情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2014.05.27 00:14|カテゴリ:政治経済コメント(6)

【緊迫】南シナ海の西沙海域で、ベトナム漁船が中国船に体当たりされて沈没!沈没は初めて!


5月26日、南シナ海の西沙諸島海域でベトナムの漁船が中国の漁船に体当たりをされて沈没しました。報道記事によると、沈没した船に乗っていたベトナム人は付近のベトナム漁船が無事に救助したとの事です。5月には入ってから中国とベトナムの領有権争いが激化していますが、このような船の沈没が発生したのは初となります。他のベトナム漁業監視船も10隻ほどの中国船に囲まれているようで、今も西沙諸島海域では緊張した状況が継続中です。

既にベトナムでは中国系企業に対するデモや暴動が相次いでいることから、今回の沈没騒ぎが更なる衝突へと発展する可能性があります。今後の動き次第で日本にも影響が波及する恐れがあるため、今後も南シナ海の情勢には注意してください。


☆ベトナム漁船沈没=中国船が体当たり-漁民10人救助、関係緊迫化も・南シナ海
URL http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2014052600851

引用:
【ハノイ時事】中国が石油掘削を始めた南シナ海の西沙(英語名パラセル)諸島海域で26日、ベトナムの漁船が中国の漁船から体当たりされて沈没した。漁民10人は他のベトナムの漁船が救出した。複数の地元メディアが伝えた。
 5月に入ってからのベトナム船と中国船の問題で、沈没という事態は初めて。これを受けて対中関係はさらに緊張する可能性がある。
 報道によると、沈没した漁船は、掘削施設から南南西約31キロの海域で中国の漁船約40隻に囲まれ、体当たりされた。ベトナム沿岸警備隊当局者は「現場は非常に緊迫した状況だ」と述べた。また、ベトナムの漁業監視船1隻も中国船10隻から囲まれて妨害行為を受け「重大な被害」を受けたという。(2014/05/26-23:12)
:引用終了

わかりやすいベトナム戦争―超大国を揺るがせた15年戦争の全貌 (光人社NF文庫)
関連記事



ブログパーツ
日本も在日アメリカ軍の船を沈めてしまえば良いのに
日本の税金に寄生する軍隊はいらん
[ 2014/05/27 00:55 ] [ 編集 ]
台湾客家人が暗躍している
日中戦争の画策もだが、アジア圏での「中国」の猛威は、台湾客家人がスポンサーになっている。
JAL123便ソ連自衛隊核攻撃惨事同様、
比較的まともなユダヤ石屋金貸しが、性質の悪い台湾客家金貸しから攻撃を受ける構図である。
[ 2014/05/27 03:01 ] [ 編集 ]
「中国」のやりかたは原子力暴力団と酷似
「中国」の、こうした横暴は、原子力暴力団と酷似しているが、背景で操っているのが台湾客家人で同一であるからだ。
[ 2014/05/27 03:04 ] [ 編集 ]
中国ロスチャイルドが台湾客家に皆殺しにされた時と酷似
中国に進出していたロスチャイルド家が客家族に皆殺しにされた100年前の状況と酷似している。
大局的には、
比較的まともな石屋ユダヤ金貸しが、台湾客家族から攻撃を受けている状況である。

台湾客家族の特徴としては、まず、意地悪である。
昔話として、善良なおじいさんおばあさん(石屋ユダヤ)と、意地悪なおじいさんおばあさん(客家族)がよく出てくるが、これは、台湾客家族の暗躍に警戒せよという啓蒙である。
[ 2014/05/27 04:09 ] [ 編集 ]
三沢×松山商 は、ロスチャイルド×客家 だった
歴史に残るとされる、三沢×松山商 だが、実は、ロスチャイルド(三沢)×客家(客家)の戦いだった。
三沢とは、米軍三沢ネイサンロスチャイルド
松山とは、日露戦争のマツヤママツヤマ及び台湾松山空港の松山である。

試合は、松山商が勝ったとされているが、実際には明大ストライク疑惑で三沢が勝利していた。
汚い手を使うのが客家のやりかたである。
[ 2014/05/27 05:31 ] [ 編集 ]
共産党内部にCIAに通じた者がイザコザ起こすように指示しているのか、
ドンパチやって最後は日中戦争、印中戦争に持ち込みたいのかな。
[ 2014/05/27 14:21 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
フェイスブック
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク