情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2014.06.16 21:00|カテゴリ:政治経済コメント(5)

ファミレス従業員の8割が外国人に?14年前に移民政策を決定した自民党!橋下市長「外国人どんどん受け入れる」 


20140616203523asaoiuo.jpg
安倍政権は6月上旬に事実上の移民法である「「出入国管理及び難民認定法の一部を改正する法律案」を可決し、今年の秋から家事分野にも外国人労働者等を受け入れることを決定しました。最終的な目標は1000万人の移民を日本に受け入れることであり、これから更に加速していく可能性が高いです。

あまり知られていませんが、移民計画は2000年に入った段階から自民党は検討していました。2000年1月に自民党は移民政策の推進を決定。数年後の2005年頃からは移民を見据えた外国人留学生との交流会などを政府主導で実行しています。
また、2007年の第一次安倍内閣が「留学生100万人計画」を発表すると同時に、翌年にも自民党外国人材交流推進議員連盟が「移民一千万人計画」と「移民庁」設置を提言 しました。

麻生内閣もこの方針を引き継いでいましたが、最終的には民主党政権になったことで、これらの政策はそのまま放置状態となったのです。そして、今、安倍政権が再び移民政策を実行しようとしています。維新の会の橋下市長も「外国人労働者をドンドン受け入れよう!」等と言っていることから、このままではなし崩し的に移民を受け入れるための法律が完成することになるでしょう。

自民党の移民1000万人計画が達成されると、ファミレスやホテルの従業員は8割が外国人労働者になると推測されています。TPPや道州制で日本の権限が弱まることを考えると、将来的には移民によって国が分裂してしまうことになるかもしれません。自民党は移民法を可決する前に、国民に移民の賛否を問う選挙をするべきだと私は思います。


☆ファミレス従業員の8割が外国人に? 政府が移民の大量受け入れを検討
URL http://news.livedoor.com/article/detail/8941245/

引用:
 年間20万人の移民を受け入れることで、労働力人口は担保できるかもしれませんが、そんなにも外国人が増えてしまうと、どのような世の中になってしまうのでしょう。なかなか具体的に想像できません。

 そんな未来の環境について、Twitterでの独特なツイートが人気のイギリス在住ライター・谷本真由美(@May_Roma)さんは、自著『世界のどこでも生きられる! 外籠もりのススメ』の中で、"日本の将来は、外国人労働者が増える"と持論を展開。そして、具体的にはこんな感じになるのではと、ざっくりとした状況を予想しています。

・保育園の先生が外国人
・バスの運転手が外国人
・日本料理屋の板前が外国人
・小学校の先生が外国人
・ホテルの従業員が9割外国人
・ファミレスの従業員の8割が外国人
・市役所の人が外国人
・法務省の人が外国人
:引用終了

☆橋下市長「外国人どんどん受け入れる」 政府方針を歓迎
URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140615-00000036-asahi-pol

引用: 
朝日新聞デジタル 6月15日(日)23時15分配信
 大阪市の橋下徹市長は15日、政府が関西圏で、外国人労働者を家事サービスの分野で受け入れる方針を固めたことを「少子高齢化の時代で外国人の力を借りざるをえない。体制を整えてどんどん受け入れる」と歓迎した。大阪市内で開かれた街頭タウンミーティングで、聴衆の質問に答えた。
:引用終了

☆日本は外国人をどう受け入れようとしているのか
URL http://www.tokyo.ywca.or.jp/ryugakusei/kouen0910.pdf

引用: 
20140616203013jimmntou.jpg
00年01月 自民党「移民政策へ踏み出す」
03年12月 文科省「新たな留学生政策の展開について(答申)」
04年04月 経団連「外国人受け入れに関する提言」 
04年10月 外務省海外交流審議会答申「変化する世界における領事改革と外国人問題への新たな取り組み」
05年03月 外国人学生問題研究会「外国人学生の受け入れに関する提言」
06年03月 総務省「多文化共生の推進に関する研究会報告書地域における多文化 共生の推進に向けて~ 」
07年04月 安倍内閣「留学生100万人計画」を発表(教育再生会議)
08年01月 自民党「留学生30万人計画」発表
08年06月 自民党外国人材交流推進議員連盟「移民一千万人計画」と「移民庁」設置を提言
08年07月 首相官邸「高度人材受け入れ推進会議」発足
08年10月 経団連「人口減少に対応した経済社会の在り方」
09年07月 入管法・住民基本台帳法改正

~民主党政権 外国人留学生受け入れ制度などを見直し~

12年11月 自民党政権公約「留学生30万人計画」
13年05月 自民党「国際人材議員連盟」発足
13年07月 自民党、東南アジア5カ国へのビザ発給要件を緩和
13年10月 自民党「外国人技能実習制度」の実習期間を5年に延長、再研修も可能に
13年12月 自民党「高度外国人材ポイント制度」の在留要件を緩和
14年01月 安倍内閣、オリンピックに伴い外国人労働者の受け入れ拡大を確認
14年01月 安倍内閣、永住権取得に必要な期間を5年~3年に短縮する入管難民法改正案を提出
14年02月 安倍首相、衆議院予算委員会にて移民受け入れの必要性に言及
14年02月 自民党、介護分野での外国人労働者の受け入れを検討
14年02月 政府、毎年20万人の移民受け入れで1億人以上の人口維持との試算発表
14年03月 政府、3年間滞在した外国人に無期限の在留資格を与える入管法改正案を閣議決定
14年03月 政府、毎年20万人の移民受け入れを本格的に検討開始      
14年05月 3年滞在した外国人に特別永住権を付与する入管法改正案、衆院本会議で可決
14年06月 外国人技能実習2年延長し最長5年に伸ばす方針 介護・林業も追加検討 
:引用終了

☆第一次安倍政権 アジアゲートウェイ構想
URL http://www.kantei.go.jp/jp/singi/asia/kousou.pdf

20140225013823ajige-to.jpg
20140225013916hajiaaaji02.jpg

☆政府 新たな成長戦略の素案 提示へ


☆移民がコントロール不能になりつつあると気付き始めたヨーロッパ人


☆移民亡国ドイツ


増税が日本を破壊する


日本再占領 ―「消えた統治能力」と「第三の敗戦」―


統一教会 日本宣教の戦略と韓日祝福
関連記事



情報速報ドットコムは新サイト(http://johosokuhou.com/)に移転するので、改めてブックマークやお気に入り登録をよろしくお願い致します! ブログパーツ
税金を納める日本人に仕事がない「日本資本主義列島」なのに、移民なん
てとんでもないことですよ。
また、労働の価値の内容を説明するのに、労働時間を無視してはできる
ものではないと大変強く思います。

第3番目の矢は労働者いじめであることが、より鮮明になった。。。
このように思います。騙された。。。悔しいですね。

景気なんか、使う国民のお金が少なくなるので、良くなるわけがない!

今からも国民を騙す可能性が大きい内閣は即時総辞職すべきです。
[ 2014/06/16 22:08 ] [ 編集 ]
アベノミクス(円安)で、外資の日本企業乗っ取りが始まる
トヨタや日立、外国人持ち株比率が最高に 
http://agnes2001.blog.fc2.com/blog-entry-2253.html

上場企業の外国人持ち株比率が一段と上昇している。
3月末時点でトヨタ自動車や日立製作所などが過去最高になり、
全体の3分の2にあたる約2300社で比率が高まった。
[ 2014/06/16 23:13 ] [ 編集 ]
そりゃもうオリンピック建設のため外国人に来てもらいたいし、
女性が働けるよう、家事のため外国人に来てもらいたいてことですからね
そうじゃなくても人手不足気味なのに。本末転倒もいいとこ。

ま、実際は障壁が多いからなかなか増えず、規制をどんどん緩くしたとこで
ドバーっと。その前に株が崩れて失業者が増えるかもしれないけど。
[ 2014/06/16 23:40 ] [ 編集 ]
建設業は思ったより現場がないと聞きます
外食だって、空いてます
スーパーのレジだって人件費オーバーで、残業するなと言われているみたいだけど…
外国人受け入れてどうするのでしょう?
[ 2014/06/17 01:05 ] [ 編集 ]
んーこの問題は賛否両論だよなー
今の若者は仕事を選ぶし(最悪働かない)、人手不足の仕事があるのも事実なんだよなー

[ 2014/06/17 03:35 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
人気記事
最新記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク