情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2014.04.16 21:00|カテゴリ:放射能対策コメント(6)

ホワイトフードがストロンチムを測定した魚介類を販売開始!ホワイトフードのお魚セットを食べてみました!


fish_mainhowaitofuu-dp.png
福島原発事故で発生した放射性物質は北米でも観測されているほど広範囲に広がっていますが、日本の食品業界では海産物などに多く含まれている放射性ストロンチムは全くと言っていいほどに測定はされていません。少なくとも私の知る限り、食品の放射性ストロンチムを測定している民間企業はホワイトフードさんだけです。

そこで今回は、ホワイトフードさんが販売している放射性ストロンチムを測定した海産物をセットにした「お魚セット」をご紹介します。この「お魚セット」には、ホッケ、アジ、カレイ、鮭、ししゃも等が入っており、様々な種類の海産物を安心して食べることが出来ます。
私も実際に食べてみましたが、いずれの魚もとても美味しく食べることが出来ました。特に「ほっけの開き」は絶品です!

↓お魚セットの中身。ホッケやアジ、鮭等が入っています。いずれもストロンチム検査済み。
howaito201404160220.jpg
↓鮭フレークはお茶漬けやおにぎりに入れると凄い美味しいです。
howaito20140416010101.jpg
↓ししゃも定食を作ってみました。
howaito201404160303.jpg
↓少し焦げたししゃも。
howaito2014041604404.jpg
↓こっちはホッケです。
howaito20140416050550.jpg
*米や味噌などもホワイトフードの物を使っています。

☆ホワイトフード お魚セット
URL http://www.whitefood.co.jp/products/detail.php?product_id=109

20140416190355howaito.jpg


市販のスーパーよりも少し高いですが、ストロンチム等をちゃんと測定してくれていることを考えると、非常にお得なセットだと言えるでしょう。私の家には先週に届いたのですが、未だに半分近くの魚が残っています(笑)。冷凍保存も出来るので、まとめて冷凍庫で保管しておくことも可能です。

ホワイトフードのお魚セットならば、0.5ベクレルを超えるような濃度の高い放射能汚染を心配する必要はありません。福島原発事故で魚を控えている方も多いかと思いますが、そのような方に是非ともホワイトフードのお魚セットを食べて欲しいと私は思います。










関連記事



情報速報ドットコムは新サイト(http://johosokuhou.com/)に移転するので、改めてブックマークやお気に入り登録をよろしくお願い致します! ブログパーツ
買いたい(*^o^*)管理人さん教えてくれてありがとうございますm(_ _)m
[ 2014/04/16 22:07 ] [ 編集 ]
野菜類や果物も…
野菜類や果物も測ってくれるようになるとこが増えてくれたら嬉しいよね。カナリア体質にはキツい時代です。
[ 2014/04/16 22:49 ] [ 編集 ]
汚染水を食い止めるとされている最も深い難透水層をつきやぶり
原発常識=>【核燃料が地下水に達すればその国はおわり(ロシアトゥディ)】【人類はレベル7を解決した歴史がない】【チェルノブイリは石棺でかこい地下水汚染は少ない、すなわちフクシマは人類史上最悪の永久汚染拡大条件ということになる】★福島第一原発の放射性物質は【汚染水が染み込むのを食い止めるとされている最も深い難透水層をつきやぶり、沈下しており、もはや放射性物質の拡大を止めることは不可能】であることが判明した。(1)これで「氷の壁」も無意味な物になって事実上打つ手無くなったわけだ。(2)下の層から放射性物質が検出されたことになり「400億円以上かけて作る氷の壁が事実上意味がない状態」。なぜ深い層から汚染が検出されるのか。答えは一つ。溶融燃料がそこまで沈下しているから。(3)福島第1、地下深い層から放射性物質検出=地下25メートルまで汚染が拡大。(4)去年の12月の時点で完全にメルトスルーが確認されていた!!(引用、とある原発のブログ、ペッコツイート)(5)地下深い層から放射性物質検出(日本経済新聞 2013/12/20、NEVADAブログさんからの引用)汚染水が染み込むのを食い止めるとされている難透水層の下の層から放射性物質が検出されたことになり【400億円以上かけて作る壁が事実上意味がない状態】にあることが明白にされています。福島第1原発の地下は水を通しやすい透水層と、通しにくい難透水層が交互に重なっており、汚染水は最上部の透水層にとどまり、難透水層の下には達してないと考えられていたようですが、事実はそんなに単純なものではなく、汚染水は、地下深くに浸透し、海に漏れ出ていることが、徐々に明らかにされてきています。
http://www.asyura2.com/12/genpatu25/msg/552.html#c500
http://www.asyura2.com/13/genpatu35/msg/384.html
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7635380.html
[ 2014/04/16 23:18 ] [ 編集 ]
福島第一原発事故「超A級戦犯」、【安倍晋三】
[2006年12月22日 国会答弁]

Q(吉井英勝):海外では「二重」のバックアップ「電源を喪失」した事故もあるが日本は大丈夫なのか
A(安倍晋三):海外とは原発の構造が違う。日本の原発で同様の事態が発生するとは「考えられない」

Q(吉井英勝):冷却系が完全に「沈黙」した場合の復旧シナリオは考えてあるのか
A(安倍晋三):そうならないよう万全の態勢を整えているので復旧シナリオは「考えていない」

Q(吉井英勝):冷却に失敗し「各燃料棒」が「焼損」した場合の復旧シナリオは考えてあるのか
A(安倍晋三):そうならないよう万全の態勢を整えているので復旧シナリオは「考えていない」

Q(吉井英勝):原子炉が「破壊し」放射性物質が「拡散」した場合の被害予測や復旧シナリオは考えてあるのか
A(安倍晋三):そうならないよう万全の態勢を整えているので復旧シナリオは「考えていない」
(復旧シナリオ = 電源バックアップ)

後に「IAEA」の調査で、「電源バックアップ」があれば、原発事故は「防げた」との報告あり。
福島事故の「最大戦犯」は【安倍】だった!
[ 2014/04/17 00:23 ] [ 編集 ]
腎臓の特効薬はセイタカアワダチソウである。
人工透析の患者が退院できた逸話もあるくらい。
即効性あるらしい。 
「葉」をハーブティーで・・
特につぼみに大量の酵素があり、利尿作用で腎機能回復に貢献!
倒壊アマに伝言よろしくw
[ 2014/04/17 02:02 ] [ 編集 ]
戦争に負けるために原発維持しているの?
【1】★「原発を持っている方が現代戦の負け」が常識に!!一体何のために原発もっているんだ!安倍自民よ!この原発キチガイが!戦争に負けるために原発を維持し、敵にさらけ出しているのか?電力要らない!国防にマイナス!10万年維持する核ゴミ満タン!もう全く意味ないどころか、国家滅亡のマイナス存在だろ!!ゲンパツ!安倍単なる売国奴だろ!

【2】(ウクライナですら!!)★〔ノーモア・フクイチ〕ウクライナ 戦場化で、フクイチ・チェルノブイリを上回る全地球被曝の恐れ!/ ウクライナの全電力の4割を供給している老朽原発が暴走・爆発したら、世界は道連れで核地獄に突き落とされる / 米国務省の元アナリスト、ベネット・ランバーグさんが警告 / 西側各国軍、ウクライナの原発の周辺に展開する必要性も提起!(机の上の空ブログ2014-04-17)ランバーグさんによると、90年代のユーゴ内戦では、セルビア民族主義者が原発攻撃で威嚇したこともあるそうだ!日本の安倍政権も、このウクライナの「原発カタストロフの危機」に学ばなければならない。日本の原発、六ヶ所村など核施設は、世界破滅要因として、いま、ここに存在していることに、気付かなければならない!集団自衛権でアフガンに出兵したら、六ヶ所などはイスラム過激派のかっこうのターゲットになるだろう!大袈裟でも何でもなく。

【3】★【ゲンパツキチガイの自民党】!国民を道連れにする気か!中国軍の第1射程は敦賀原発!沿岸部の原発群はすべて隣国のミサイルの第一目標になっている。これが当たれば一発で敗戦=亡国→いったいなんのためのゲンパツなんだ!
★【 http://www.asyura2.com/13/warb11/msg/842.html 】
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2014/04/post-2123.html
原発常識■原発は【国防上、かえって危険】!
http://www.asyura2.com/12/genpatu25/msg/552.html#c434
http://www.asyura2.com/14/senkyo164/msg/196.html
[ 2014/04/17 11:35 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
人気記事
最新記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク