情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2014.05.28 22:00|カテゴリ:原発関連コメント(7)

福島第一原発、地下水の線量が76万ベクレルから110万ベクレルに急上昇!僅か4日で!他の地下水も上昇傾向!


20140528151125asais.jpg
福島第一原発の原子炉建屋付近に設置してある井戸水の放射線量が上昇しています。東電が発表した最新の測定結果によると、5月26日に2号機と3号機の間にある「地下水観測孔No.1-16」という井戸からベータ線を一リットルあたり110万ベクレル検出したとの事です。5月22日に測定したときは76万ベクレルだったので、僅か4日間で34万ベクレルも放射線量が上昇したことになります。

また、他の井戸でも多少ながら前回の測定時よりも放射線量が上昇していることから、福島原発の広範囲で放射線量が上昇するような異常が発生している可能性が高いです。昨年も夏に汚染水タンク漏れが相次ぎましたが、どうにも暑過ぎて、作業員の効率が落ちているように感じられます。地下で核燃料が暴れているのかもしれませんが、いずれにせよ、今も危機的な状況が福島原発で続いているということです。


☆福島第一港湾内、放水口付近、護岸の詳細分析結果(2/4)護岸地下水
URL http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2014/images/2tb-east_14052701-j.pdf

20140528150259fuksuima01.jpg
20140528150313fukusima02.jpg
20140528150351fukusiam.jpg

☆米ABCの福島第一原発レポート


メルトダウン ドキュメント福島第一原発事故 (講談社文庫)
関連記事



ブログパーツ
完全に再臨界してるわこれ
[ 2014/05/29 03:39 ] [ 編集 ]
うそつき東電の自主検査なんて誰が信じると思ってんだボケがぁ
[ 2014/05/29 03:40 ] [ 編集 ]
★光り輝く食材を見ると・・・とても食べて応援できない
★光り輝く食材を見ると・・・とても食べて応援できない

「この世でもっとも恐ろしくも美しい写真=森住卓のフォトブログ」

●この光り輝くホットパーティクルが少しでも体内に入れば、年齢によらず、癌・奇形・心不全・知能低下・感染症・各種成人病に・・・排出されないから死ぬまで細胞の破壊と苦しみが続く。

(関連するので再掲)★森住卓のフォトブログ
http://mphoto.sblo.jp/article/95605708.html

降り積もる放射性物質・・・福島第1原発(原発隣接地帯から: 脱原発を考えるブログ 2014-05-26)より。写真家、森住卓氏のブログのスクリーンショットのごく一部です。森住氏が、酪農家の手袋を、放射線が映るように工夫して撮った写真の親指の部分です。光っているのが放射線です。ポツポツになっているのは【ホットパーティクル(“地獄玉”とも呼ばれる)】!ブログには手袋の全体像はもちろん、何枚も写真が掲載されていますので、もしまだ見ていない方がいらっしゃったら必見です。圧倒される写真、写真、写真です。
[ 2014/05/29 03:42 ] [ 編集 ]
not under control 



>★森住卓のフォトブログ

すごい写真ですね。

情報ありがとうございます。



[ 2014/05/29 05:20 ] [ 編集 ]
「汚染」で攻撃しているのは台湾客家
放射能やPM2.5といった汚染物質で日米ユダヤ石屋を攻撃しているのは台湾客家族である。
台湾の日本人学校は東電の家族でにぎわっており、日本人が払った電気代で東電の大型発電所が3機も台湾に建っている。
[ 2014/05/29 10:29 ] [ 編集 ]
LwyPw87wさん
あなたは中国は本省人の方ですか
[ 2014/05/29 23:14 ] [ 編集 ]
★森住卓のフォトブログ

すごいというより 胸が締め付けられる写真ですね。

たくさんの人に見て欲しい写真だと思いました。
[ 2014/05/31 17:09 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
フェイスブック
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク