情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2014.06.05 21:00|カテゴリ:放射能被害コメント(3)

【ヤバイ】2013年の人口統計、出生数が過去最少の102万9000人に!人口減少数も23万8632人で過去最大!


20140605133639sibou0000.jpg
厚生労働省が6月に2013年の人口統計を発表しましたが、これによると出生数と人口減少数が過去最悪の数値を更新したとのことです。出生数は合計で102万9000人となり、死亡数から出生数を引いた人口の自然減は23万8632人となりました。いずれも今までの統計史上最悪の値で、少子高齢化とは別に福島原発事故後から加速的に人口が減少しています。

事実、それを裏付けるかのように、放射能被ばくの代表的な症状である「心疾患」や「悪性新生物(癌)」等の病気が激増中です。これは人間だけではなく、牛のような家畜も同じで、最近は福島周囲の牛達が相次いで白血病になる事例が報告されています。ウクライナやベラルーシではチェルノブイリ原発事故で数百万人とも言われてるほどの人口減少が発生しましたが、日本ではそれ以上に大きな人口減少が発生することになるでしょう。


☆出生数最少102万9千人 人口減の流れ加速、13年統計
URL http://news.nicovideo.jp/watch/nw1095702

引用:
厚生労働省は4日、2013年の人口動態統計(概数)を発表した。赤ちゃんの出生数は過去最少の102万9800人、死亡数から出生数を引いた人口の自然減は23万8632人で過去最大となり、人口減少の流れが加速した。

 女性が生涯に産む子どもの推定人数を示す合計特殊出生率は1・43で、前年からわずかに上昇した。厚労省は主に30代の出生率上昇が影響していると分析する一方、「出産世代の女性人口は年々減っており、今後も少子化は進む」とみている。
:引用終了

☆厚生労働省 2013年人口統計
URL http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/nengai13/dl/gaikyou25.pdf

20140605133513ssyusann01.jpg
20140605133552syusann02.jpg
20140605133732touke06.jpg
20140605133752sitouke07.jpg
20140605133816touke08.jpg
20140605133838toukei09.jpg

☆kegasa‏@kegasa2007
URL https://twitter.com/kegasa2007/statuses/471348600551645184

引用:
NHKニュース9。心臓突然死は日本で年7万人に増えたらしい。以前は年5万人程度と言われていた。やはり福島原子力発電所メルトダウン爆発事故で漏れ続けている放射能汚染の影響なのだろうか? pic.twitter.com/XG5t6ytblf
20140605134156nhk.jpg
:引用終了

☆ウクライナ犠牲150万か チェルノブイリ原発事故
URL http://www.47news.jp/CN/200504/CN2005042401003588.html

引用:
 【モスクワ24日共同】23日のタス通信によると、1986年に旧ソ連ウクライナ共和国で起きたチェルノブイリ原発事故の被害者でつくるウクライナの「チェルノブイリ身体障害者同盟」は、事故に関連する同国内の死者が150万人以上に上ったとの調査結果をまとめた。事故発生から19周年となる今月26日を前に公表した。  調査によると、事故で被ばくした人はウクライナ国内で約350万人で、うち120万人が子供だという。  ロシア政府によると、同事故による隣国ロシアでの被ばく者は145万人に上っている。
:引用終了

☆人口が激減するウクライナ
URL http://www.inaco.co.jp/isaac/shiryo/genpatsu/ukraine1.html

ウクライナの人口統計(左から対象年 平均人口 前年増減 生児出生 前年増減 死亡 前年増減 自然変化 粗出生率 粗死亡率 自然変化 出生率)
o0800070012410303390.jpg
ウクライナの人口統計グラフ
o0600036512410303389.jpg
ウクライナ人口変動の地図
o0571043412410308088.jpg
o0572045012410308087.jpg

☆ウクライナ政府(緊急事態省)報告書
URL http://archives.shiminkagaku.org/archives/csijnewsletter_010_ukuraine_01.pdf

引用:
ティーンエイジャーで避難した男性は、小児期に避難した人と比べ、神経系と感覚器官、消化器と泌尿器の病気のリスクが有意に高かった。
表3.28 チェルノブイリ原発30kmゾーンから、小児期に避難した人々に対する、思春期避難者の非がん疾患の発病率の相対リスク(RR)(1993-2007年の調査データ) (“ウクライナ医学アカデミー放射線医学研究センター”のデータ)
o0800037812410297515.jpg
:引用終了

☆福島原発事故後の日本の人口予測!25年後には3割減少!?数千万人が居なくなる・・・
URL http://ameblo.jp/kennkou1/entry-11315568157.html

引用:
☆日本が避けて通れないであろう厳しい現実
URL http://boppo20110311.blog.fc2.com/blog-entry-1069.html
以下は、これらの周辺国を平均して、日本の今後の人口推移を試算したものです。
o072304431210641979401101010.jpg

これは、いわば一番楽観論的な試算になります。
何故なら、放射能の規制値が、ベラルーシ・ウクライナから数倍も緩いからです。

以下は、放射能の規制値の比率で、厳し目に見た日本の今後の人口推移試算です。
o0724044912106419795sitasitasita.jpg

実に、今後25年間で、日本の人口の約3割が失われる、大変ショッキングな結果です。
一番酷い2026年には、1年間で約270万人が犠牲となります。
また、今から6年後の2018年から急変する事も分かります。
:引用終了

放射能対策関連の過去記事

☆【放射性物質から身を守る食事法】亜鉛で造血機能と免疫機能強化!ミネラル豊富な天然塩も効果的!乳製品や加工食品には要注意!
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-648.html


☆食べ物で放射能被曝対策!ビタミン療法、スピルリナ、リンゴペクチン!放射能対策まとめ
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-90.html


封印された「放射能」の恐怖 フクシマ事故で何人がガンになるのか
関連記事



情報速報ドットコムは新サイト(http://johosokuhou.com/)に移転するので、改めてブックマークやお気に入り登録をよろしくお願い致します! ブログパーツ
日本の場合は少子高齢化で2050年までに人口1億人を切るのはほぼ確定ですからね。それに放射能の影響がどれくらい加わるのかはまだわからない。

本当に25年後3割減ならショッキングどころの話ではないですがね
[ 2014/06/05 23:06 ] [ 編集 ]
24万人の人口減は今年の3月までに大手メディアは情報を掴んでいたっぽいですね
安易に穴埋めとして20万人の移民受け入れをしようとしたり行き当たりばったりと思っていましたがアーミテージ報告書で移民受け入れ政策を命令されているので計画通りなのでしょうか?
雇用の破壊で子育て世代の非正規増加を加速させていますし日本人削減計画のようなトンデモない事があるかもしれませんよ
コスプレー橋下が公演で「日本の人口は6000万人くらいが適正」と発言をしたのも誰かのレクチャーを受けている影響なのでしょうか?

毎年20万人の移民受け入れ 政府が本格検討開始 2014/3/13
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140313/plc14031319260010-n1.htm

橋下市長の問題発言「日本の人口は6000万人くらいが適正」(動画)
http://www.asyura2.com/12/senkyo139/msg/434.html
[ 2014/06/05 23:55 ] [ 編集 ]
早く手を打とう
女性に産まないは権利ないので、著者福島みずほを国会で証人喚問し、日本人の人口を減らす意図を社民党に説明させるべき。マスコミの人口減少作戦の結果ですね。少子家庭をつくり子供の学歴をあげたほうが得とみんなだまされた。すぐに代理母は、OKにすべきでしょ。子供5人で世帯非課税。上野千鶴子先生の再生産。子供の再生産は、一般の経済活動と同じ重要さ。
[ 2015/05/09 17:11 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
人気記事
最新記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク