情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2013.05.26 21:36|カテゴリ:放射能被害コメント(6)

「茨城県在住でお腹から高線量の放射線を出していた方が死去した」とネット上で話題に!10ベクレルの食べ物を500日間食べ続けると、1400ベクレルもの放射能が蓄積される!


「やらせ」というような話もあったので、私も真偽ついては断言出来ませんが、「お腹から高線量の放射線を出していた方が死去した」という情報を見つけたのでご紹介します。

お腹から高線量の放射能を測定したというのが事実だとしたら、前に福島沖で発見されたような超高線量の魚などを食べていた可能性があると考えられます。茨城沖にも福島からの魚は来ていますし、この方が趣味で釣った魚などを食べていたとしても不思議ではありません。


☆茨城県日立市在住の男性のお腹から高線量の放射線を出していた方が死去 (まっちゃんのブログ) 
URL http://www.asyura2.com/13/genpatu31/msg/620.html

引用:
http://ameblo.jp/misininiminisi/entry-11533729270.html
2013-05-19 20:41:49NEW ! まっちゃんのブログ

茨城県日立市在住の男性のお腹から高線量の放射線を出していた方が亡くなられたそうです。

茨城県日立市在住の男性のお腹に線量計を近づけると、0.16から0.86μsvに上昇
http://ameblo.jp/misininiminisi/entry-11505093166.html

この動画を作った猫飯さんのプログで書いてありました。

引用します。

この身体から高線量を放出するモリタさんとは永遠に

会えなくなってしまいましたが、茨城県北部ではモリタさんの

ようなケースが頻発しています。

ソース
http://ameblo.jp/148pro/entry-11533169130.html

ご冥福をお祈りいたします。

関連記事
茨城県日立市在住の男性のお腹に線量計を近づけると、0.16から0.83μsvに上昇 (まっちゃんのブログ) 
http://www.asyura2.com/13/genpatu31/msg/177.html
:引用終了

↓問題の動画
☆Confessions of men who have been exposed to radioactivity 茨城県日立市

iarakizaijyuu011.jpg
↓離れた場所の放射線量は低いです。
iarakizaijyuu01122.jpg
↓放射能測定器を腹部に近づけると放射線量が急上昇。
iarakizaijyuu01133.jpg
↓上着を脱いで測定すると、更に数値が上昇。
iarakizaijyuu01144.jpg
↓測定器の距離を取ると、線量が低下。
iarakizaijyuu01155.jpg


また、この方は地元の野菜を食べていたようなので、それによる放射性物質の蓄積量も凄まじいことになっていたのだと私は思います。

日々の積み重ねというのは非常に重要で、アイソトープ研究所が体内に蓄積される放射能情報を公開していますが、このデータを見ると分かるように、毎日10ベクレルの放射能を食べるだけでも膨大な放射能が体に蓄積されてしまうのです。


☆アイソトープ研究所
URL http://www.jrias.or.jp/index.html

↓1Bqおよび10Bqの放射能を1000日摂取した時の蓄積グラフ
o0758056112217367139.jpg


1日10ベクレルの食べ物を500日間食べるだけでも、体内には1400ベクレルもの放射能が蓄積されてしまいます。今の日本の食品基準値はキロ100ベクレルなので、基準以下の食べ物だとしても、毎日のように摂取をしてしまうと、茨城の方のように放射性物質を体内に相当量を貯めこんでしまう可能性があると言えるでしょう。
ですので、日本政府の安全基準値範囲内だとしても、出来る限り放射能が多い場所の産地を避けるべきなのです。


☆真実はどこに?―WHOとIAEA 放射能汚染を巡って


放射能除染の原理とマニュアル


福島原発の真実 最高幹部の独白


GMP基準認可 ヨウ素250mg錠剤


SGF強化スピルリナ100% 1500粒


3M スリーエム 8233 N100 防塵マスク 世界最高水準(99.9%以上の捕集効率)5枚 放射能物質対応 [並行輸入品]


エアカウンターS


日本版SOEKS 01M ガイガーカウンター(放射線測定器)ファームウェア最新2.0L-JP

関連記事



ブログパーツ
どうしようもない
日本の基準が明らかに常軌を逸してますね。
基準値を低くすると儲からないからですよね。
国民の健康よりもお金が大事ってことですよね。
悲しいけどこれが現実ですね。

10ベクレルでも蓄積される…
この話を初めて聞いたとき、死を覚悟しました。
それに追い討ちをかけるようにTPPによる遺伝子組み換え氾濫ですか…

放射能、TPP、地震、噴火、第三次世界大戦…

僕は若いですが、徐々に現実を受け入れるようになって、
今ではもう死ぬ準備はできています。
残り少ないであろう余生をしっかり楽しもうと思いました。
今日も生き延びられたと感謝しています。

権力者に思いやりがあれば、もっと世の中は住みやすかっただろうに…
そんなこと個人が思っててもどうしようもないですね。
[ 2013/05/26 22:19 ] [ 編集 ]
放射性物質って、実際はどうなっているのでしょうね…
原発事故の時は、正直、終わったなと思いましたし、その後の対応を見ていたら、日本の技術は素晴らしいなんて思えなくなりました

二年も経って、私自身、放射性物質は気にしなくて大丈夫と言うような気持ちになってしまいました

何か真実なんでしょうね
福島の方などは、本当に大丈夫なのでしょうか
[ 2013/05/26 22:56 ] [ 編集 ]
子供達
育ち盛りの子供達…たくさん食べて欲しいと思う反面、この小さな体の中に、どれだけの放射能が蓄積されていくのかと思うと、胸が痛む。
なるべく、我が家では西物の食材を使用しているが、大丈夫とは言い切れないし、学校の給食や水道水は免れない。
あどけない顔をして寝ている子供達を見ていると、涙が止まらなくなります。
[ 2013/05/26 23:17 ] [ 編集 ]
非モテでよかった
正直非モテでよかったと思ってます。
恋人いないのがコンプレックスでしたが、このような世の中になったからこそそれでよかったです。

人並にモテて恋愛経験があったら、今頃は子供が小学生になってます。
今の子供たちが不憫でなりません。

きょうだいは結婚して子供を作ろうとしてますが、放射能対策はしてないし、
後悔するんでしょうね。
親が先にくたばったら残された子供がかわいそうだし、
病気や障害をかかえたらそれもかわいそうで…
子供が口に入れるお菓子は遺伝子組み換えの原料だらけと。
給食では福島県産も使われるだろうし。

まあ個人の選択だから僕は何も言わないけど。

僕は、未来のない日本に子供は残せないですね。
[ 2013/05/26 23:36 ] [ 編集 ]
ギョッ!としました。
野菜と言えば、ほとんどが茨城県産です。
毎週宅配で届いて、検出なしとありますが、???です。
計っているのはセシウムだけでしょう。
それでは全くだめでしょう。
セシウム137とストロンチウム90の汚染の割合結果がこわすぎます。
大根はセシウム137の2倍、白菜はなんと5倍も、ストロンチウム90が
汚染された野菜から検出されたそうです。
(日本分析センター1997年により)
[ 2013/05/27 04:28 ] [ 編集 ]
そういえば・・・
3.11の後、ワイドショーで野菜の測定をしているところを見ました。
ホウレンソウを大量にボウルに入れ、水道はシャワー状態にして一枚一枚両手で挟んでごしごしこすり(確か約20秒)、その後一枚一枚キッチンペーパーで拭いてました。よく洗うにもほどがあると思いました。

3.11前は検体を真っ黒になるまで焼いて、さらに乾燥させてから測っていたと聞いた事があります。だから微量でも測れていたんですね。

3.11の前に西日本への転勤が決まっていて、地震の後に引っ越しした知人と5月頃、電話で話したとき、「会社に被災地応援でいろいろ購入の誘いがくる」と言ったので「広範囲ででてるから、食べないで。応援するなら口にしないもの、拭いておいとけるものにして。出てる以上、根拠のない風評じゃなくて実害だから」と話しました。

絆と風評、地震後この2つの言葉がだいっきらいになりました。
[ 2013/05/27 05:52 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

不用品の片付けはバスターナイン茨城へ!
大掃除・片付け・便利屋・各代行・引越し・不要品回収・遺品整理など、生活やご家庭のお困り事は何でもご相談下さい。(水戸市・ひたちなか市・日立市・石岡市・笠間市)
スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
フェイスブック
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク