情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2014.05.31 22:00|カテゴリ:政治経済コメント(13)

リニア中央新幹線、大阪延伸前倒しを明記へ!リニア事業が国家事業に!名古屋~大阪間の事業費は約3兆6000億円


20140531201900saasasirini.jpg
今まではJR東海が主導でリニア事業を進めていましたが、リニア鉄道の完成を前倒しするために、国が国家事業としてリニアに介入する方針を決めました。政府は6月にまとめる予定の成長戦略に、リニア中央新幹線の大阪延伸前倒しを明記する方針を発表。まだ、具体的な金額などは決まっていませんが、名古屋から大阪間の建設費約3兆6000億円を何らかの形で捻出する予定とのことです。

政府はリニアにかなりの気合を入れていますが、リニア事業はただの無駄使いで終わると私は見ています。まず第一に短縮される時間が新幹線とは大差が無い点です。政府機関の調べでも、新幹線とリニアの差は数十分程度。第二に料金は新幹線の倍以上とも言われているわけで、これでは庶民が日常的に使うことはまず無いです。また、リニアは膨大な電力が必要となるため、このような視点からも無駄が多く、今の自然エネルギーを重視している流れともぶつかります。

おそらく、最初は話題になって人が来るかもしれませんが、その後は高過ぎて人が来なくなり、最終的には税金を投入して維持運営することになるでしょう。結局、今までのダム建設や道路問題等と同じということです。こんな無駄金を使う余裕があるのならば、年金や医療費の削減などを止めるべきだと私は思います。


☆新成長戦略:リニア中央新幹線 大阪延伸前倒しを明記へ
URL http://mainichi.jp/feature/news/20140531k0000e020213000c.html

引用:
 具体的な支援内容は、成長戦略を決めた後、本格的に検討する。前倒しに必要なお金を無利子で貸し付けたり、名古屋−大阪間を国が建設した上で同社に引き渡し、元本分だけ負担してもらったりする案が有力だ。東京−名古屋間は計画通り、同社負担で建設する。

 JR東海は、ルートや駅の選定に対する政治介入を避けたいとの思惑から、国からの支援受け入れに慎重な姿勢を見せてきた。ただ、早期開業を求める声が、政府・与党内で高まっていることを踏まえ、支援策が提示された段階で「健全経営と安定配当を前提に」(柘植(つげ)康英社長)検討する方向だ。

 課題は財源をどうひねり出すか。名古屋−大阪間の事業費は約3兆6000億円にのぼる。
:引用終了

☆JR東海社長、リニア延伸前倒し「健全経営と安定配当が大前提」
URL http://www.nikkei.com/article/DGXNASFL290R1_Z20C14A5000000/

引用:
 東海旅客鉄道(JR東海、9022)の柘植康英社長は29日の定例記者会見で、自民党が4月にリニア中央新幹線の大阪への早期延伸に向けた財源確保案をまとめたことについて「政府から具体的な案が提示されれば、健全経営と安定配当という大前提を勘案しながら、検討する」と述べた
:引用終了

☆リニア中央新幹線 東京-名古屋ルート計画


危ないリニア新幹線


【科学工作】電気・磁気 手作りリニアモーターキット
関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
リニアといえば、電磁波問題もありますよね。
電磁波も、人体への影響が懸念されるもののひとつ。

http://www.gsn.jp/linear/denjiha.html

>リニアは磁気の力により走行するため、乗客のいる車内の空間にも強い磁場が生じる乗り物です。報告によれば、実験線の場合床上で6000~40000ミリガウス(表:国立環境研究所、平成17年)にもなります。
>高圧線など電力設備の電磁場については4ミリガウス(0.4マイクロテスラ)の居住環境で小児白血病が2倍とする報告が日本でも出されており、海外でも同様のレベルの電磁場で同様のリスクが繰り返し報告されています。
[ 2014/05/31 22:15 ] [ 編集 ]
税金で開発を助け企業はリニア輸出で儲かるのかな
[ 2014/05/31 22:24 ] [ 編集 ]
消費税の無駄遣い
[ 2014/05/31 22:27 ] [ 編集 ]
アメリカに情報提供する為なんじゃ?ないでしょうか?
それにしても 無駄使いし過ぎですね…。
桁が…呆れてしまいます。。。

[ 2014/05/31 22:27 ] [ 編集 ]
超電導リニアの技術というのは、そのまま『軍事に転用』できるらしい
『ネットゲリラ』さんのサイトから

【アベッチ、軍事技術をアメリカに献上】
野次馬 (2013年2月23日 17:04)

超電導リニアの技術というのは、そのまま『軍事に転用』できる。日本では軍需産業が弱いのでそういう発想はないんだが、今の軍事の常識を遥かに越える、物凄い技術なのだ。

アメリカはそれが欲しくてしょうがないんだが、兵器を作るから技術を寄越せとは言えない。
で、リニアモーターカーとか言ってる。

実は、これを開発した博士というのが、それを誰よりも判っていて、「軍事に転用されるから、海外には出さない」と言っていたんだよね。

それが死んじゃったので、さっそく、アメリカ様に献上ですw

2013/02/post-2212.html

ググれ
[ 2014/05/31 22:58 ] [ 編集 ]
自民「東北復興? なにそれおいしいの?」

自民「アメリカに何兆円もかけたリニア技術をタダであげちゃいます」

リニア新幹線の技術をアメリカに無償提供 日米首脳会談で表明へ
http://www.huffingtonpost.jp/2014/04/12/linear-abe-sales-us_n_5140765.html
[ 2014/06/01 00:21 ] [ 編集 ]
リニアの料金は今の新幹線料金に700円プラスだったはず…倍以上のソースは?
[ 2014/06/01 01:13 ] [ 編集 ]
リニアピーク時消費電力は約27~74万kw(東京-名古屋、-大阪):JR東海11年発表

原発1/4~3/4基出力分相当
更に最も電力を必要とする発信時予測電力は、
原発約3基分!!
[ 2014/06/01 03:16 ] [ 編集 ]
国が手伝うって余計なことすんな!
それ税金で手伝うんだろうが!
[ 2014/06/01 03:49 ] [ 編集 ]
大井川の水源に直撃するから水量が激減するというのはJRも認めている事実
[ 2014/06/01 10:06 ] [ 編集 ]
これは結構なことじゃないのかな。
国を壊すような改革を矢継ぎ早に打ち出す安倍政権だが、成長戦略として唯一まともな政策だと思うよ。

第一の時間短縮がほとんどないと言うけど、品川駅から67分というと拘束時間は飛行機とほぼ同じ。
空港へのアクセスがないことを考えれば航空機を選択する理由はなくなる。
つまり、航空機より便利になるということじゃないの?
運賃も新幹線に数%上乗せする程度だから、今新幹線を利用している層が離れる心配はほとんどないし、航空機からのシフトが相当見込めるのでそれなりの需要があるし、そもそもの東海道新幹線が超超優良路線だから、それが2本に分散したとしても十分過ぎる需要があるというべきじゃないのかな。

今の計画は大阪まで30年計画。
これでは今の世代は事実上恩恵ないし、こういう支出は歓迎してもよいと思うよ。

ちなみに、この費用を消費税等の現役世代の負担とすることには反対!
国債を発行し、次世代で償還することを考えるべきだろう。
[ 2014/06/01 20:16 ] [ 編集 ]
生活の党も国会の代表質問で、リニア推進を迫っていましたね。国家プロジェクトとして東京オリンピックまでに前倒ししろと。 国土強靭化にも賛成したし、生活の党は要注意です。
[ 2014/06/02 12:01 ] [ 編集 ]
海外でもリニアは反対・中止されてる。
高速移動の為、停車駅は相当限られる。乗り継ぎできない。
その上、
・走行中、大量の有害電磁波をだす
・大量の電気が必要
・騒音

莫大な建設費用をかけて造る意味がない。
世界が止める中、日本がしたがるのは
原発・建設利権・アベノ"ダメ"ミクス隠しの為。
何でこんなのに金かけるの?
フクイチや被災者支援に金いってないだろうが!!
[ 2014/06/02 19:17 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今週の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
広告
検索フォーム