情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2014.03.28 21:34|カテゴリ:政治経済コメント(10)

天皇皇后両陛下が名古屋駅に!三種の神器が20年ぶりに持ち出される!歴史的な節目の年に突入した日本!首都移転目前か!?


20140328213331sannsyu.jpg
3月28日午前に天皇皇后両陛下が名古屋駅を通った影響で、名古屋駅のソフマップ前はちょっとした騒ぎになりました。天皇陛下が名古屋駅に姿を現した理由は、伊勢神宮参拝です。今回の参拝は今までの参拝とは大きく異なっており、20年間も皇居の外に持ち出されることが無かった「三種の神器」が伊勢神宮の方に持ち込まれました。

実際、名古屋駅で撮影された写真を見ると分かるように、陛下の後ろには三種の神器が入っている黒い箱を持っている方が歩いています。持ち出された神器は「剣璽」といわれる「剣」と「曲玉」で、ご神体を移す式年遷宮「遷御(せんぎょ)の儀」を昨年終えた伊勢神宮を参拝するためにこれらの重要品が持ち出されました。

当ブログでは前にも軽く触れたように、2014年前後は歴史的に見ても、重要な節目の年となっています。日本の歴史は409.5年以上のサイクルで動いており、この歳月に一致する時期になると、例外なく首都移転が発生しているのです。例えば、長岡京遷都は784年で、鎌倉幕府は1194年、次の江戸幕府は1603年となっています。計算すると分かりますが、いずれも409年~410年というような年のサイクルで首都移転が発生しました。そして、江戸幕府が成立した1603年に409年を足すと、2013年になるのです。

他にも様々な行事や歴史的なイベントのサイクルが2010年~2020年の間に集中していることから、この期間に首都移転を含めた大きな出来事が日本で発生する可能性が高いと予測されます。
*409年サイクルについては「819年周期で起こること (サイクルの表と裏を考える)」を参照

首都移転については既に大阪都構想の話が出ていますが、更に何らかの後押しするようなイベントが発生するはずです。おそらく、それは大地震や放射能問題のような出来事だと私は予想しています。そう言えば、猪瀬前都知事は首都機能移転には反対していました。猪瀬氏がいきなり辞任に追い込まれたのも、首都移転と関係があるのかもしれません。いずれにせよ、天皇陛下の伊勢神宮訪問を始め、色々と歴史的なイベントが重なっているので、今後も日本全体の動きには注意が必要です。


☆両陛下が帰京、三種の神器「剣璽」も皇居に


☆天皇皇后両陛下、伊勢神宮参拝へ


☆陛下伊勢神宮参拝


☆両陛下、伊勢へご出発 20年ぶりに「剣璽ご動座」
URL http://sankei.jp.msn.com/life/news/140325/imp14032511150000-n1.htm

引用:
 天皇、皇后両陛下は25日午前、20年に1度、社殿を造り替え、ご神体を移す式年遷宮「遷御(せんぎょ)の儀」を昨年終えた伊勢神宮を参拝するため、三重県伊勢市に向けて新幹線の臨時専用列車でJR東京駅を出発された。両陛下の神宮ご参拝は平成13年11月以来。

 今回のご訪問では、皇位とともに伝わる「三種の神器」のうち、「剣璽(けんじ)」(剣と勾玉=まがたま)を携行する「剣璽ご動座(どうざ)」も行われ、随行する侍従が黒いケースに入れられた剣璽を携えた。剣璽が皇居から持ち出されるのは、前回の式年遷宮後に伊勢神宮を参拝された平成6年以来、20年ぶり。
:引用終了

☆両陛下が帰京、三種の神器「剣璽」も皇居に
URL http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2159967.html

引用:
伊勢神宮参拝のため、三重県を訪問していた天皇皇后両陛下は、28日午後2時前、東京駅に到着し、皇居に戻られました。

 今回の訪問では、三種の神器の「剣璽」といわれる「剣」と「曲玉」が20年ぶりに皇居の外に持ち出され、帰京の際にも皇居まで慎重に運ばれました。

 滞在中は、式年遷宮が終わった伊勢神宮の外宮、内宮を、時折、雨が降る中、陛下、皇后さまの順に参拝したほか、式年遷宮を紹介する「せんぐう館」などを訪れ、興味深く見学されていました。
:引用終了

☆伊勢神宮内宮で「遷御の儀」…20年に1度の遷宮クライマックス、安倍首相も出席 3千人の特別奉拝者見守る
URL http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/131002/wlf13100220360019-n1.htm

引用:
 20年に1度の伊勢神宮(三重県伊勢市)の式年遷宮は2日夜、新しい社殿にご神体を移す「遷御の儀」が内宮で営まれた。「浄闇(じょうあん)」と呼ばれる神聖な闇の中、絹のベールに包まれたご神体は、神職らによって現社殿の西隣に同じ規模で造られた新宮に納められた。

 内宮には皇祖神の天照大神(あまてらすおおみかみ)が祭られ、遷御の儀には臨時祭主の黒田清子(さやこ)さん、鷹司尚武大宮司ら神職約150人が束帯や衣冠など古式の装束に身を包んで奉仕した。
:引用終了

☆819年周期で起こること (サイクルの表と裏を考える)
URL http://on-linetrpgsite.sakura.ne.jp/column/819_3.html

引用:
このサイトで提唱している136.5年サイクルに関して、
前回は、「新嘗祭(11月23日)前後が136.5年周期の節目となるか?」において、
409.5年(136.5年×3)のサイクルにおける首都移転(政治の中心地の移動)の話を述べました。

下記の通り、409.5年(136.5年×3)のサイクルの節目では、
必ず首都移転(政治の中心地の移動)が伴います。
819hushime.jpg

<409.5年以上のサイクルに伴う首都移転>
375年:大和王権の成立・・・大和王権が大和に確立される
784.5年:長岡京遷都・・・大和から長岡京に政治中心地の移動
1194年:鎌倉幕府成立・・・鎌倉に政治中心地の移動
1603.5年:江戸幕府成立・・・江戸に政治中心地の移動
2013年:???
※サイクル節目と実際の史実とでは1~2年程度の誤差を含む場合があります
:引用終了

















関連記事



ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
いつもパワフルなデビ夫人が、また爆弾発言されてますね。。。ま・・・〇〇〇学会
「おわだまさこ」
「かわしまきこ」名前を交差させて読んで以前より言われてましたね。。。この世の神秘。不思議の真相。 雅子様と紀子様 運命も数年後は???
[ 2014/03/29 00:51 ] [ 編集 ]
もう首都東京は終わりということか
[ 2014/03/29 08:23 ] [ 編集 ]
首都移転
いいことだね。放射能被害のおかげでこうなるなら、皮肉だね。
本当に移転するなら、そろそろ名古屋の不動産価格に動きがある頃か?
[ 2014/03/29 08:41 ] [ 編集 ]
ムー?
[ 2014/03/29 10:29 ] [ 編集 ]
オカルトネタか。。。このブログ終わってるね。
[ 2014/03/29 10:49 ] [ 編集 ]
ちょっと自信がないですが、壇ノ浦の合戦で紛失したのって剣じゃなかったでしたっけ?
レプリカを作ったのですか?
[ 2014/03/29 13:08 ] [ 編集 ]
意外とうそでもないよな
可能性はある首都移転!!
自分の予測としては 夏までに 福島原発で 大変な事故がおきる
これにより 関東圏は被ばく 当然農産物も 風評被害で 壊滅!
以前から首都移転は 話はあった
福島の白河 岐阜・・・原発事故で福島はなくなったからな
どうするんだろうな
温暖化を考えると 首都札幌もありえるな
まだまだ土地は広大だ
千歳から国際便もでている
そう考えていたほうが 人生面白いだろう
[ 2014/03/29 15:12 ] [ 編集 ]
天皇がメーソソという陰謀論があるのだが
http://reptilianisreal.blogspot.jp/2013/11/blog-post_3473.html
このブログ、信じたくない事は信じず、
信じたいことだけ読んでみると
案外面白いかもしれません。
[ 2014/03/29 16:24 ] [ 編集 ]
「なんか長生き出来そう」にワロタ
[ 2014/03/31 22:07 ] [ 編集 ]
皇后さまもソフマップアイドル入りか。。
[ 2014/04/18 06:56 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク