどと一斉に高い数値を記録した。

 これは東日本大震災の半年前に起きた全国的な異常変動よりも大きな規模で、「(昨年9月の半年後となる)春ごろまでに大地震が発生する可能性があり、注意が必要」(同)というわけだ。

 村井氏は「東日本大震災の2日前には三陸沖を震源とする震度5弱の地震があった。今後、日向灘周辺で震度4、5が起きたら、引き金となって南海地震を引き起こす可能性がある」と警告する。
:引用終了

☆慶長伊予地震
URL http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%85%B6%E9%95%B7%E4%BC%8A%E4%BA%88%E5%9C%B0%E9%9C%87

引用:
慶長伊予地震(けいちょういよじしん)は、1596年9月1日(文禄5年閏7月9日亥刻)夜に発生した地震である。慶長伊予国地震とも呼ばれる。

中央構造線断層帯の川上断層セグメント(岡村断層・石鎚断層・川上断層・北方断層・重信断層・伊予断層)のトレンチ調査で確認されている最新の断層活動の有力候補[1]とされる地震である。また、これらの断層の東方延長の池田断層・父尾断層も同時期(16世紀)に活動したという調査結果があるが、これを否定する見解もある[2]。断層の長さから推定される地震の規模はマグニチュード7前後[3]であるが、被害記録は限られており正確な規模は不明である。

3日後の1596年9月4日に豊予海峡を挟んで対岸の大分で発生した慶長豊後地震と、4日後の1596年9月5日に発生した慶長伏見地震(共にM7.0規模と推定)を合わせて、中央構造線上及び、その周辺断層帯で発生した一連の地震活動の一つとされる[4]。こうした天変地異の多発によって同年中に文禄から慶長へと改元がなされた。
:引用終了

☆NASAの電子数データ
URL http://iono.jpl.nasa.gov/latest_rti_global.html

↓3月2日
latest_rtidennsisuu20140303.gif
↓3月3日
latest_rtinasadennsisuu20140303010202020.gif
↓3月4日
latest_rti20140304ntec.gif
↓3月6日
latest_rti20140306.gif
↓3月7日
latest_rti20140307.gif
↓3月8日
latest_rti20140308.gif
↓3月11日
latest_rti20140311.gif
↓3月12日
latest_rti20140312.gif
↓3月15日
latest_rti20140315000.gif

☆日本の電子数 電波伝搬障害研究プロジェクト
URL http://wdc.nict.go.jp/IONO/index.html

20140315141634dennissuu01.jpg
20140315141711jisinnyo02.jpg
latest_tecdennsisuu20140315.png
TO536kanntounodennsisuu01.png


☆三月中に平成南海地震がくるかもしれない 東大名誉教授地震予知



防災対策関連記事

☆【防災】大地震が発生したときの対処法 実は机に隠れるのは間違い!?非常用バックに入れるべき物
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-149.html


☆【大地震対策】外出時に持っておきたい防災グッズ!予備充電器、現金、飲水、食べ物、ミニラジオなど
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-79.html


GOAL ZERO ポータブルソーラー発電機 NOMAD 7 スマートフォンも太陽光でソーラー充電 GZ-12301


保存食 (サタケ&東和食彩) 6種類の味のアルファ化米と4つの味のおかずセット


いざという時に  お皿・お箸・保存水もついて、この1袋で大変便利  (4つの味でおもち24枚)  きなこ・いそべ・あんこ・黒みつ餅お試しセット  水にひたしてどこでもすぐに美味しい、餅がいただけます. 【保存期間3年】


東和食彩 備蓄用 玉子入おでん  2013年8月12日製造 ( カツオの風味アップ) 工場直送 好評につき追加製造


【災害対策】手動充電可能ラジオライトエマージェンシーライト【携帯充電】


2013年4月25日追加製造決定 ( セール価格 お一人様10袋まで ) 非常食 もどし水入り きなこ餅 【保存期間3年】 どこでもすぐに美味しいきなこ餅がいただけます。お水+餅6枚+箸・皿+きなこ2袋


GENTOS(ジェントス) LEDランタン エクスプローラー プロフェッショナル 【明るさ280ルーメン/連続点灯72時間】 EX-777XP

関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
原発の再稼働なんて計画してるから、
地中の神様が怒ってます。

早く「日本の原発は全て廃炉へ」の決定を出さないととんでもないことに。
これは、警告ですよ。
[ 2014/03/15 17:12 ] [ 編集 ]
待ってください
村井教授は3月中に南海トラフ地震が発生すると予測している方なのですよね。南海トラフ地震の少し前に日向灘周辺で震度4~5が起きるとのことですが、つまり伊予灘を震源とする震度5強の地震が発生しても、南海トラフ地震が3月中に発生しなければ、予測が的中したことにはならないのではないですか?
[ 2014/03/15 18:09 ] [ 編集 ]
>原発の再稼働なんて計画してるから、
>地中の神様が怒ってます

正直言ってM9というこれ以上ないだろという地震で女川と福島第一の
マーク1という40年前の一番古い原子炉が耐え抜いて、津波がきたら
福島第一が壊れたので地震って津波さえなんとかなれば問題無いんじゃね?
としか思えません。
ちなみにモデルとしてマーク1という最古の原子炉の話をしましたが、
当然マーク1以外の新しい原子炉も結局地震で壊れたって話無いですし。
[ 2014/05/11 22:08 ] [ 編集 ]
日本は地震大国だ。アバウトな予想をしてこじつけさえすれば「的中」とでっちあげることができる。
和歌山を予想して対岸の淡路島で起こったからと言ってそれは「的中」とは言わない。最初から「淡路島」と言っておいて初めて「的中」だろう。

将来的な予知は否定しないが、現段階では無理。

それをこの人なら当たるなどと「神格化」するのが一番怖い。

大事なのは予知ができることではない。いつ発生しても生き残れるための準備をしておくことだと思う。
[ 2014/05/19 15:48 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
広告
検索フォーム
スポンサードリンク