情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2014.05.25 12:00|カテゴリ:原発関連コメント(5)

政府、当初は吉田調書などを開示する方針だった!自民党政権になってから非開示へ!


20140525002445fukusima.jpg
政府の福島原発事故調査・検討委員会が、当初は吉田調書を含む772人分の聴取書を公開する予定だったことが明らかになりました。これは民主党政権時の方針で、自民党政権になってからは何故か非開示状態が続いています。

ちなみに、事故調査委員会がこの調書を作成した時期は2012年なので、一部の方が言っているような「菅元首相が隠した」という話はデマです。調書を作成して事故調査委員会が報告書を発表した直後に総選挙が始まっていることから、調書を隠した犯人は自民党だと言えるでしょう。

前々から分かっていたことですが、自民党の情報隠蔽体質は前々から変わりませんね(苦笑)。特定秘密保護法案が施行される前からこのような状況では、特定秘密保護法案が施行された後はもっとヤバそうです。


☆原発事故調、当初は開示方針 吉田調書など全772人分
URL http://www.asahi.com/articles/ASG5R7D7XG5RUTFK01V.html?iref=comtop_6_01

引用:
政府事故調査・検証委員会が福島第一原発事故の関係者772人から聞き取った聴取書(調書)を震災後の歴代政権が公開していない問題で、事故調が調査当初に「必要な範囲で開示する」と申し合わせていたことがわかった。

 朝日新聞はそのうちの吉田昌郎元所長の「聴取結果書」(吉田調書)を入手。吉田氏の命令に違反し、当時いた9割の所員が福島第二原発に撤退していたことなどが明らかになった。安倍政権は調書を非開示のままだ。ただ、菅義偉官房長官は23日の記者会見で「本人から(開示要求が)あれば、問題はなくなる」と語り、条件付きで、公開に応じる考えを明らかにした。公開されれば、原発再稼働など今後のエネルギー政策全般に大きな影響があるのは必至だ。
:引用終了

☆【福島第一原発】東電、わざと放射性物質を放出!?【まさかの真実】


関連過去記事

☆福島原発事故、事故対応をするはずの所員650人が待機命令を無視して撤退していたことが判明!東電は3年間も隠蔽!
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-2597.html


東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと (幻冬舎新書)
関連記事



情報速報ドットコムは新サイト(http://johosokuhou.com/)に移転するので、改めてブックマークやお気に入り登録をよろしくお願い致します! ブログパーツ
卑怯な原子力村
自民党御用達コメンテーター青山繁春が、国会事故調査委員会の発表として、故吉田所長が、津波対策を怠ったと、テレビで印象操作!

津波対策を怠ったのは、当時の小泉、二階大臣(西松建設事件)だ!
当時の国会答弁がネットに載っている。

死人に口なし!自民党の責任を吉田所長に押し付けている。
安倍、東電、青山、事故調査委員会(安倍内閣の顧問)は、グルだった!

吉田所長と菅元総理の名誉を、自民党原子力村から、守ろう!
[ 2014/05/25 16:08 ] [ 編集 ]
公開予定だったのは、選挙に勝つ為に民主党を追い落とす為の材料にするつもりだったのでしょう。
しかし政権奪取が叶い、原発推進に舵を切った今、
自分達を危険に陥れる可能性のある吉田調書は邪魔でしかなくなった。
肝心な部分は特定秘密保護法で永遠に葬られるでしょう。
[ 2014/05/25 16:49 ] [ 編集 ]
まさかではない
放射性物質放出はまさかではない。
ガン患者を殖やし、ガン利権を貪り食う、新しい利権の創出のためだ。
日本に限らず、環太平洋でガン利権は有効となる。
そう、TPPだ。
ウクライナを転覆させたのも、主目的はあるとは言え、少なからずガン利権目的もからんでいるだろう。
そして、第三次大戦にはそのガン患者が戦地に送りだされるのを危惧して止まない(>人<;)
[ 2014/05/25 23:25 ] [ 編集 ]
↑巡回ご苦労様です。ピットクルー或いはネトサポさん。
[ 2014/05/26 09:10 ] [ 編集 ]
鼻血と原発放射能は因果関係ない調べてから言え
吉田調書                隠蔽して再稼働のバカ色付きの文字

  売国奴  安部総理菅官房長官 は日本から出ていけ

  こんな危ない原発動かすな、中電は浜岡を福井を廃炉せよ

[ 2014/05/27 20:30 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
人気記事
最新記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク