情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2014.06.19 22:00|カテゴリ:政治経済コメント(15)

【デモ情報】6月20日に名古屋で集団的自衛権と秘密保護法に反対する大デモ!18時半に若宮広場で!


20140619143541asduoemo.jpg
6月20日に名古屋で特定秘密保護法と集団的自衛権に反対する大規模なデモが行われるのでご紹介します。デモの主催者は政党が関与していない「秘密保全法に反対する愛知の会」で、既に多くの団体が協力を表明しているとのことです。デモの集合時間は18時半で、集合場所は若宮広場となっています。是非とも時間の空いている方は、気軽に参加してみてください。


☆戦争させないために~集団的自衛権と秘密保護法に反対する大集会
URL http://nagoya.ombudsman.jp/himitsu/140620.pdf

20140619133536sauodsayodu01.jpg
20140619133547sadou02020.jpg

☆集団的自衛権行使容認と秘密保護法反対 6/6学習会+6/20デモ 参加と協賛の呼び掛け(名古屋)
URL http://nohimityu.exblog.jp/22149019/

引用:
秘密保全法に反対する愛知の会は、集団的自衛権行使容認と秘密保護法に反対するため、
6/6(金)に学習会、6/20(金)に大集会・デモを企画しています。
ぜひご参加ください。また、協賛団体を募集しています。

協賛いただけます団体は、FAX 052-953-8050かno_himitsu@yahoo.co.jpにその旨ご連絡ください。

2 大集会&デモ
「戦争させないために~集団的自衛権と秘密保護法に反対する大集会」
日 時 6月20日(金)18時30分~集会、19:00~デモ
会 場 若宮広場(集会会場。)
 コース 若宮広場→若宮大通北側を東進→若宮大通久屋大通交差点を左折
    →久屋大通西側を北上→広小路通久屋大通交差点(三越の角)左折
    →広小路通南側を西進→広小路通大津通(栄交差点)を左折→大津通東側を南進
    →矢場町交差点北東あたりで流れ解散

チラシ http://nagoya.ombudsman.jp/himitsu/140620.pdf
:引用終了

☆若宮大通公園
URL https://www.google.co.jp/maps/place/%E8%8B%A5%E5%AE%AE%E5%A4%A7%E9%80%9A%E5%85%AC%E5%9C%92/@35.16201,136.907715,17z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x600370ce9fdd8537:0x695ea01f79bdf0df?hl=ja

20140619143345wakayaa.jpg

徹底解剖 秘密保全法―生まれも育ちも中身も「秘密」に包まれて


秘密保全法批判―脅かされる知る権利
関連記事



情報速報ドットコムは新サイト(http://johosokuhou.com/)に移転するので、改めてブックマークやお気に入り登録をよろしくお願い致します! ブログパーツ
「命よりカネ」 by自民党
報ステ、高村副総裁「集団的自衛権で若き自衛官の血が流れる危険性は?」と突っ込まれ、明らかに動揺、色をなして「あります」と明言。「血が流れることと経済を守ることとの比較衡量」、国民が選んだ政治家がそれを決めるだと。オウンゴールだ、終わったな。
「命よりカネ」と言ってしまった高村正彦。
― きむらとも (@kimuratomo) June 13, 2014

安倍晋三
死の商人への道
http://agnes2001.blog.fc2.com/blog-entry-2266.html

守るべき経済とは、三菱(安倍兄)の武器販売利益か?
[ 2014/06/19 22:26 ] [ 編集 ]
ネットで印象に残った言葉
戦争になったらどうするかを考えるのは軍人の仕事です。それに対して、戦争にならないためにどうするかを考えるのが政治家の仕事なのです。

憲法前文には、政府の行為によって再び戦争の惨禍に見舞われないようにする ということが書いてある訳ですよね。

↑ 今 集団的自衛権の行使を認めようと暴走している連中は、政治家ではない。
 その首謀者が、解釈改憲だけで押し通そうとしている安倍首相。
[ 2014/06/19 22:48 ] [ 編集 ]
日本全国で国民一揆やりたいですね。江戸時代の農民や弾圧されたキリシタンなどに比べれば苦しみは足りない?
でも弾圧・圧政ぶりは安倍政権もなかなかどうして、当時の為政者に劣らないかもしれませんよ。
[ 2014/06/19 23:02 ] [ 編集 ]
反原発デモで数万人集めても政治は変わらなかった。
過去の数万人の強硬手段でも(安保)
ブログ「反戦な家作り」さんは地道に政治活動されて、それでジレンマ抱えていらっしゃる。
もっといわゆるB層の心つかむ方法はないか?
最近は私のまわりでも残業代0、ケイタイ税で
今の政府おかしいよね
ってなってきましたが。
与党がダメ過ぎますね。

もっとこう無関心層を巻き込むやり方はないだろうか...?


[ 2014/06/19 23:05 ] [ 編集 ]
こんな奴ら誰が選んだの⁈ 誰も選んでませんて。不正で選ばれた不正政権だから!
アベ内閣はやりたい放題 本当にアベの顔ヒトラーにソックリだわ
今日は 朝から 武器見本市 をニュースで見て呆れた。また今日参院では介護負担2倍になる法案などを19もまとめて強行採決したそうだ。 ここまでくるともうがまんできない
国民が立ち上がらないと 平和な日本はもう無くなるのが明らかに目に見えてきた。
こんなインチキで選ばれた政府に好き放題やらしているような国民も悪い。
早くまともな選挙で頭の狂った政治家を追い出すべき。日本の選挙は不正し放題。
監視体制が甘過ぎる。性善説に基づき過ぎ、お上のやることは間違いないから国民の監視は必要無いというスタンスなのに誰も文句言わないからこうなる。
審判を置いてないから不正はやり放題だ 参院選も衆院選も どちらもあのような自民大勝はあり得ない。開票しなくても分かるわなそりゃね!
不正政府は即解散❗️❗️ アベ不正首相即退陣❗️❗️
[ 2014/06/19 23:30 ] [ 編集 ]
集団的自衛権:国連集団安保での武 力行使 政府自民調整

>首相は同日の記者会見で「自衛隊が武力行使を目的として、湾岸戦争やイラク戦争での戦闘に参加することはこれからも決してない」と強調した

http://mainichi.jp/select/news/20140620k0000m010117000c.html?mode=PC

政府、イラク支援を検討 国連要請受け拠出へ

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140619/plc14061922130021-n1.htm?view=pc

よくこんな二枚舌の発言が恥ずかしげもなく出来るな
[ 2014/06/20 00:41 ] [ 編集 ]
もしかすると、心の中では「日本国民など、もうどうせそう長くない連中だ」と思っているから、平気で嘘をつきまくれるのかもしれませんね。
[ 2014/06/20 00:46 ] [ 編集 ]
デモがもっと全国的に拡がり、やればいいですねー。

このままだと、今の大学生の子供世代は、日本語を禁止され、

完全に徴兵で取られる。

大学生に「軍事工場積極的平和ボランティア活動」を義務化。

国家総動員法で親爺世代も。。

今の自衛官は即時中東へ。米兵よりも前へ前へと進軍。
[ 2014/06/20 00:59 ] [ 編集 ]
イラク空爆だけではISISは止めら れない アメリカのイラク支援

>オバマ大統領が2011年に、イラクからの撤兵を掲げて大統領に当選したために身動きが取れないでいる。すでにオバマ大統領は、イラクへ地上兵を送らないと述べている。その代わりに、無人機による情報をもとに、有人機や無人機などで空爆をする計画を発表している

http://the-liberty.com/article.php?item_id=8002

アメリカが攻撃を開始すれば当然、日本への出兵要請はあるだろう、2008年に米国議会において既に日本への集団的自衛権参加と米国の軍自費削減は表裏であると議題に挙げられていたのである
[ 2014/06/20 01:31 ] [ 編集 ]
1972年の自衛権に関する政府見解の全文
--------------------------------------------------------------
国際法上、国家は、いわゆる集団的自衛権、すなわち、自国と密接な関係にある外国に対する武力攻撃を、自国が直接攻撃されていないにかかわらず、実力をもって阻止することが正当化されるという地位を有しているものとされており、国際連合憲章第51条、日本国との平和条約第5条、日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約前文並びに日本国とソビエト社会主義共和国連邦との共同宣言3第2段の規定は、この国際法の原則を宣明したものと思われる。そして、わが国が国際法上右の集団的自衛権を有していることは、主権国家である以上、当然といわなければならない。

 ところで、政府は、従来から一貫して、わが国は国際法上いわゆる集団的自衛権を有しているとしても、国権の発動としてこれを行使することは、憲法の容認する自衛の措置の限界をこえるものであって許されないとの立場にたっているが、これは次のような考え方に基づくものである。

 憲法は、第9条において、同条にいわゆる戦争を放棄し、いわゆる戦力の保持を禁止しているが、前文において「全世界の国民が……平和のうちに生存する権利を有する」ことを確認し、また、第13条において「生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、……国政の上で、最大の尊重を必要とする」旨を定めていることからも、わが国がみずからの存立を全うし国民が平和のうちに生存することまでも放棄していないことは明らかであって、自国の平和と安全を維持しその存立を全うするために必要な自衛の措置をとることを禁じているとはとうてい解されない。

 しかしながら、だからといって、平和主義をその基本原則とする憲法が、右にいう自衛のための措置を無制限に認めているとは解されないのであって、それは、あくまで外国の武力攻撃によって国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底からくつがえされるという急迫、不正の事態に対処し、国民のこれらの権利を守るための止(や)むを得ない措置としてはじめて容認されるものであるから、その措置は、右の事態を排除するためとられるべき必要最小限度の範囲にとどまるべきものである。そうだとすれば、わが憲法の下で武力行使を行うことが許されるのは、わが国に対する急迫、不正の侵害に対処する場合に限られるのであって、したがって、他国に加えられた武力攻撃を阻止することをその内容とするいわゆる集団的自衛権の行使は、憲法上許されないといわざるを得ない。
--------------------------------------------------------------

2014年 安倍内閣の主張する集団的自衛権発動の為の3要件

①わが国または他国に対する武力攻撃が発生し、わが国の存立が脅かされ、国民の生命、自由、幸福追求の権利が根底から覆されるおそれがある場合

②これを排除するために他の適当な手段がないこと

③必要最小限度の実力行使にとどまるべきこと

政府は上3要件の根拠を72年の政府見解(上文)に求め、さらにその根拠は 「海外での武力の行使は国際法上は集団的自衛権」 という所に求めた。

しかし72年の政府見解においては 
>わが憲法の下で武力行使を行うことが許されるのは、わが国に対する急迫、不正の侵害に対処する場合に限られるのであって、したがって、他国に加えられた武力攻撃を阻止することをその内容とするいわゆる集団的自衛権の行使は、憲法上許されないといわざるを得ない
となっている。(これは憲法9条に則った妥当な見解だと言える。)

しかし安倍内閣はその72年の政府見解から、真逆の結論を導き出し、今回 安倍内閣の集団的自衛権行使容認における根拠としてしまった。

そして安倍内閣が主張する新3要件の根拠 「海外での武力の行使は国際法上は集団的自衛権」
に関して、72年の政府見解は以下の様に言及している。
>わが国は国際法上いわゆる集団的自衛権を有しているとしても、国権の発動としてこれを行使することは、憲法の容認する自衛の措置の限界をこえるものであって許されないとの立場にたっている 
(これは安倍内閣以前の日本政府の共通した憲法認識で、日本国憲法九九条の憲法尊守義務に則る妥当な判断であると言える。)

しかし今回、安倍内閣はこの従来からの政府見解を否定し、「国際法上は認められているから」という理由で集団的自衛権発動の為の新3要件の根拠としてしまった。

結論: 

安倍内閣の憲法解釈は現憲法の解釈の限界を明らかに超えるものであり、憲法第九十九条  天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。 に抵触し、憲法違反と言わざるを得ない。

この安倍内閣の違法な憲法解釈を 「平和と福祉の党」 公明党の皆さんは認めようとしているのでしょうか?
[ 2014/06/20 04:51 ] [ 編集 ]
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201406/20140616_71013.html
村井嘉浩宮城県知事が旗振り役となり、道州制実現を強力に国へ働き掛けてきた推進知事・指定都市市長連合が戦略の練り直しを迫られている。

TPP->移民ー>道州制ー>外人参政権

って感じでしょうね、この先10年くらいの予定

そのあとはしらん。

[ 2014/06/20 08:14 ] [ 編集 ]
http://www.youtube.com/watch?v=edh8yT3rdJ0
安倍政権順調です
西田
[ 2014/06/20 08:30 ] [ 編集 ]
さらに新しいニュース
上の方でも指摘されてましたが

集団的自衛権:国連集団安保での武力行使
http://mainichi.jp/select/news/20140620k0000m010117000c.html?mode=PC
というニュースが入ってきました。

これは今まで日本政府が日本国憲法第9条を理由として出来ないとしてきた、集団安全保障(国連活動)での日本の武力行使を容認出来るようにするという内容のニュースです。

安倍総理は5月15日の記者会見で、国連の集団安全保障に関して「これまでの政府の憲法解釈と論理的に整合せず、(報告書の)考え方は採用できない」と自ら明言していたのにも関わらず、舌の根も乾かぬうちに、この自らの発言を取り下げようとしています。
今の現時点でさえこうなのですから、実際に集団的自衛権行使容認が決まってしまえば、「集団的自衛権を限定的に容認する」等という事など有り得ず、どんどん拡大解釈されていくのは火を見るより明らかです。

この様な日本の国の形、国民の暮らしを根底から変えてしまう様な超重大な案件を、正式な憲法改正の手続きも経ないで、国民の信を問う事もなく、嘘八百の記者会見と閣議決定で決めてしまおうとしている安倍政権。
そしてそれに加担しようとしている、公明党。

その様な暴挙が許される訳はありません。

[ 2014/06/20 10:43 ] [ 編集 ]
参加しようと思いましたが、よく読んでみると憲法9条を護る事が前提のデモと分かりました。

この憲法って、すごいと思っていましたが、実際こんな事では世界に通用しないと思うのです。
私は人間が出来ていないのか、こんな現実とかけ離れた憲法は一刻も早く改正して欲しいと思いました。

したがって、申し分けないけどこんあデモには恐ろしくて参加できません。
[ 2014/06/27 01:39 ] [ 編集 ]
数万人のデモでも変わらない政治
原発の事故以来、さすがにデモをやれば福島の被災者の現状を知った政治家なら
原発を廃止の方向になるものだと思っていたが、現実は全く国民が何を言おうが
耳を貸すこともなく、沖縄、国立競技場そして、この安保の問題と、輪をかけて
どれにも耳を貸す気がなさそうだ。
これは、安保反対とか原発反対と素直な抗議のせいではないだろうか
安倍にしてみれば、また選挙の前にさえうまく言えば国民は忘れるだろうと
たかをくくっているのかも、ならば、抗議を叫びながら、自民党入れるなとか
安倍は退陣しろとかと言う以外ないのではないでしょうか
[ 2015/07/14 18:50 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
人気記事
最新記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク