情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2014.03.18 18:00|カテゴリ:原発関連コメント(0)

福島原発で浄化装置ALPS(アルプス)に異常が発生!3系統全てを緊急停止!汚染水の濃度が下がらず!


20140318173402ajyosui.jpg
3月18日に福島第一原発の汚染水浄化装置「ALPS(アルプス)」でトラブルが発生し、浄化装置が緊急停止しました。トラブルが発生したのは浄化装置の一系統で、この系統では数億ベクレルの汚染水を浄化しても、数千万ベクレル程度までにしか下がらなかったとのことです。そのため、東電は浄化装置に何らかの異常が発生していると判断して、急遽、浄化装置の停止を決定しました。

ALPS(アルプス)では、先月末にもトラブルが発生したばかりで、今までまともに動いたことは数えるほどしかありません。この浄化装置はトリチウムなどの放射性物質を取り除くことが出来ない上に、ベータ線を発する放射性物質も全て除去することも不可能です。東電は汚染水を浄化して海に流そうとしていますが、このような状況では無理な話だと言えるでしょう。せめて、トリチウムなどの核種も除去できる装置を開発してからだと私は思います。


☆浄化装置で異常、処理中断=全3系統止める―福島第1
URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140318-00000082-jij-soci

引用: 
時事通信 3月18日(火)15時18分配信
 東京電力は18日、福島第1原発で汚染水から放射性物質を吸着して大幅に減らす装置「ALPS(アルプス)」の1系統で処理が不十分との結果が出たため、3系統全てを停止したと発表した。原因を調べており、運転再開時期は未定という。
 東電によると、この1系統で17日に採取した水を分析した結果、ストロンチウム90などのベータ線を出す放射性物質が、処理前の1リットル当たり数億ベクレルから同数千万ベクレル程度にしか下がっていなかった。通常は同数百ベクレル程度にまで下がるため、何らかの不具合が起きた可能性があると判断した。
:引用終了

☆福島第一原子力発電所 多核種除去設備(ALPS)B系の不具合ならびに全系統停止について
URL http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1234835_5851.html

引用:
多核種除去設備(ALPS)では、汚染水処理設備にて処理した廃液を用いた試験(ホット試験)を行っていますが、本日(3月18日)、3系統(A系,B系,C系)あるうちの1系統(B系)について、午後0時4分にフィルタの酸洗浄のため停止しています。

同日、B系の処理後の出口水の全ベータの分析結果(3月17日採取分)が10の7乗Bq/L程度であることを確認しました。
多核種除去設備(ALPS)の入口水については、全ベータで10の8乗Bq/L程度であり、処理が不充分となっている可能性があることから、念のため、A系について同日午後1時38分、C系について午後1時39分に処理を中断しました。

現在、現場状況等を確認しています。

<参考>
多核種除去設備の系統図は、下記資料の48ページをご参照ください。
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/roadmap/images/l140218_03-j.pdf
:引用終了

☆汚染水に関わる現場進捗状況
URL http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/roadmap/images/l140218_03-j.pdf

20140318172900jyousuiki01.jpg
20140318172938jyousuki02.jpg
20140318173019jyousu03.jpg

☆「ALPS」で故障を示す警報発生 1系統で運転停止(福島14/02/26)



武田邦彦が教える子どもの放射能汚染はこうして減らせる (SUKUPARA SELECTION)


3M社製 N95マスク 9010N95(1箱50枚入)


日本版SOEKS 01M ガイガーカウンター(放射線測定器)ファームウェア最新2.0L-JP


GMP基準認可 ヨウ素250mg錠剤


福島原発事故独立検証委員会 調査・検証報告書

関連記事



ブログパーツ
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
フェイスブック
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク